まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名探偵ゴッド・アイ 盲探

2014-03-02 23:53:45 | 香港映画(は~わ行)

劉徳華アンディ・ラウが盲目の探偵に扮して女性連続失踪事件を解決に導く。監督は杜[王其]峰ジョニー・トー、出演は他に鄭秀文サミー・チェン、高圓圓カオ・ユアンユアンなど。

ジョンストン(劉徳華)は数年前に視力を失って警察を退職し、今は犯罪者の賞金稼ぎで生計を立てている。その推理はかなり鋭く、かつて警察で同僚だったシト(郭濤グオ・タオ)がジョンストンのを張り込みして犯人逮捕を横取りするほど。

犯罪捜査を学びたい、タフさが自慢だが推理は少し苦手な女刑事ホー(鄭秀文)がジョンストンのもとへ来て、賞金稼ぎの捜査を手伝いつつ行方不明になったきりのホーの同級生を追うが。。。

ミステリ・コメディとでも言えばいいのか、力を抜いて鑑賞したい作品です。劉徳華演じるジョンストンが事件の被害者の気持ちを想像(妄想?)して犯行の状況を再現するのですが、鄭秀文演じるホーと組んで身体を張って事件を再現する姿がおかしくて笑えます。連続失踪事件の女性たちは皆失恋して心が傷ついていたからといって、ホーがジョンストンとビンタの応酬をしたり、ホーが階段から転げ落ちたり。

死体安置所の同僚殺害事件と女性連続失踪事件、ホーの幼馴染の失踪事件が微妙に繋がりがあるよなないような感じで、タクシー運転手というキーワードが一緒だったり、連続失踪事件の最後は骸骨が出てくるほどのグロい結末だったり、だけどホーの幼馴染は被害者ではなくて実は、、、という感じで、最後は赤ちゃんが産まれて終わるという広がりっぷり。

いつものトー組でお馴染みの林雪ラム・シューが出ていたり、劉徳華も役柄からかガツガツ食事をしたり、高圓圓への片想いがあっさり振られたり、コメディを楽しんでいるようでした。

公式サイトはこちら

12/7 シネマート六本木 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり
クリックで救える命がある。イーココロ!クリック募金投資信託

光にふれる』 感動公開中!

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 伊藤サチコ 存分に弾き語る... | トップ | 郁彩企画 moon jelly deep d... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

香港映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

名探偵ゴッド・アイ (だらだら無気力ブログ!)
なんちゅう捜査方法なんだ。
名探偵ゴッド・アイ (いやいやえん)
ジャケット画像がシリアスなので、シリアスな話かと思えば…。アンディ・ラウ主演。 見どころは彼の盲目探偵ぶりです。いい塩梅にユーモアをうんでいました。 どこかふらふらとした安定感の無い予測不可能の物語が展開されていきます。それ今必要か?なコメディ風で...
名探偵ゴッド・アイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【盲探/BLIND DETECTIVE】 公開 香港 130分監督:ジョニー・トー出演:アンディ・ラウ、サミー・チェン 、グォ・タォ、カオ・ユアンユアン 盲目の探偵が難事件を解決するというクライム・ミステリー。アンディ主演ということで観てみました。監督は『冷たい雨に撃て、約....
「名探偵 ゴッド・アイ」 (ここなつ映画レビュー)
ジョニー・トー監督最新作であり、主演は花のアンディ・ラウ、相手役は個性派女優サミー・チェン。ジョニー・トーらしく、幾つもの展開、様々な符牒、でっかく投網を掛けるかのような風呂敷の広げ方。その風呂敷の美しいたたみ方がジョニー・トーの持ち味なのだけれど、ど...
名探偵ゴッド・アイ ★★★ (パピとママ映画のblog)
香港の鬼才、ジョニー・トー監督が『イエスタデイ、ワンスモア』で組んだアンディ・ラウ、サミー・チェンとタッグを組み、盲目の名探偵の活躍を描くサスペンス。女性が行方不明になった事件をめぐり、あふれる想像力と誰も思い付かないような捜査により事件の真相に迫りゆ...