まてぃの徒然映画+雑記

中華系アジア映画が好きで、映画の感想メインです。
たまにライヴや本の感想、中小企業診断士活動もアップします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベテラン

2016-01-23 23:53:14 | 韓国映画(は~わ行)

ファン・ジョンミン演じるベテラン刑事が財閥の御曹司の悪事を痛快に暴く。

広域捜査チームに所属するベテラン刑事、ドチョル(ファン・ジョンミン)はロシア人の高級車密輸グループを逮捕するなど捜査の腕も一流。捜査に協力したことがあるトラック運転手の自殺未遂事件で、ドチョルは独自に捜査を進め、運転手を雇っていた事務所の親会社、シンジン物産とそのオーナー、チョ・テオ(ユ・アイン)が怪しいとにらむ。裏から表から捜査に圧力をかけてくるチョ・テオに対して、ドチョルは真相を究明できるのか。。。

何といっても主役のファン・ジョンミン、かっこよすぎです。チョ・テオの側近チェ常務の度重なる圧力、それは警察上層部から地元の所轄署、被害者の遺族やドチョルの妻、ついにはドチョルの命までターゲットになりますが、圧力など関係なく臭いとにらんだものは捜査する男気がたまりません。ドチョルを囲むチームメンバーや班長、隊長まで、皆一本筋が通っています。

韓国映画ならではの味付けも満載で、チョ・テオがモデルの女の子を乱暴に扱うドチョルとの初対面シーンから、ゴルフクラブでのケツバット、ブランド物のハンドバッグには中に現ナマを詰めていたり、ドチョル達の傷自慢など日本人にとってはオーバーじゃないかっていう演出がたくさん。きっとこういう濃ゆいのがまたウケるんだろうなあ。

昨年問題になったナッツ・リターン事件でもそうだったけど、財閥の御曹司ってのはそんなに傍若無人なものなのかな。英語を流暢に話したりしているし、親など自分より権力がある者の言葉には唯々諾々と従う、なんか日本の世襲議員と変わらない気がしました。

ラストでチョ・テオが爆走するシーンは迫力満点、両脇に屋台が出てる狭い路地をアクセル全開で吹っ飛ばす様は、撮影で怪我人が出なかったのか心配なほど。だいぶコテコテの韓国映画でした。

公式サイトはこちら

12/29 シネマート新宿
クリックで救える命がある。投資信託

コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 樅ノ木は残った 山本周五郎著 | トップ | 魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル 鐘馗伏魔:雪妖魔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国映画(は~わ行)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

ベテラン (映画好きパパの鑑賞日記)
 韓国で歴代3位という驚異的なヒットとなった刑事ドラマですが、正直、財閥への怨念が深い現代韓国ならではのことで、作品自体は凡庸な感じ。「ベルリンファイル」のリュ・スンワン監督がこんなぬるい作品を作った邦画驚きでした。 作品情報 2015年韓国映画 監督:リ...
『ベテラン』をシネマート新宿1と2で観て、ともかくこんなおもろい映画は褒めん訳にはいかんふじき★★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★単にメチャクチャ面白い】 何やってんだよ、みんな、これを見ろよ、と怒りたくなるくらい面白い。 大体、公開チェーンが小さいし、 純粋にガンガン飛ば ...
ベテラン (映画的・絵画的・音楽的)
 韓国映画『ベテラン』をシネマート新宿で見ました。 (1)本作について耳にする評判が大層良く(注1)、かつまた、このところ韓国映画から遠ざかっていてこの辺りで見てみたいと思っていたこともあり、大層遅ればせながら映画館に行ってきました(注2)。  本作(注3)...
「ベテラン」 (ここなつ映画レビュー)
韓国映画界で観客動員数1.300万人を記録したという。「太陽に吠えろ」コメディ版、といった感じかな。まあ、皆さん金や権力に屈しない刑事魂みたいなものの躍動や、金や権力であらゆるものを黙らせてきた一族が凋落するのを見るのは快感なのだろう。この作品を観て大韓航...
ベテラン ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『生き残るための3つの取引』『ベルリンファイル』などのリュ・スンワン監督による社会派アクション。タブーとされる財閥の横暴に立ち向かう刑事の姿に迫る。正義感の強い主人公を『国際市場で逢いましょう』などのファン・ジョンミンが演じ、財閥の金と権力でやりたい放....
ベテラン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【VETERAN】 2015/12/12公開 韓国 123分監督:リュ・スンワン出演:ファン・ジョンミン、ユ・アイン、オ・ダルス、キム・シフ、ユ・ヘジン、チャン・ユンジュ、オ・デファン “熱血”...