イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

加太沖釣行

2020年10月16日 | 2020釣り
場所:加太沖
条件:大潮 5:33満潮
潮流:6:30 上り 2.2ノット最強 9:48転流
釣果:真鯛2匹

今朝は早朝からちからさんに船を下してもらってその足で加太まで行ってきた。

朝はグッと冷え込んで寒さを感じる。空には雲が垂れ込め、昨日から一気に季節が進んだ感じだ。



塗りたての船は快調そのもの。



スクリューのフジツボはたまに掻き落としていたのでそれほど速度は落ちていないと思っていたが、それは徐々に速度が落ちていくので感覚がマヒしているからであって、塗りたてで走ると体感的にも全く違うことに驚いてしまう。
スロットルを開けた途端に船体が浮き上がる感覚がうれしい。

和歌浦漁港から田倉崎の沖に到達するまで30分ほどしかかからなかった。体感的だけでなく、実速も早くなっていることは間違いない。


午前7時からの釣り始めで、少しづつ潮が緩くなっていく時刻だ。四国沖ポイントからスタート。



アタリは間もなく出た。1発目はすぐに口を離したが2回目はきっちり鉤に乗った。
40センチを少し超えたくらいだろうか。ちょうど食べ頃だ。
3回目もうまく鉤に乗った。

少しずつ潮が緩くなってきたので北上を開始。しかし、これがミスだったかもしれない。
上に上れば上るほど潮は流れなくなり、大量のスラッジが漂っている。もちろんアタリはない。少しでも水がきれいで流れがあるところはないかと友ヶ島の南側全域をウロウロしたがどこも同じで、午前9時を回ると北風に流されて船は南の方向に流れる。
これでは全く釣れないであろうとその時点で終了。

2時間足らずの釣りであったがまあ、試運転としては上々だろう。
燃費もよくなって、今日はおそらく15リットルも使っていない。
当分はいい感じで乗れるのだろうと思う。

今日の新兵器は100均のゴミ箱兼用チリトというもの。



隣に係留しているNさんのおすすめなのだが、生け簀に残った海水を汲みあげるために使う。今まではバケツで汲みだしたあと、お風呂の湯浴び用の杓に長い柄を付けたもの(この柄は父親が作ったものをいまだに使っている。)
でできるだけ汲みだしてあとはタオルに海水を含ませて残りを絞りだしていたのだが、これを使うとほぼすべての海水が汲み出せた。驚異的な速度で作業ができる。
船速も上がったが、汲み上げ速度も上がったのだ。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船底塗装 | トップ | 「三体Ⅱ 黒暗森林(下)」読了 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2020釣り」カテゴリの最新記事