イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

見老津釣行

2008年01月25日 | Weblog
場所:見老津 鳥居前
条件:中潮 8:00満潮 水温18.5度
釣果:サンノジ 1匹

寒い、ものすごく寒い。
日本はこの冬一番の寒気に包まれていたらしい。
しかし、行きたかった。
たとえ拷問と言われようと、Mだと言われようと、行きたかったのだ。
少し風邪気味だったが、インフルエンザの予防接種をしているせいか、大したことはなかった。

今日はナベのまわり。ぜんぜんわからないので船頭におまかせで鳥居前に乗った。
風は西から、潮の流れはほとんどない。道糸が風に流されて仕掛けが動くのみだ。
インターラインの竿を選んでおいてよかった。
風はどんどん強くなり雪もちらつくありさま。指の感覚もなくなっているので糸を結ぶこともままならない。
それでも10時半ごろ竿の先をひったくりようなアタリ。かなり大きい。しかし、サンノジ、47センチあった。
それからはエサトリも増えてきてなにやらいい雰囲気になってきた。
が、船頭が見回りにやってきて場所替えを勧めてくれた。
しかし、これがあだになった。
次に乗せてもらったのは前島の地続きになったところ、ここははじめて見老津に行ったときにハッカイから場所替わりをしたところだ。ぜんぜんいい印象がなかった。というより最悪の場所だった。しかしあとの祭り。ただ、風が後ろから吹くのでこの寒さの中ポカポカしてそれだけが救いだった。
結局、沖の黒島と地の黒島の間で釣っていた人の何人かはグレの姿を見たようである。元のところで粘っていたほうがよかったのかもしれない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 大量ゲット | トップ | 「魯山人の 料理王国」読了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事