イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

はやぶさ

2010年06月15日 | Weblog
60億キロの距離を旅してはやぶさが帰ってきたというニュースは久しぶりに感動したニュースだ。ワールドカップで1勝したなどというニュースは足元にも及ばないのだ。
最後に撮影したという地球の姿もなんとも言いがたい構図だ。多分、どんな有名な写真家も太刀打ちできないのではないだろうか。やっと帰り着いて自分の死期を見抜いた達観の趣きがある。ただの機械とはいえ、宇宙の厳しい環境にさらされて魂を宿したようだ。

旅は2592日間かかったそうだが、人類は189年後には往復298000光年の旅をしなければならない。それも365日間で。
事業仕分けで「2位ではダメなんですか?」などとは言っていられないのだ。

これだけの精密な乗り物に乗ることができれば僕も無事に和歌山の支店に落っことしてもらえるのではないだろうかなどと思ったりするのである。

別に本田君に蹴り込んでもらってもいいんだが・・・。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「檸檬」読了 | トップ | 「焚火料理大全」読了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事