イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

紀ノ川河口釣行

2018年08月05日 | 2018釣り
場所:紀ノ川河口
条件:小潮 6:14干潮
釣果:ボウズ

もうすでに崩れ去った僕の法則だが、8月1日から15日までは必ずスズキが釣れる。(と言いながらもう5年くらいはまともに釣れていない・・)前の読書記録で僕にはスポーツフィッシングは似合わないと書いたけれども、スズキ釣りだけは特別だ。スズキがルアーにアタックしてくる瞬間は刺激的だ。

今日は気合を入れて午前4時に出港だ。日の出は午前5時12分。明るくなるまでにそこそこの時間ルアーを投げられる。前回はヤジを飛ばされたので今日はいつものポイントからスタート。
暗いうちは魚の反応がなかったが、太陽が昇ったころから魚の気配が現れてきた。



トップウオーターにアタックしてきたり、リップレスミノーの後ろでヒラを打ったりしている。しかしフッキングには至らない。そして何投目かのリップレスミノーにヒット。ちょっと型がよさそうだ。ラインがどんどん引き出されてゆく。少しドラグを締めたのが悪かったか、残念ながらバラしてしまった。その後はアタリがなく午前6時でタコ釣りに切り替え。もうすぐ満ち潮に変わるので流れが緩やかになるのを期待したけれどもなかなか緩くならない。ここを諦めて青岸堤防の内側、男島の北側と移動してみたがアタリはなく、午前8時に終了。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「闇の奥」読了 | トップ | 紀ノ川河口釣行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018釣り」カテゴリの最新記事