イレグイ号クロニクル Ⅱ

魚釣りの記録と読書の記録を綴ります。

紀ノ川河口釣行

2016年06月11日 | 2016釣り
場所:紀ノ川河口
条件:小潮 4:43干潮
釣果:エソ 1匹

今日は急きょ会社を休むことにした。どうも母親の体調がよくないらしい。重篤ではないのだろうが、右腕と右足にしびれがあるというのだ。3日ほど前も同じようなことを言っていたのだが、寝相が悪くて腕を頭の下にでも敷いていたからだろうと放っていた。事実、その翌日は釣ってきたマルアジを16匹、全部さばいてくれていたのでどうもなかったはずだったが、また調子が悪くなってきたらしい。
昨日、医者に診てもらうと軽い脳梗塞の疑いがあるそうで、今日、精密検査をすることになった。
僕には悔いても悔いきれない思い出がひとつある。父親が死んだとき、会社にいたのだ。もうダメなんじゃないだろうかと思いながら誰にも代ってもらえない作業があったのでこの日の朝普通に出勤した。それでもそんなものどうでもよかったはずなのだ。
看取ってやれなかったということは後々ずっと心の下の方にしこりとして残ってしまった。
だから、母親だけは最初か最後までちゃんと見ていてやりたいと思っている。


しかし、診察の指定時刻までは自由時間だ。
天気がいい日は釣りに行く。それでも母親の状態が気になるし、早く帰れて何かあってもすぐに引き返せる紀ノ川河口を目指した。そして小船のほうも長らく動かしていない。こっちのエンジンも放っておいてどこかを詰まらせてしまうとえらいことだからたまには動かさないといけない。なにしろこっちは健康保険みたいなものがないから全額自己負担になるし、自然治癒みたいなことも望めないのだ。


夜明け前に出船していつもの場所に投錨してキャストを繰り返すがアタリはない。そんなときふと、最近このへんでハマチが釣れているという情報を思い出した。では水軒一文字の沖でナブラを見つけて狙い撃ちでもしてやろうと旧と新の一文字の間を抜けてゆくと、どこかで見たことがある船が何かを釣っている。久々に出会う前の職場の釣り仲間だ。



今日の一番の収穫はこの出会いかもしれない。
エソを釣っているということだったので僕もこの辺りでミノーでトローリングを開始。アタリらしきものがあるがフックには乗らない。ここをあきらめて双子島を1周。エソを1匹で今日は終了。

家に帰ってすぐに病院へ。



やはり大層ではないが梗塞していることろがあるらしい。大事を取って入院とあいなってしまった。
父は母と結婚するとき、ソ連のブルドーザーみたいに丈夫な人だと紹介されて、それならと決めたらしいが、さすがに80年の年月には勝てなかったのかもしれない。
(どうしてソ連だったのかいまだに謎ではあるのだが・・・。)

病室からは片男波から浜の宮までが見渡せる。こんなところにいないであそこでキスを釣りたいものだと不遜なことを考えられるのも病状が深刻ではないからで、これはこれで不幸中の幸いと思っておこう。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 水軒沖釣行 | トップ | 「サバがマグロを産む日」読了 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サワッチ)
2016-06-12 21:47:47
お母さま脳梗塞ですかよく看てあげて下さい。

ミノーでトローリング?そこなら水深5m位でしょうか、
エソにはビシマ糸+潜行板と弓角5cmで底1m上を引けば大漁でしょう。
動きの良い弓角が入って来ているはずのイワシと合うはずです。

住金釣り公園先の離れ一文字北でイワシノ飲ませ開幕しましたよ。
Unknown (イレグイ号)
2016-06-13 00:04:02
サワッチさん、
いつもコメントありがとうございます。
そして、お気遣いありがとうございます。

病状は大したことがなく、2泊で退院となりました。
まあ、歳が歳だけに油断は禁物だと思っています。

エソは底ですか。初めて知りました。この日のエソはすり身にして食べたのですが、癖がなく美味しかったです。
今度は本格的に狙ってみたいです。

前回は風に阻まれて行けなかったのですが、飲ませ釣りは一度体験したいと思っています。
7月の頭までは船の速度もなんとかなりますので上り潮を狙って行ってみます。
Unknown (森に暮らすひまじん)
2016-06-14 18:29:58
お母様が脳梗塞とのこと。
でも、軽くて良かったですね。
この春、山菜採りに来られなかったのも、そんな兆候だったのでしょうか。
それにしても、お父様の言われた「ソ連のブルドーザー」とは何でしょう。
その意味は、今となっては不明でしょうが、パワーにあふれておられたのでしょうね。
田中角栄の異名に似ているのかもしれませんね。
 ともかく、お大事に。
Unknown (イレグイ号)
2016-06-15 23:45:54
森に暮らすひまじんさん、
いつもコメント、ありがとうございます。
そして、お気遣いありがとうございます。

“軽い脳梗塞”で済むというのは四人にひとりなんだそうです。
そういう意味では、“ソ連のブルドーザー”の本領を発揮したのかもしれません。
父と母は昭和43年に結婚したようなのですが、終戦から10年余り、アメリカ製というのは敗戦国としてははばかられ、同じ戦勝国でも進駐しなかったソ連あたりがなんとなくしっくりきたのでしょうか。
いつも父親は笑いながらこの話をしていました。

コメントを投稿

2016釣り」カテゴリの最新記事