松伏小学校★食育ブログ

 松伏小学校の給食の献立紹介を中心に、食に関することについてお知らせします。
 ~毎月19日は、食育の日~

★料理の名前の由来を調べてみましょう~八宝菜~

2010年11月17日 | 松伏町立松伏小学校 
今日は、八宝菜がとてもおいしくできました。季節的にも野菜が甘みが増してきたこともあるようです。
 
 八宝菜は中国の料理で、肉や魚介類(海のもの)や色々な野菜など、たくさんの材料を使って作る炒め物料理です。いままでも何度か八宝菜の名前の由来は紹介しましたが、今日また紹介します。

 昔、中国の宮廷のお后(きさき)様の料理人たちが、自分たちの食べる料理として余った材料でこの炒め物を作って食べていたそうです。すると、この料理がとてもおいしいと評判になりました。その噂がお后(きさき)さまの耳にも届き、料理人にその料理を作らせたところ、評判通り大変においしかったそうです。お妃さまは「このおいしい料理の名前は?」と料理人に聞きましたが、「余りものの材料で作ったものなので名前などありません」と料理人は答えました。するとお后様は「たくさんの宝物を集めて作ったようにおいしいおかずであるので八宝菜」という名前をつけたそうです。中国では「八」は「たくさん」という意味、「菜」は「おかず」の意味があります。
 今日の給食の八宝菜も「たくさんの宝を集めたようにおいしいおかず」であったならうれしいことです。

 
食べ物の名前の由来を調べると、面白いものがたくさんありますよ。


11月17日(水) 給食の献立

・ご飯
・牛乳
・八宝菜
・ねぎ味噌餃子 2個(小学校)
・ねぎ味噌パオズ 3個(中学校)
・春雨の中華サラダ



(コメント) 
・写真は小学校の献立です。
・ねぎ味噌餃子とねぎ味噌パオズは埼玉県産の材料をたくさん使っているものです。(ねぎ、味噌、小麦粉、豚肉)
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ★今日の給食には2種類の油を... | トップ | ★子孫繁栄のいも~さといも~ »
最新の画像もっと見る

松伏町立松伏小学校 」カテゴリの最新記事