意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

国民投票の欠陥が見えたイギリス国民投票

2016年06月30日 | 社会
遅ればせながら先週の金曜日、イギリスが国民投票でEU離脱に決まりました。
その結果、市場は大混乱でしたね。
ポンド円なんか、25円以上暴落。
ドル円も100円を一時的に切りましたね。
東京株式市場も、1300円近く下落しました。

事前調査で僅差で残留としてたので、赤熊も残留するだろうなと思ってました。
余りに僅差なので、どっちになってもおかしくないと思ってましたので、意外というほどでの驚きはないですけど、EU自体がそもそもできる前から『無理のある体制』と言われてましたので、今後EUがどうなるのか、ちょっと見ものです。
とはいえ、最終的にイギリスも現状維持ってことになりそうですよね。
準加盟国とか協力国とかなんとか作って。(笑)
なので、それほど心配してません。

で、一週間経ち、市場も反発して安定してきてますので、まぁ、これで今回の騒ぎもお終いかなって感じますね。
そもそもマスコミでは『リーマンショック級』などと言ってましたが、別にイギリスが破綻したわけではないので株も為替も安定するのも早いのでしょうね。(とはいえ、何らかの対策は必要でしょうけど)
離脱は2年後と言ってますが、2年で済むかな?
最低でも4~5年くらいは必要だと思うので、英国に進出してる日本企業もこれだけあれば大きな問題ないでしょうね。

さて、このような大事なことを国民投票で決めるのはいいとしても賛否に数%の差しかないので、禍根が残りそうですね。
もう一回、国民投票をなどと言ってますけど、無理でしょうね。
二度やってそれで残留になっても、今度は離脱派の人たちが騒ぐだけで、意味がないですね。

賛否が5%以内で拮抗してるなら議会が決めるとかした方が良い気がしますね。
問題は議会で決まらないから国民投票となってるわけで、それを議会に戻しても意味ないか。
賛否に明らかな差があるなら国民投票するまでもないですし。

意外と国民投票って禍根を残すだけで使えないですねぇ・・・。
大阪都構想でもそうでしたけど、特に世代や地域差といったファクターで投票割合が違うと隠れていた不平不満が一気に表面化するんでしょうね。
本来は結果以外は関係ないのにね。

どの地域が~とか情報は隠すべきなんでしょうね。

国民投票の欠陥が見えた騒ぎだったように思えます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 戦略のない民進党 | トップ | 2016年参議院選予測  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
既にRegrexitとか (プー)
2016-07-03 22:32:48
EU各国から「ふざけるな」という反応に困惑しているのでしょう。
落としどころは見付けていきますが、落とし前も付けないとですね。
罰金払って現状回復、って、日本も最近経験しましたね。

こんなことなら国民投票なんかやらなければ良かったです。
決断しない決断も必要と思いました。
管理人 (赤熊)
2016-07-05 17:59:19
プーさん、コメントありがとうございます。

最終的に何らかの対価を支払って離脱しないってことになりそうな気がしますよね~。
ですが問題はこれが国民投票で決まったことなんですよね・・・。

政権が決めた場合は、政権が消えれば次の政権が撤回を掲げていれば『国民の意見』という大義で撤回・反故すれば、それで済むのですけど、国民の意見で決まったことをどうやって撤回するか・・・・。
2度目をやる?
確かにやっちゃだめだという規定はないでしょうけど・・・・通りに合わないし。
難問ですね。

なんでも詳らかにしてはいけないってことですね。(笑)

どうでも良いことなら国民にわざわざ聞かなくていいし、
6~7割の賛否があるものなら特に聞かずに通せばいいし、
・・・国民投票って何に使えるかって、考え中です。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事