意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

戦略のない民進党

2016年06月23日 | 政治
参議院選挙の公示が在りました。
これから選挙戦です!!

・・・と書いてみたものの、特には熱気みたいなものがありませんね。
政権選択選挙ではないのでそんなものかと思うけど、実際は野党第一党である民進党が“使えない”からでしょう。

ポスターが「まず2/3をとらせないこと」だなんて・・・・やる気どころか正気を疑います。
自民党への足を引っ張りたいだけだとか、ネガティブだからとかもありますけど、このキャッチフレーズのターゲットは『一党多弱と言われる状況を嫌ってる人』でしょう。
その状況を何とかしたいと思ってる人は、最初から与党・自民党に投票しないのですから、訴えるだけ無駄なんです。

そんなところに呼びかけるなんて、戦術としてあり得ないよ!!

本来ならば、最低限、そんな人間達を他の野党に取られないようにするためのワードを入れるべきで、この正気を疑うキャッチフレーズじゃ、かえって票を減らすだけでしょうに・・・・・。
まだ、『3分の2を取る』って書いた方が揶揄はされるでしょうが、意気込みは評価されたでしょうにね。

・・・・・この狂気しか感じないキャッチコピーは誰が選んだんでしょうね?
謎です。

で、そのために民進党は共産党と手を組み『統一候補』なるものを出してるわけですが・・・・赤熊は共産党と手を組むこと自体、悪い手ではないと思います。(悪趣味だと思うが)

問題なのが、共産党よりも民進党の支持者の方が多い(はず)です。
どのくらい数がいるのかは知りませんけど、正直、共産党じゃないから他の野党(民進党)に入れたって人も多いことでしょう。
それなのに手を組むってことは、そいつらを捨てるってわけですよね?

決して少なくない人数だと思うのですが・・・それ以上のメリットはないよね。
これが『政権を取った時に連立政権を組むつもりだ』と明言できているのなら、まだ有効なんです。

まず、言質が取れてないってことは、どう考えても共産党は裏切ります。
失礼、この場合“裏切りですらない”ですね、そんな約束は“してない”のですから。

少なくとも『将来、連立政権を組む』と明言させておけば、簡単には裏切れませんよ。
それでも裏切られる可能性は高いが、そうやって枷を幾重にもかけて裏切れないようにしなければならないわけですが・・・・民進党じゃそこまで考えてないか。
共産党にいい様に扱われるだけでしょうね。

・・・これ、絶対に民進党に将来性ないよね。
ここまで酷いと選挙後に消えてなくなりそうですね。
それが民進クオリティといってしまえばそれまでですけど、やってることがここまで裏目に出てくるのはワザとやってるのじゃないか?と思えてきます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« どうでもいい舛添氏の辞任 | トップ | 国民投票の欠陥が見えたイギ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
街頭演説 (大阪市民)
2016-06-25 17:56:37
先週、ジャーナリストの有本香さんがある経営者から聞いた「居酒屋と10人以上の法則」という面白い話をされてました。

居酒屋で会社の同僚が2、3人で飲むときは、会社の悪口や愚痴が一番言い酒の肴になるが、10人以上集まるとそういう話を聞きたくない心理状態になる。
会社にネガティブな気持ちを蔓延させないために10人以上集めてみんなの前で発表する機会を与えたところポジティブな意見がたくさん出て社内の雰囲気がよくなった。

街頭演説は大勢の前で話す最たる機会なので聴衆は、愚痴や悪口よりもっとポジティブな話を求めてるにもかかわらず、相変わらず政権批判ばかりしてる。
野党の戦い方がずれてるとおっしゃってました。

私は、選挙戦直前に出馬表明された青山繁晴さんの街頭演説を聞いたのですが、大勢の前でポジティブな話をされてました。聞いてる方は、もともと青山さんを応援してる方がほとんどだからもあるでしょうが、大変熱心に聞いておられました。
組織票がないそうなので当選されるかどうか私にはわかりませんが、日本の国益のために力を尽くそうという方には当選してほしいなあと思いました。
管理人 (赤熊)
2016-07-01 17:37:38
大阪市民さん、コメントありがとうございます。
返信が遅れて申し訳ありません。

そのような法則があるのですね。
とても勉強になります。
確かに大勢で集まって悪口を言い合っても、こいつは何言ってんだろうって思いますものね。
見栄か、所属意識か、そのあたりからそういうマインドになるんだと思うのですけど、なかなか面白い法則です。

そういえば、名演説とよばれるものは、ポジティブですね。
yes we canとか、祖国のために何をできるか考えて欲しい、など未来を感じさせるものです。
きっと人間は未来に熱狂するんでしょうね。

そういう意味では、民進党以下野党の戦略じゃどうしようもないですね・・・・。
3分の2がどうこうってキャッチコピーは、一応、注意喚起の意味合いはありますから共産党にやらせれば最適なコピーだと思いますね。
強固な支持層がありますし、そういう政党って思われてるし。
それを民進党がやるのですから・・・何のための選挙協力なのかって思いますね。

青山氏が参院選に出馬されましたけど、言ったことは守る人だと感じてます。
この方が言ってることが国益に適うかどうかわかりませんが、こういう信義のある方に通ってほしいと思います。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事