意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

裁判所はやりたい放題

2017年12月16日 | 社会制度・法律
余りにも頭の悪い判決に頭がくらくらしました。

伊方原発 運転差し止め、高裁レベル初判断 広島高裁
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52388638.html

最初に一報を聞いたとき、火山の噴火を理由に運転の差止めって言われたので、四国にある伊方原発で?
四国に火山なんてあったっけ?
それとも火山灰対策か何かに不備があるのか?
いや、たかだか火山灰程度で不具合を起こす施設じゃないし・・・。

などと思ってたら、阿蘇山の噴火での火砕流・・・・・・・ファー―――――――――――――――――――――――――――。

確かに阿蘇山は9万年前に大噴火しましたけど、その規模の大噴火が起きたら九州一円が死滅してるわ!!

そんなものを気にしてたら、どんな施設も作れないってことになるんじゃね?
ついでに言うと、阿蘇山周辺の地形を考えるに東には山がありますから火砕流は南から西に行くほうが多いでしょうし、行っても抜ける部分が多少ある北でしょう。

そんな場所なのに阿蘇山の火砕流?
100キロ以上も離れて?
え?、どんな天文学的な確率なの?
もう隕石が落ちるレベルだろ、それ!!

はっきり言って、裁判官の脳みそを疑います。
いやこれ、ある意味、すごく画期的な判決なんですよ・・・・。
こんな理由で差止めが認められるのであれば、司法はやりたい放題ってことですから。

正直、反原発派であるマスコミもあまりにも不可解さに一報を伝えたっきり沈黙・・・・。
そのためか、あのマスコミでさえ、ドン引きしたんだろな。

伝え聞くに、この判決を下した裁判官は今月定年を迎え、退官されるそうだけど・・・・その置き土産というか、無責任に判決を下したわけでしょうね。
でも、これ、司法に対する信頼が完全に失墜しますって。
今頃、ほかの裁判官は頭抱えてるんだろうな・・・・。

完全な司法の不備でしょうね。
司法改革待ったなしだということをマザマザと見せつけられた事案でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« NHKは国有化すべき | トップ | マスコミの消滅を確信した1年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会制度・法律」カテゴリの最新記事