意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

選挙に怒る野党たち

2017年09月23日 | 政治
まだ本決まりではありませんけど、近いうちに解散小選挙があるようです。
赤熊の予測では今年の12月にはあるだろうと思ってましたから、それより少し早いです。

赤熊の予測能力もまだまだですが、これくらいなら誤差の範疇かな。
なので驚きもしないのですが、それで野党の連中がオタオタしてるのである・・・・。

曰く、解散権の濫用だ
曰く、自民党の都合だ
曰く、解散に大義ない
曰く、もりかけ隠しだ
曰く、政治空白が~
曰く、・・・・・・・・・。

えっと、この人たち自分たちが選挙の当事者だってこと忘れてない?
選挙って自分たちが政権を取るチャンスなんだと思うのですけど。

解散権の濫用とか言ってますけど、赤熊でさえ来年の日程を考えれば今年中にはあるだろうって思ってたんですけど?
で、民進党は濫用をさせないために解散権を制限するために『憲法改正すべき』っていってるのである。

この人たちって憲法改正に反対だったんじゃ・・・?
そもそも濫用を言うのなら前回の選挙の方が濫用ですよ。
2年ほどでの選挙でしたから。
何でその時の同じ主張を言わなかったんでしょうね。

今選挙するのってそんなに不都合なの?
まぁ、不都合だからそういってんでしょう。
なにせ野党らは今さら選挙協力がどうこうと言っているのである。

そういうのはね、前回の選挙があって1年くらいでまとめておくんですよ。
じゃなきゃ、選挙区を廻ったりとかできないでしょう。

あとは・・・もりかけ隠しね・・・・。
そもそも国会の場って疑惑追及の場ではないのですけどね。
あくまで疑惑の追及は本題を通すためのハッタリ・・・・・○○という疑惑があるがこれは××が不透明だから起きるのであり、△△に改定すべきだって言うためのものなんですけどね。

そうやって通すのが野党の戦術であり成果である。
メディア受けを狙うためではない。
それをやれば、支持率を落とせるって思ってるんでしょうけど、それで自分たちの支持率も上がらないのに懲りないなって思いますね。

因みに疑惑は、政権の座についてから、調査して明らかにすればいいだけです。
・・・政権交代って今後30年はおきなさそうだけど。

このようすだと野党は壊滅的なのでしょうね。
最低限、空元気でも「受けて立つ!!」ってくらい言える野党が出てきてほしいものです。
コメント