意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

忍術と靖国参拝問題と交渉術と

2010年10月13日 | スタンス
忍術に五車(ごしゃ)の術というものがあります。
忍術といっても、火を噴いたりするものではなく、忍者が使う交渉術のことです。
簡単に説明すると、人の五つの感情、「喜・怒・哀・楽・恐怖」を利用する術で、

喜車の術・・・おだてて喜ばせること。

怒車の術・・・怒らせ、平常心を失わせること。

哀車の術・・・同情をさそうこと。泣き落とし。

楽車の術・・・楽しませること。

恐車の術・・・怖がらせ脅すこと。

の5つの交渉術のことです。
交渉術というより、会話術の分類・考え方の基本といった方が正確ですね。
相手をおだてたりして口車に乗せれば、交渉ごとや情報収集が上手くいくでしょうし、怒らせたり、脅したり、恐怖心を植えつけ、平常心を無くさせれば隙も生まれるものです。
まぁ、『闇に生き、闇に死す』忍者のことなので、本当に使っていたかどうかはわかりませんが。

さて、ここからが本題。
別に忍術解説をしたかったわけではありません。

靖国神社の参拝問題で、中国韓国が、なぜか、猛反発します。
忍術的に言えば、『恐車の術』です。
まぁ、こんなことを意識的にやっているわけではなく、感情的・反射的にやっているだけでしょうけど。

でもこれは裏を返せば、日本側がボタン1つで、この両国をコントロールできるってことです。
『怒車の術』ってわけです。
冷静さを失わせれば、焦り、いらだち、失敗します。
そういう風に導き、相手がつまずいた所を掻っ攫えばいいだけです。

特に、こういう宗教的・文化的なもの場合、どちらが正義などないので、国際的に広がらないので、活用の余地は十分にあるのです。

こんな国際問題に使うだけではなく、日常生活でもこういう交渉術があるということを知っておけば、比較的に冷静に対処できるものです。
人が怒鳴るというのは、怯えさせ、自分の言い分を通そうとしているだけに過ぎません。
知っているからといって、手玉に取ることは難しいですが、怯える必要が全くなくなるものです。
先ずは冷静になって、相手の狙いを読みとる・・・というのが出し抜くポイント・活路だと思いますね。
コメント (2)