Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ワルキューレ』

2009-03-21 23:09:35 | '09 映画 (洋画)
トム・クルーズ主演の「ワルキューレ」観て来ました。




第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。やがて画期的な暗殺計画≪ワルキューレ作戦≫を立案し、トレスコウ少将やオルブリヒト将軍ら、同志と着々と準備を進めていく ―。そして、決行の1944年7月20日を迎えた。ヒトラーとその護衛たちを前に、大佐たちは計画を成功させられるのか…。 ~goo映画より引用~



ほとんどの人が、ヒトラーの最後については知っていると思いますが、この「ワルキューレ作戦」が決行されたことは、知らないのではないかと思います(自分はしらなかった)
ドイツ国内でも弾圧があった時に、自身の良心に従い、ヒトラー暗殺計画を実行したシュタウフェンベルク大佐と同志たち。
もし、この作戦が成功していれば、歴史はかわったのでしょうか?
結果は、ヒトラーの最後を知っている人は、お分かりの通りですが、どちらにしても、死からは逃れられなかったでしょう。
ただ、大佐と同士たちの死に関しても、本人達の気持ちとしては、国のために死ぬことにならない戦死よりも、名誉の死だったのではないでしょうか。


ワルキューレ - goo 映画

ワルキューレ プレミアム・エディション [DVD]

ポニーキャニオン


このアイテムの詳細を見る


ワルキューレ [Blu-ray]

ポニーキャニオン


このアイテムの詳細を見る


コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« ターミネーター展 | トップ | デセプション・ポイント (上... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ichi-ka)
2009-04-06 02:32:21
ようやく感想を書いたのでTBを送りますね。
結果は残念ではあったけれど、自分たちの良心を貫き通した彼らは名誉の死だったと思います。けれど成功させたかったのだろうなぁ。
トムの眼帯はかっこ良かった。
こんにちは (Matthew)
2009-04-06 13:03:27
ichi-kaさん、こんにちは。
この作戦が成功していれば、違う世の中になったのかは、気になるところです。あの時代にあっても、良心に従い、作戦を決行した人達がいたことを、もっとたくさんの人に知ってもらいたいですね。
コメント&TBいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

'09 映画 (洋画)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

『ワルキューレ』・・・悪魔に護られるヒトラーの強運 (SOARのパストラーレ♪)
私たちの知る歴史においてヒトラーが暗殺された事実はない。だから冒頭で「TRUE STORY」と銘打たれる以上この作戦が失敗することは明白なのだが、それでも作戦開始からの手に汗握るスリリングな展開は存分に楽しめた。主演のトム・クルーズが若かりし頃に演じたあの海軍パ...
ワルキューレ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ~ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校...
ワルキューレ (You got a movie)
監督    ブライアン・シンガー キャスト  トム・クルーズ       ケネス・ブラナー       ビル・ナイ  実際にあったヒトラー暗殺計画を題材にしたドキュメンタリーと言える映画。ワルキュール作戦という作戦自体は暗殺の計画をさすものでは無く、ドイ...
ワルキューレ(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『ワルキューレ』(2008年、監督:ブライアン・シンガー)です。 眼帯姿のトム・クルーズが主演のサスペンス・アクション大作。 祖国を救うため、死と隣り合わせの作戦・ワルキューレが発動する。
ワルキューレ 歴史が変わっていたかもだったのか (労組書記長社労士のブログ)
 昨日は海から早くに帰ってきて、梅田のロフトで先輩夫妻の愛娘の出産祝いを買い物、大きな荷物を抱えて梅田を歩いていたら、やたらとすれ違う人にじろじろ見られて、そして目を逸らされて、そしてぶつからないようにあからさまに避けられて・・・。 そういえば海帰りで...