Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『WALL・E ウォーリー』

2008-12-15 23:47:13 | '08 映画(洋画)
久しぶりの映画鑑賞で、『WALL・E ウォーリー』を、見てきました。
ピクサーのCGアニメです。


あらすじは

ゴミだらけの星になってしまった地球。人々は、宇宙へと旅立ち、そこに人の姿はない。
しかし、唯一動いているものがあった。それは、人間が造ったゴミ処理ロボット「WALL・E ウォーリー」。
彼は、700年もの間、ほかの仲間が機能停止した中、ただ一人(?)地球のゴミを処理し続けていた。長い年月の間、人のゴミに触れ、過ごしてきたウォーリーには、感情が芽生えたのだが、“ともだち” と言えるのは、“ゴキブリ” に似た、虫一匹。
人の捨てたゴミの中から、自分の興味を持ったものや仲間のロボットから使用できるパーツを取り外し、コレクションしていた。
そんなウォーリーの一番の宝物は、ミュージカル映画のビデオ。その中でも、大好きなシーンは、主人公のカップルが手をつなぐシーンだった。そして、いつか誰かと手をつなぎたいと誰もいない地球で、強く夢見ているのだった。
 
そんなある日、地表に光る赤い発光体をウォーリーは、発見する。その動く発光体を追っていくと、空から突如、宇宙船が飛来し、着陸するのだった。
興味を惹かれたウォーリーは、物陰から現場を見ていた。すると、宇宙船の扉が開き、一体の白いキレイなロボットが地球へと放たれ、宇宙船は帰っていった。そして、残ったそのロボットは、地上のあらゆるところをサーチして回るのだった。そのロボットの後を追い、なんとか “ともだち” になろうとするウォーリーだったが、近づくことがなかなか出来ずにいた。しかし、“ともだち” の虫君により、近づくチャンスを得て、“イブ”と名乗るロボットと、ともだちになることができたのだが、ウォーリーが自分のコレクションを紹介していく中、『あるもの』を見せた途端、イブが『あるもの』を機体にしまい、ひとつのシグナルを発信するのみで、機能停止してしまう。イブに課せられていた命令は、その『あるもの』を見つけることだったのだが、そんなことを知らないウォーリーは、健気にイブの動き出す日を願い、なんとか動かそうと、イブの面倒をみるのだったが、一向に動く気配は見えず、ゴミ処理の仕事に復帰した矢先、また、空から宇宙船が現れ、イブを回収し、宇宙へと連れ去ろうとしていた。ウォーリーは、イブを追い、まさに今、旅立とうとする宇宙船に掴まり、宇宙へと旅立つのだった。そして、その先にあったものとは・・・。イブは?ウォーリーは?どうなるのか?



ロボットの友情(愛情)物語なのに、後半は知らずに涙が流れてしまっていた


イブに比べ、旧式のウォーリーの感情表現が、多彩でコミカルで、ロボットなのに命が感じられ、アナログ感が、また味を出していて、すごくいい



700年もの間、一人ぼっちで過ごしてきたウォーリーのイブに対する友情(愛情)は、あまりに真っ直ぐ過ぎて、純粋で、ウォーリーに対しての自分の感情移入は、ハンパなかったです。その結果の
最近は、ジブリアニメよりもピクサーアニメの方が、素直に感動できますね。
最近のジブリ作品に見られるような難しさもなく、環境問題・現代人のライフスタイルについても、問題提起され、考えさせられる作品にもなっていました。
是非、多くの人に観てほしい、この冬おすすめの一本です

ウォーリー - goo 映画

ウォーリー [DVD]


ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント


このアイテムの詳細を見る



ウォーリー 初回限定 2-Disc・スペシャル・エディション (初回限定) [DVD]


ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント


このアイテムの詳細を見る



ウォーリー (Blu-ray Disc)


ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント


このアイテムの詳細を見る

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ゆっきーなとポケモン交換 | トップ | 街森 近況 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウォーリーは・・ (チエ)
2008-12-18 21:07:14
 「WALL・E ウォーリー」宣伝、聞いてるだけで、なんか寂しそうな感じですよね。
それに、すご~く魅力的な感じがします。
私はアニメはやっぱ「かっこいい男」が出てないので、あまり見たいと思わないのですが・・
私も見て来よう~と思います。
 ウォーリーは幸せに慣れるのかな・・
かっこいい男w (Matthew)
2008-12-19 02:46:46
チエさん、こんばんは。
「ウォーリー」には、かっこいい男出てきませんねwww
でも、ウォーリーが三枚目顔(?)なのに、優しさの中に強さがあって、ある意味かっこよかったですよ。
是非、観に行かれることをお勧めします。
コメントいただき、ありがとうございました。
TBどうも (じゃすみん)
2008-12-23 08:24:20
ウォーリーは オトナが観たら素敵な映画ですよね。子どもには ちょっとわからないような気がします。
久々に心温まる映画でしたわ。
そうですね (Matthew)
2008-12-23 22:18:07
じゃすみんさん、こんばんは。
確かに、ウォーリーやモーなど出てくるロボットが可愛くて、ウォーリーがかわいそうなドタバタアニメって感じにしか、子供は受け取れないかもしれませんね。
訴えているものは、とてつもなく大きいテーマなんですけどね。
でも、ウォーリーの一生懸命さは、老若男女を問わず、胸を打ちますよね。
コメントいただき、ありがとうございました。
コメントありがとうございました! (モッサン)
2008-12-31 05:42:55
Matthewさん、こんばんは。

イヴに対するウォーリーの控えめでぎこちない愛情表現が、何だかとても人間的で共感できるところでした。
男性なら誰もが感情移入してしまうのではないでしょうか。
ウォーリーの気持ちがイヴに通じた場面では、私もしっかり涙してしまいました^^。

おっしゃる通り、素直に感動できる映画で、最近見たアニメ映画の中では、ピカイチの作品だったと思います。
ピカイチ (Matthew)
2008-12-31 07:02:36
モッサンさん、こんにちは。
ウォーリーのイヴに対する感情は、本当に感情移入してしまいますよね。
ウォーリーには、感情が芽生えましたが、負の感情はないのが、良いのかもしれません。
今年も、良い作品はたくさんありましたが、まさか、ロボットに泣かされるとは思いませんでした。今年観た映画の中では、「ウォーリー」が自分の中では一番です。
本当に、素直に感動させられたのが、大きいですね。
今年同様、来年もよろしくお願いいたします。良いお年を
コメントいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

'08 映画(洋画)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

『WALL・E/ウォーリー』・・・小さな植物に導かれた恋物語 (SOARのパストラーレ♪)
初々しい恋人たちを見守ることでこんなに心が温かくなるなんて・・・。ウォーリーとイヴ、このなんともじれったい“ふたり”のロボットが織り成すかわいくて壮大な物語は、私にとって今年一番のラブストーリーとなった。
【WALL・E ウォーリー】 (日々のつぶやき)
甥っ子&姪っ子連れて見てきました! 「誰もいなくなった29世紀の地球にたったひとりで残されたのはゴミ処理ロボットのウォーリー。 宇宙に逃げ出していった人間たちに置き去りにされ700年もの間人恋しさでいっぱいになりながら黙々と働いていた。 唯一の友だちはゴ
ウォーリー (You got a movie)
監督・原案・脚本  アンドリュー・スタントン サウンド・デザイン ベン・バート  未来の世界、廃棄物やゴミで一杯になり、地球から人間や植物が消えてしまった世界で働くウォーリーを描いた前半はアニメでも実写に近く感じる映像で、これはとても斬新で気に入った。...
『WALL・E』(Theater) (私の研究日記(映画編))
監督 アンドリュー・スタントン 指揮 ジョン・ラセター他 脚本 アンドリュー・スタントン 音楽 トーマス・ニューマン 配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ 公開 2008年12月5日 時間 97分 製作国 アメリカ  京成ローザにて鑑賞(12月13日)。  ゴミ処理ロボ...
「WALL・E/ウォーリー」ロボット初恋物語! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙...
WALL・E (ウォーリー) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ウォーリーとイヴ(のつもり) 『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。 実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。 ●導入部...