Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アジャストメント』

2011-06-22 22:52:02 | '11映画(洋画)
マット・デイモン主演の『アジャストメント』観てきました。
マット・デイモン作品は、『ヒア アフター』に続き、今年2作品目です。








あらすじは


スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが、エリースという女性と偶然出会った事から予定とは違うスピーチをし、結果それが功を奏す。そんな彼の動向を“アジャストメント・ビューロー”のエージェントたちがチェックしていた。2年後、そのエージェントのミスからデヴッドはエリースに再会。しかし、エージェントたちから二度とエリースに会わないよう警告される。
[ 2011年5月27日公開 ] ~goo映画より~







感想は、


この映画、まったくの予備知識なしに観たので、まさか、こんな内容の映画とは、思いませんでした。
ただ、ストーリー自体は、面白かったですが、やっぱ、考え方が西洋的で、東洋人の自分にはピンと来ないというかなんというか・・・

“アジャストメント・ビューロー”たちの言い分も、わからなくはないのですが、運命は変えられるっていうのが、人間的考え方だと思うので、デヴィッドよりの見かたになってしまいますよね。
“アジャストメント・ビューロー”たちの考えは、やっぱり固くて、上から目線(?)なのも、なんだか腹立つというか(カルシウム不足再び)
ただ、「運命を変えられた」っていうのも、変えた運命がもともとの運命だったって見かたも出来ると自分は思ったりなんかしちゃって、これは、観た方たち、それぞれの考えで良いと思います。

マット・デイモンという俳優さんは、ある意味、自身にアクがないので、どんな役も演じられて、すごいなぁと、思いました。



『アジャストメント』予告編<5/27(金)全国ロードショー>





公式サイトはこちら  http://adjustment-movie.jp/


アジャストメント - goo 映画



アジャストメント(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ジェネオン・ユニバーサル


【Amazon.co.jp限定】アジャストメント スチールブック仕様 [DVD]
クリエーター情報なし
ジェネオン・ユニバーサル






ヒア アフター [DVD]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし






『アジャストメント』の素敵なDVDラベルはこちら  http://blog.goo.ne.jp/d-y0000/e/b5e09d67355c8fa8c82fdb349ca087f0



blogram投票ボタン  ←よろしかったら、ポチッと!


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 『赤ずきん』 | トップ | 『SUPER8/スーパーエイト』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マット・デイモン (ichi-ka)
2011-07-10 00:48:38
ココ最近、マット・デイモンっていろいろな映画に出演していますよね。
前作の印象が見事にクリアされていて毎回別の役にしっかり見える。
その辺りがいろんな映画に引っ張られる理由なのかもしれません。演技も上手だし。
『アジャストメント』は実は鑑賞済みです。
感想としては正直微妙でした。僕もMatthewさん同様、結末部分はあまり釈然とせずピンと来ませんでした。
感想書いたらまたTB&コメに伺います。
こんばんわ (Matthew)
2011-07-10 21:56:19
ichi-kaさん、こんばんわ。

自分としては、あのラストになったことで、二人の未来が愛を貫いた結果、どう変わったのかまで描いて欲しかったですね。
個人的には、二人は一緒になれて幸せってことなのでしょうが・・・

コメント、ありがとうございました。
TB、お待ちしております。

遅くなりましたが (ichi-ka)
2011-08-01 01:24:26
ようやく感想書いたのでTBおくります。
確かにアジャストメント・ビューローたちの言い分によると「二人が一緒になるとエリースのダンサーとしての将来も、デヴィッドの議員としての将来もあまり良くはならない」みたいなことになってましたよね。
けど、まぁ、どんな未来を歩くことになったとしても好きな人と一緒にいれるのなら幸せだということなのだと思います。
ありがとう (Matthew)
2011-08-01 02:15:50
コメント&TB、ありがとうございます。

>どんな未来を歩くことになったとしても好きな人と一緒にいれるのなら幸せだということなのだと思います。

その通りだと思うのですが、ラストで運命変更の承認(?)がなされたのなら、その後の運命もまた変更されてしかるべきだと思うんですよね。
だからこそ、平凡な夫婦に収まったにしろ、二人の夢(?)が叶ったにしろ、変更後の二人の幸せな姿も観たかったです。
そこを見せないのが、この映画の余韻(?)なのかもしれませんが...

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

'11映画(洋画)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

アジャストメント(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『アジャストメント』(2011年、監督:ジョージ・ノルフィ)です。 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説をマット・デイモン主演で映画化したSFサスペンス・アクション。 共演にエミリー・ブラント、アンソニー・マッキー。 予告編は面白そうだ...
アジャストメント (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アジャストメント'11:米◆原題:1THE ADJUSTMENT BUREAU◆監督:ジョージ・ノルフィ◆出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ ...
『アジャストメント』 マット・デイモンの功罪 (映画のブログ)
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...
『アジャストメント』・・・運命を決めるのは誰 (SOARのパストラーレ♪)
人の運命を操作する謎の組織“運命調整局”と、自分の運命を守るためにひとり立ち向かう若き政治家。そんなSF仕立ての熱いサスペンスに重きを置く作品だと思っていたら、そっちのほうは良くも悪くも適当な味付けで、要は困難に打ち勝って結ばれる男女の姿を描くラブストー...
アジャストメント (The Adjustment Bureau) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な...
「アジャストメント」 きれいにまとめてこじんまり (はらやんの映画徒然草)
ちょっと集中力がない状態で観賞してしまったので、評価が適正かどうかが自分的にも甚