Matthewの映画日記?

Matthewの独断と偏見に満ちたお気楽日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『シェルター』

2010-04-01 20:04:54 | '10 映画(洋画)
映画館で観た予告の中に、『奇跡のシンフォニー』で、フレディ・ハイモアのお父さん役を演じていたジョナサン・リス・マイヤーズが出ていたのと話が面白そうだった『シェルター』を観てきました。



あらすじは

カーラは、解離性同一性障害疾患を認めていない精神分析医。ある日、デヴィッドと名乗る男の診察を始めると、別人格が現れた。このケースも単に彼が周囲を混乱させる愉快犯だと考えたカーラは、彼の身辺を探る内に、デヴィッドとは25年前に亡くなった故人であることが判明する。その間にもデヴィッドの人格は次々と入れ替わり、カーラの疑念は深まっていく。そしてカーラが導かれるようにして辿り着いた先は、時代に葬られていた血塗られた歴史だった…。彼は、ただの虚言者なのか。それとも現代に甦った滅びの使者なのか。この男に潜む闇は、科学では説明の付かない闇。決して触れてはいけないものだった。~goo映画より~






感想は、

多重人格を題材にした(間違ってはいない?)映画で、精神科医と多重人格患者とのやりとりを描いた映画だとばっかり思って観ていたら、話があらぬ方向へ・・・
予告でも観ていた、人格入れ替わり時のジョナサンの首の反りがありえないくらいに曲がって、ビビリましたよ。
ストーリーは、思っていたものとは違いましたが、これはこれで、面白かったです。
でも観ていて、主人公の精神科医カーラ、女性一人で原因解明とは言え、無茶するなぁって感じでした。
怖がりの自分は、夜中にあんなところに、一人で行けません。
カーラは、父親に弟、娘まで・・・救われないなぁ。
ラストも、カーラの行動に、観客に想像の余地を残す終わり方で、より不気味さも増して、良い(?)終わり方だと思いました。



公式サイトはこちら http://www.shelter-movie.jp/index.html

シェルター - goo 映画


シェルターの素敵なDVDラベルはこちら↓
http://blog.goo.ne.jp/d-y0000/e/ceaec255d1b22da3638ca188681dbaef

シェルター [DVD]

ポニーキャニオン


このアイテムの詳細を見る






チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道 [DVD]

マクザム


このアイテムの詳細を見る


奇跡のシンフォニー [DVD]

ポニーキャニオン


このアイテムの詳細を見る







blogram投票ボタン  ←よろしかったら、ポチッと!!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« ベルリン・コンスピラシー/... | トップ | 『コララインとボタンの魔女 ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBコメありがとございました。 (ichi-ka)
2010-05-05 17:03:44
『シェルター』は音楽はなかなか雰囲気があり、スタイリッシュな感じに仕上がっていて良かったと思います。
後半はかなり予想外の方向へ話が進んでしまい驚かされましたが、それも含めて面白かったと思います。
『アリス』の感想書くとコメントしておいて、『シェルター』の感想書いたのにも関わらずTB、コメントして頂きありがとうございました。
感想は観た順に書いているので『アリス』はまだ先です。
こんばんは (Matthew )
2010-05-05 22:21:27
ichi-kaさんのブログに行ったら、『シェルター』の記事が書かれていたので、コメ&TB送らせてもらいました。
ichi-kaさんは、たくさん映画を観られているので、感想書くのも、大変ですよね。
こちらこそ、コメ&TBいただき、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

'10 映画(洋画)」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

シェルターとは何か? (笑う学生の生活)
8日のことだが、映画「シェルター」を鑑賞しました。 多重人格を認めない 精神分析医カーラ 多重人格と疑われるデイヴィッド診察し始めるが・・・ こういうタイプの映画が好きなだけに どんな結末か気になったのですが 意外にも良く出来てたなぁと ここから 殺人、さま...
「シェルター」(2010) (INUNEKO)
嫌いになれないジュリアン・ムーアだから見に行きました。 これもまた映画の入り口と出口でジャンルが違うという…。 多重人格障害なんてのはもうないってのが証明されてんだよってところから始まって、じゃあそれ以外説明出来ないこいつはなんなんだよってややこしい患者...
「シェルター」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ジュリアン・ムーア演じる精神分析医とジョナサン・リス・マイヤーズ演じる多重人格患者の対決…サイコ・サスペンスかと思って観に行ったら、しっかりオカルト・ホラーでした(苦笑)でもそれぞれの演技が見事で、なかなか見応えありまし...
シェルター(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『シェルター』(2009年、監督:モンス・モーリンド&ビョルン・スタイン)です。 ジュリアン・ムーアが精神分析医役で主演するスーパーナチュラル・スリラー。 音楽に雰囲気があり、より怖さを増しています。
シェルター (Shelter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 モンス・モーリンド/ビョルン・スタイン 主演 ジュリアン・ムーア 2010年 アメリカ映画 112分 サスペンス 採点★★★ ミッション系の学校には通っていたが、別にキリスト教徒のわけではない私。仏教徒でもないし、もちろんゾロアスター教徒でもない。まして...
この世には不思議なことなど何も無いのだよ (MESCALINE DRIVE)
「シェルター」を観た。 ジュリアン・ムーアという女優は演技の引きだしが多くて、しかも出演オファーを選り好みしないかのようなキャリアの持ち主だ。だから、「こんな役柄も演じられるのか!」という嬉しい驚きと「こんな作品にも出ちゃうんだ」という嬉しくない驚きを...