碧い山・青い海

趣味の山登りとか、技術とネット情報を照合し個人メモに・・

1505- 港のキリン・・Gantry Crane

2015-05-27 | 日記
 神戸メリケンパークには、海洋博物館がある。大阪にもあった海洋博物館が閉鎖で、船模型の愛好者グループが続けてきた 毎年の展示会が出来なくなり神戸海洋博物館で継続すると新聞で知った。元々模型大好き人間だが、帆船などの細かなロープ・リンギング作業は もう自信がないが 見るのは自信がある。
 博物館は、3年振りだが 見始めると興味深くて 多くの学生とか外国人と一緒に3時間も掛かってしまった。

 新たな発見は「ガントクレーン」。ポートアイランドのコンテナ・バースに 常に林立している通称キリンと言われる荷上機だ。島内では、立ち入り禁止なので近くでは見たことがないが 最大高96m,全長116m,幅30mもあるそうだ。50トン(車40台分)を1度で吊上げられ 高さは近くの神戸タワー(108m) に近い位大きのだが、これは住友重機の国産。
 ここの資料によると昔、摩耶港とも言われた神戸港は 日本初の輸入クレーンが設置された港だそうだ。 コンテナが開発されると直ぐにバース水深を15mに改修して1900年にはコンテナ扱い量で世界一になったのも神戸港だそうだ。展示された船模型の中にも、コンテナ船があったが見ていると カラフルなコンテナの積み方で中々 面白いが それにしても神戸の街は日本初、世界初が好きらしい。人間にも、新しい物に直ぐ飛びつく人もいる様に・・。

 神戸にいると毎日、関空と神戸空港の間の海を航海している風景とか 東の貨物バースでゆっくりと動く赤いキリンを眺めるが 製作された新幹線も他の鉄道車両もこの貨物船で運ばれるのを知ると 海上物流も荷揚げ作業も奥が深い。ボーイング社の飛行機でさえ1/3は日本のハイテク部品で出来ている・・これは次の課題だ。

 博物館は、何度見ても面白いが 博物館といえば世界の王様、米NYのメトロポリタンにも過去に 3回程行った事があるが「私は毎週、通っているんだ」と年間パスポートを見せてくれたが人がいた。しかし、大規模博物館の多い Newyork ではそれが子供も学生・高齢者も普通で料金も安い事もあり身近なのだ。つまり博物館は人類軌跡の宝庫であり、現代人の勉強の場所でもある。もう見たから・・は禁句だ、何度でも積極的に見に行く事が知識・見識を広げる事になり それによって人との対話にも日常生活も楽しくのだから。






1505- Voyager of the Seas 入港

2015-05-26 | 日記
 朝早く、第四バースの方から 聞きなれない船の汽笛。六甲山側の窓を開けると 眩しい船体の大型客船が停泊している。見たことがある バハマ船籍の「ボイジャーズ・シーズ」だった。
5月の初夏の様な気候に、こんな豪華客船で世界一周する長旅出来る 多くの人たちは羨ましい。今頃、チャーターバスが神戸の街に繰り出し 外国人達で 又大騒ぎだろう。

 実は、茨城の知人も4月に横浜から乗船して 神戸港にも寄りながら今、ご夫婦で世界一周の船旅の最中と言うメールを受け取っているが夏の7月に日本に戻るらしいと言うから長期間だ。
訓練船の世界最大帆船の日本丸が2月に神戸港を出て見送りに行ったが、9月に戻る予定と聞いた。それに匹敵するくらいだが 元気な学生時代に 大変でもこんな経験が出来る若者は本当に羨ましいと思った。社会に出てきっと人生観が変わるきっかけになる筈だ。高いマストから手を振っていた子供たちはきっと真面目な人生を作り上げて 必ず楽しい人生をおくると確信してしまう。

 先日のダイアモンド・プリンセスは海外からの日本一周で1週間だが JAZZバンドが同乗した「ジャズ・クルーズ」で毎晩船の中ではステージがあるのだろう。余裕のない私には、他人事だが、サプライズとハプニングの毎日と、珍しい寄港地も異文化で楽しいと思うが 高齢者には毎日、海を見ていた方が・・と余計な心配もしてしまう。
                            (豆知識・・・・ 船速度単位ノット・・1not-1,852km 1mail-1,609km)

 137276トンで全長311m, 3114名 速力22ノット( 40,7 km) 1999年建造 世界豪華客船の米国ボイジャー社の所有 今年、神戸港では最大かも?

夕方16時、別れの汽笛を数回鳴らして 神戸港を後に次港は横浜へ  もう少し、ましな望遠レンズが欲しい。







1505- 六甲山のトエンテイ・クロス

2015-05-22 | 山登り
 神戸に、横浜の妹とその友人二人、計3人の山好き仲間が来た。かなり登っている方達なので、爺さん案内より 六甲山は道標も山道の整備も良いので地図があれば「自分たちで登れる」・・と勧めてみたが、話の流れで結局同行することに。
 コースは任せられたので、私のお気に入り「布引滝からトエンテイクロス」にした。山頂までの距離はあるが、初夏なので沢のせせらぎとウグイスの声で涼しくて気持ちが良いコースなのだ。この命名は、谷川を何回も渡るので昔、地元で「二十渉」と命名していたが明治初期 外国人の登山家たちが「トエンテイクロス」と英訳して呼んでいたのが定着となったらしい。今は、砂防堰堤が多く作られ 渡渉回数は減っているが 当時の雰囲気は今でも残っている。

 摩耶山頂から穂高湖・長峰山経由で下る計画だったが、途中であった「岩手から四国石槌山を登り、今日は六甲を登って帰る予定」と言う人が「高山植物園は、最高でしたよ」と言い残して下りて行った。
「そこも、行こう」となり摩耶山から山頂バスで東にある高山植物園に行く。更にガーデンテラスでまで歩き、大阪湾を見ながらソフトクリームを食べ楽しんだ後、時間も遅いので歩くのは省略し 六甲山頂ケーブルで街に降りた。・・・ この辺りは六甲山ならではの、効率の良い山の楽しみ方なのだと思う。
 六甲山の高山植物園は、2回目で以前は石楠花が満開の時に来たが、今回は花が違ってこの時期も楽しくカメラ男女のリピーターらしい人が 多く賑わっていた。ここは、小川の流れる谷全体に広がる広大な谷間の土地で 独立尾根の冬は雪と寒さで厳しい自然公園だがその気候を活かしている。難しいと思われる「コマクサ・チングルマ・キンパイ・イワカガミ・薄雪草」も小さな群落で健気に咲いていた。
 池の周りはキスゲ・アヤメが咲いて 水芭蕉はもう終わった様だ。谷の上には、グラスドームの中で保護された「ヒマラヤの青い薔薇(ケシ)」が満開、流石に囲われた部屋だが 温室では無い常に谷風を通す夏の気温を避ける仕組みのようだが 青空の下でこれだけの高山植物を育てている管理技術もかなり高いのだろう。

 布引の滝 43m この日は水量が多く とても豪快

 クロスの中程の渡渉 途中でヘビに遭遇したが・・


 高山植物園

 これは「ヒマラヤの薔薇」と呼ばれる珍しい花 ケシ科だが澄んだ青空の様な色で ヒマラヤまで見に行く人も多いそうだ





最近、長時間の登りで時々足がつる。実は今回も・・ところが、妹から渡された漢方薬で飲んだら約3分後にはそれが治ったのだ。
今では山の常識で、皆さんも持っていたのに又ビックリ ! 医者に言えば出してくれるのだと・・もっと早く教えてくれよ。

1505- ダイアモンド・プリンセスが入港

2015-05-22 | 日記
 ホテルロビーに、横浜から妹とその友人が来たので会いに行った。翌日から始まる「日本整形医学学会」で前泊するスタッフとか 大学関係者らしい人で大型ホテルも外国人も混じる関係者でロビーは何時になく騒がしい感じだったが。
 翌日の第四バースに、 英国籍ダイアモンド・プリンセスが 前港釜山から神戸に早朝5時に入港するのを聞いたので 船好きとしては見ずにはいられない。船を見ると夢が広がる気がする。
頑張って7時に北高公園の先にあるポートターミナルにカメラを持って駆けつけた。既に、多くの人が来ていて神戸のスタッフ達が 歓迎セレモニーの準備に追われ例のミス神戸の美人さんも受付で、上陸する人の出迎えの打ち合わせに忙しそう。接岸した船の乗客は、早起きの人が朝食の真っ最中で 普通のお客は起きた頃かも知れない。
 この船は以前にも来たが、建造2004年, 116千トン、全長290m、2670名のイギリス籍 優雅な美しい船体だが今年から 神戸港をベースにしたクルーズ企画が始まる関係での人気かも。

 しかし、活動している人も 船好きの神戸の人も 学生音楽隊も さらに旗を持つボランテアも準備作業に夢中。5時に集まる・・どれだけ早起きなのか 信じられないがコンパクトCITYのので 歩いて集まれるのも神戸だろう。近くの防波堤には 朝日を浴びた多くの釣り人がいるのを見ると 魚釣りの基本的なポイントは魚は早起きのだから早起きで・・・と教えられた気がしたがもう私には無理。

 明け方なので、港の景色が光って見える・・やはり、早起きは良いです





1505- パソコン購入のサポート

2015-05-18 | hobby
 地域のPC教室のサポーターを10年以上続けていたが、その関係で9年前から地域ホームページ管理者にされてしまった。いずれもボラ奉仕だが、趣味半分のつもりが これが最近結構 神経を使う仕事になった。
 先週、台風が通過して関係で地域にも落雷があったが 地域の知人から「パソコンが動かない。保管データを救済したいと業者相談したら30万円は最低掛かると言われ、明日機器を取りに来るのだが」と言う相談。機器も見ないうちに、金額と救済できると言う様な業者も信用ならない、正しい業者なら、調べてから見積もりをして・・と言う手順だろう。 

 聞いてみるとOSビスタ・NECディスクトップで多分10年未満。その話は、取りあえずキャンセルさせ自宅に機器を持ってきて貰って一緒に調査する事にした。
 結局、電源部が悪いらしく記憶装置は異常なしの確認が出来た。処理としては、内蔵HDDは外付変換用のケースを購入し新規PCを購入してデータを読み出しする事にした。

 PCは使っているが技術的な事はあまり詳しくない。使い方は「地域活動のメールと写真取り込み・印刷」とお聞きしたので、低価格な物で既存のモニター・プリンターの流用が可能なCDドライブの搭載のある国内メーカー機種と言う キーワードでネット検索する。
 小型機の「AY303S」を通販で発注。商品到着後、OSを起動させてから 外部接続したHDDのデータを読込みし 後は外付けHDDとして使う様にお話しした。・・接続設定は、到着後に支援したいと思っているが。


 購入品 大きさ 103*340*290 重量6KG 性能 OS-Windows7 64bit 価格は互換Officeを加えて 約6万円弱


 比較した小型PCの中に「m-Stick」と言うFメモリの様なPC。大きさ100*10*38 重量44g TVがPCに出来て キーボードも使えるが?





 性能 Windows Emdded 8.1 withBing メモリ2G 容量32G・接続 Bluetooth/Wihi ・端子USB・ (miniUSB-充電用)・ HDMI・miniSDソケット
部品はタブレットの利用なので2万円前後。他にも3社程が類似品を発売しているらしい・・小型PCで最初に出てきたが 何か起きそうな商品で面白い。