碧い山・青い海

趣味の山登りとか、技術とネット情報を照合し個人メモに・・

1502- 神戸 旧生糸検査所

2015-02-24 | hobby
 先月、ポートアイランドの国際ビジネスセンター(KIBC)の3D加工の見学学習で、紹介があった神戸税関の近くのKIITO(旧生糸検査所)にある3Dプリンター設備を集めた『MEKARS』支所を訪問した。6年程前に生糸設備が初めて公開された際に来たが 大正時代と言う7階建の建物が面白いと思った。1927年に建てられたゴシック風の生糸輸出の品質管理で、権威を持つ格調高い建物だ。2008年に神戸の街をデザインした拠点として『KIITO-デザイン・クリエイテブセンター」神戸市が設置され都市計画の中枢だったようだ。神戸の歴史ある建物をリフォームして残す姿勢は 米NewYorkの街と似ていて都市を魅力的にしているのも こんな市政があるからだろう。
 肝心の3DプリンターのMEKARSは4階、機器が10台ほどあり丁寧に見学させて頂いた。コンパクトな可愛い3Dプリンターも面白い物で、隣でミニチュア車両の部品を加工している方もいた。レーザー加工機は閑散としていたが、3Dプリンターは玩具用の様で 自分にはレーザーの方が興味深かった。PCも多数置かれ  ソフトの『イラストレーター』プログラム講座もここで開催されているのが確認できた。

 この築後90年の特徴的な部分・・昔の学校みたいだ








1502- 大企業は終焉かも

2015-02-20 | hobby
 本屋さんで確か「大企業は終焉か・・」と言うタイトルの本が並んでいた。企業と言うと電気大手のイメージになるのだが、収益の柱と言っていたテレビを最後まで、作り続けた「シャープ・ソニー」など素人からみても事業対策が遅いし、最後の砦とかの「ブルーレイとか4KTV}もどうかと思う昨今。 トップも図体が大きく株主とか皆の意見を尊重し、結局出来る事も出来ず 後手後手体質になっているのだろう。日の出の勢いだった歴史を知っているので、歯がゆいが 他各社も似たようなもので、ズルズルと生き延びてはいるが 未来が見えず内部社員も沈んでいる人も多いのではないか。

 そう感じていた時にこの本のタイトルに出会った、内容はタイトルだけで想像でき買う気にはなれなかった。少し前にもネット情報で「大量消費・大量生産の資本効率の最大化が使命だった時代は過去50年程度でこれは極特殊な時代で 終身雇用なども過去の話だ」と書かれていた。今の時代は、主役は大企業でなく 小さなニーズに個人の小規模で小回りの効く仕事が人気のキーなのだろう。
 例えば、米国での「マックワールド」、アップルのお祭りで毎年開かれるがステーブジョブスのいなくなった今は、寂しいものになり人気は、機器より周辺小企業の発表したソフトに人が集まるらしい。東京モーターショウも数年前からビックスリーは参加しないしアンケートで作られた様な、何の特徴も無い新車より、人気は改造車モデルを発表する小規模企業と聞く。

 先日、レーザー加工機の見学でレンタル機で数千枚の厚紙を使ったダイレクトメールらしい物をカット加工する方がいた。案内者の説明では、見開きハガキの様な精密切抜きで高い価値で売れるそうですよ」と、立体折り紙が千円前後で売られてがこんな物らしい。それを聞いてからいろいろ調べると、A4レーザー加工機を8.5万円でどうか・・と言うWEBページがあった。その詳細を読むと、資金を持たない技術者が設計した機器で、やっと生産中になった物らしい、販売条件が80万円の売上台数が確定したら それを実現するとある。パトロンとして500円から資金募集し、集まらなれれば断念する・・と募集を掛けたらしい。今は、ベンチャーを支援するベンチャーの「CAMP-FIRE」と言う資金調達支援会社があり、それを通じて募集し たった 2か月で予定額の4倍の資金が集まったので今月から納入開始とある。パソコン購入と同じような価格で、レーザー加工が出来るなら当然だが、多分この機械で記念品、商品にレーザー・デザインを加えるだけで商品価値を高める事が出来る事を目論んだ小さな起業家たちのニーズが多いのだろう。

 他にも東京蒲田の話で、3Dプリンターと組立講座とセットで募集したら12万円なのに満杯の盛況で 今年2回目の企画もされるがこれも 知らない企業の企画だ。(本体部品は3Dプリンターで製作)・個人で作る加工機・金型不要の迅速生産 ( Rapid Manufacturing )、今はアイデアと多少の専門知識を勉強すれば、誰もが起業出来る自由に溢れた新時代を感じるが これは江戸時代に桶屋・下駄屋・仕立て屋が軒を並べていた生活風景に似ている感じ。

 プリンターの様なレーザー加工機 (CAMP-FIREのページから)
D

1502-嫌いだった筈の位置制御

2015-02-14 | 学習
 先日、始まった慶応義塾大の「3Dプリンタ」講座の一週目が問題提出も含めて修了。学習は、面白いが少し軽いので拍子抜けもあるが これから難しくなるのかも。その中に紹介されていた「デルタ型3Dプリンタ」の発想に興味を持った。従来はXYZ軸のレール上で座標軸を制御すれば3次元加工など 当然出来ると思っていたが、この構造は3本柱の3軸上下制御で 座標軸を設定するので簡単で しかも強度も高そうだ。受講して感じるのは、自分が興味を持つ狭い範囲でなく、広い視野でその部分の知識を知ると言うことに とても有意義だなと感じる。

 これなら、加熱ヘッドを 回転刃物に変えれば「CNCミーリング・・数値制御ミーリング」機になり、ひょとすると自作できるかも・・とWEB上を検索すると、同じ考えのマニアが既に自作し成功している報告がいくつもある。細かなレポートもあり、これには驚いた。
 数百万のCNC加工機には叶わないが、それを自作・・知らなかったのは私だけだったらしい。実は、座標位置制御の基本はパルス・モータと制御プログラムが必須なのだが、壊れたプリンターに多く使われていてそんな部品でも利用し 制御すれば作れるらしい。そうなってくると、地味で難しくあまり好きではないが 設計にはCADによる設計技術も必要になるので CAD設計とプログラミングも実験しながら勉強して見る気になった。

 そう考えていたら今日、次の講座紹介メールが届く。「物理法則プログラミング入門」で武蔵美提供・・3/5講座開始。プログラミングに対して、人間の考えは「アルゴリズム」と言うそうだ。言語学・数学とも訳される「正しい解を得るための具体的手順」でこれを「プログラムにする事で、現代では簡単に誰もが出来る、それについて一緒に考えてみましょう」・・と言う学習らしい。面倒な、知識を勉強する意味をもう一度考える上で、重要な意味がありそうで これも受講登録しておいた。この処「ムークの大学通信講座」に取り付かれてしまったらしいが、趣味の中だけでもまだ知らない知識が多すぎる。

 デルタ型の3Dプリンタの例


この構造に特徴的な「パラレルリンク」、ネオ磁石で結合させる自在ジョイント(3年前に特許切れだとか・・)


 アルゴリズムの例

 





 
 


1502- 京都大学 iPS通信講座の課題修了

2015-02-06 | 学習
  先月から、四週間の山中教授のiPS講座が最終レポート提出が出来て修了。現時点は及第点スレスレだが、これに最終レポートの点が加われば多分 合格になる。来週、講座締め切りなので その後に修了証が届く予定。(前講座ピクトグラムの修了証は、先日届いたが)
受講者には医療を目指す学生・医療にかかわる社会人・入院患者さんも多いそうだ。私は、新たな知識を得ようと受講したが京大研究所の何年もかけた研究成果を、一般にも解り易くと数時間の講座に仕上げて発信して頂いたその関係者の努力に 心から感謝したい。
 本来なら、新聞記事で知ったノーベル賞記事で 凄いことなのだと思っても自身には関係のない遠い話で終わっていた。以前の「カミオカンデ」とか
言う中性子の話題の様に・・・。ところが、受講して解ったが細胞は人とか動物の体内にあったものが、皮膚とか血液から採取した物で人工的にほぼあらゆる細胞が、試験装置のなかで無限に作ることが出来ると言う事を理解出来た。

 細胞には核と言うものがあり、特定の遺伝子を持つがiPS細胞は核を持たない。それに特定の遺伝子を加える事で、神経細胞・筋肉細胞・肝細胞・血液細胞などあらゆる細胞に分化出来る特徴を持つと言う。従来の動物実験とは違い、病患者から採取する病疾患性特異iPS細胞と言うものを、シャーレの中で治療の新薬を試すことも出来るそうで これが完成すると医療革命なのかも知れない。
 京大の関連特許も30カ国で取得出来ているそうで、各国の研究も盛んに行われ始めたと言うからこれも私の異分野の注目テーマになった。

 しかし、長寿命化する人類の未来に光を与えた・・と言う発見だが 広範囲にわたる研究とか創薬開発に人と、資金が必要だと言う問題も大きすぎる。一つの研究所が、頑張っても当面の利益は期待できない様な物には国内企業は協力しないだろう。日本に拘らず、人類の将来に理解を示す他国の支援を求めて場合によって、研究拠点もその国へ移す様な事も必要なのではないだろうか。