すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。

12年ぶりの来日公演~ジェスロ・タルをめぐる音楽業界の魑魅魍魎

2005-04-12 19:31:39 | 音楽

※フルートを吹き狂うイアン・アンダーソン@ジェスロ・タル in ワイト島

 いやはや、すっかりダマされるところだった。何がって、ジェスロ・タルのDVD発売をめぐる音楽業界の巧妙な仕掛けの話だ。

 ジェスロ・タルは、1968年にデビューしたイギリス出身の古参バンドである。イアン・アンダーソンなるおっさんが率いている。日本ではあんまり知名度がないが、好きなやつは思いっきり好き、どちらかといえばマニア受けするバンドだ。

 私は高校1年のとき、1971年にリリースされたアルバム「アクアラング」で彼らの音を初めて聴き、一発でやられた。それからというもの、もう高校時代は毎日ジェスロ・タルのアルバムを聞いてすごしたものだ。

 じゃあいったい、そのジェスロ・タルの何がどうしたのか?

 前回のブログ『「韓流」がいつも1面トップの新聞なんていらない』を書いたとき、ジェスロ・タルについてちょっとだけふれた。で、ついでに何の気なしにちょっと検索してみたのだ。「ジェスロ・タル」とグーグルに入れて。

 そしたらなんたることか。まったくすごい偶然なのだが、なんと彼らが今度12年ぶりに来日し、5月に東京・渋谷公会堂でコンサートをやるという。

 しかもこれまた激しく偶然なんだが、5月12日の公演では、彼らは「あのアクアラング」の収録曲を特別に「全曲」演奏するっていう。前述の通り、「アクアラング」は私の高校時代そのものだ。ユーミンじゃないが、「あ~なたはぁ~、わ~たしのぉ~、青春そのものぉ~♪」である。ええ、私は叫びましたとも。

「おおっ? まじかよぉおい。ぜったいにっ、行かなきゃ」

「イアン・アンターソンはもう爺さんだから、これを逃したら生で見る機会なんてないぞ。なんせあとは寿命で死ぬだけだからなぁ」

 すっかり頭に血がのぼり、速攻でウドー音楽事務所に電話してチケットを取りましたとさ。S席・8000円だ。

 で、有頂天になってさらに検索していると、またもやとんでもない発見をした。ジェスロ・タルが1970年にあのイギリスのワイト島でやったライブが、なんとDVDで発売されるっていうじゃないか。リリースされるのは4月27日らしいから、もうすぐだ。


※ジェスロ・タル in ワイト島

「うわぁー。これも、ぜ・っ・た・い・に・っ、買わなきゃ!」

 1970年のワイト島っていろんなバンドが出てたんだけど、とにかくどのバンドの演奏もとんでもない。全体にえらいテンションが高く、もうサイコーなフェスティバルだった。


※ザ・フー in ワイト島

 ただし私がもってるのはコンサート全体を収めたビデオと、このときの「ザ・フー」のビデオだけだ。ワイト島フェスティバルはミュージシャンの権利関係がややこしく、フィルム自体が長いことお蔵入りしてた。だからそれにちなんだ商品があんまりリリースされてないらしい。

 もしこのコンサートで演奏した「フリー」のDVDが出たら、私はもちろん買う。「マイルス・デイビス」のが出ても買う。もうなんでも買っちゃう「禁治産者状態」である。


※フリー、てかコゾフ in ワイト島


※マイルス in ワイト島

 や、それはともかく。ジェスロ・タルがきっかけで、もう目の前に出てくるモンはなんでも買っちゃうありさまな私。もううれしくてうれしくてしかたがない。

 がっ、しかし。ちょっと時間がたつうちに、だんだん背後に存在するある「システム」に気づき始めた。よく考えてみるとDVDの発売が4月27日で、東京公演が5月11日と12日なわけでしょ? てことは彼らが来日したのって……。

 DVDをプロモーションするためじゃんよ。

 で、さらにアマゾンにアクセスし、くだんのDVDについて調べてみると……。驚愕の事実が発覚した。

 日本でリリースされるDVDは4月27日付で、「予約受付中」になっている。人間、「まだ買えない」ってわかると逆に「どうしても欲しくなる」ものだ。んで実際、私も「予約しちゃおかな」とか考えてたわけ。

 ところが笑ったのは、アマゾンが宣伝のためにやってる「仕組み」が私の熱をさましちゃったことだ。どゆ意味か? 

 私はアマゾンにユーザ登録してある。だからブラウザでサイトにアクセスすると、(たぶんクッキーを使って)私がアマゾンで最近検索した履歴がぜんぶ出る。

 一方、アマゾンはこれらのデータをもとに「コイツはこういう商品に興味があるんだな」と目星をつけ、類似の商品を「おすすめ商品」として自動的に画面に出して宣伝する仕組みになっている。

 で、例の4月末に日本で発売されるDVDの「類似商品」として、すでに海外では発売されてる「まったく同じDVDの輸入版」まで画面に表示されちゃったんだ。自動的に。いやあ、驚いたねえ、まじで。なんでかって? だってさ、

 日本版は定価が「4,935円」なのに、輸入版はなんと「1,708円なんだぜ(価格は4/12現在)。

 しかも輸入版はすでに発売されてるから、中古だと「1,393円」(同)で買えちゃったりするわけだよ。

 俺をなめてんのか? >音楽業界

 音楽業界の流通の仕組みはよく知らないけど、どこをどうやったら「1,708円」で買えるモンが「4,935円」になっちゃうわけ? 日本の消費者をバカにしてるだろおまえら(誰に言ってるんだ?)。

 これじゃあさ、「ファイル交換ソフトによる商品の流通は著作権侵害行為だ」とかいくら言っても、ぜんぜん説得力ないじゃん。や、だから著作権侵害してもいいって意味じゃないよ。けど、心情的に「冗談じゃないよ」ってなるでしょ、ふつう。「まあ、ファイル交換するヤツの気持ちもわかるわな」で終わりだ。だって「サギ」じゃんよ、こんな値段は。

 輸入版との差額が、「3,000円以上」もあるんですよ?

 おまけにもうひとつ追加すると(まだあるのか?)。

「これを機会に儲けよう」ってんで、東芝EMIが例のアルバム「アクアラング」をどうやらリバイバル発売しようとたくらんでるらしい。で、こっちは「4月13日発売予定」になっている。もうね、みーんな、セットになってるわけ。「アレを買ったら、コレも買わせて」って業界側の仕掛けが。

 業界から見たら、そざかしハマった人を笑ってるんだろうなあ。「またバカが食いついたよ。入れ食い状態で笑いが止まらねえぜ。へっへっへ」とか言って。

 ん? まてよ。

 おいおい、ひょっとしたら5月12日の公演だけ特別に、ジェスロ・タルが「アクアラング」の収録曲を全曲、演奏するのって……。

 ひょっとしたら東芝EMIとなんかウラ取り引きがあったんじゃないのか?

東芝EMI「イアンさん。いやね、今度ウチで『アクアラング』を売り出そうと思ってるんですがね。へへ。でね、モノは相談なんですが、来日したら1日だけ『アクアラング』DAYみたいな日を作るってのはどうですかねえ? ほら、たとえばその日だけは、このアルバム中心の選曲にするとか。や、もしやってもらえたら、ウチとしては宣伝になっていいんですがねえ、へっへっへ」

イアン・アンダーソン「ふむ。それ、僕たちのアルバムの宣伝にもなっていいよね。バンドもトクするし、お宅らもウハウハ、と? 東芝EMIはん、あんさんもごっつうワルでんなあ。ふぉっふぉっふぉっ」

 イアン・アンダーソンがそのとき大阪弁を使ったかどうかは定かじゃない。だがこんな会話を妄想し、すっかりトドメを刺されました私は。業界のどす黒さに。「俺の青春が日本に来る」ってんでせっかく有頂天になってたのに。

 8,000円も出してコンサートのチケット買ったけど、なんかよろこびが半減しちゃったよ。

 どうしてくれるんだ? >ウドー音楽事務所

 前にブログでメディア・リテラシーについてふれたとき、すべての情報には「必ず意図がある」と書いた。要はこういうことなのだ。

 来日公演にはDVDを売ろうって業界側の意図がある。すでに海外じゃ破格値で売られてるDVDを、日本ではバカ高い値段つけて予約受付するのも、プレミアム性をつけて確実に売ろうてな意図だ。

 しかも真偽の程は不明だが、東芝EMIはこの騒ぎに便乗し、CD「アクアラング」をリバイバル発売して儲けようなんて意図をチラチラさせてやがる。

 これってさ、コアなファンの人はみーんな買っちゃうよ、まじで。実際、私も買おうとしてたし。消費者はこゆテで乗せられて搾り取られちゃうんだよねえ、なけなしの金を(まあ好きなモンに使うんだからいいんだけどさっ)。

 しかし正直なところ、私自身はDVDの輸入版が「1,708円」で売られてるなんて知りたくなかったよ。

 それさえ知らなきゃ、素直に彼らの戦略にハマってすべての商品を買い、ああトクした。幸せだって気分でいられたのに。これについてはアマゾンにすべての責任がある。ぶち壊したのはアマゾンのクッキーだ。

 俺の青春を返せよな >アマゾン

【追記】(4/21付)

今日、渋谷のHMVへ行ったら、なんとワイト島のマイルスのライブがモニターに映し出されてた。DVD、出てたのね(^^; びっくりして店員さんに調べてもらったら、やっぱりワイト島のライブでDVD化されてるのはザ・フーとマイルスだけらしい。ジミヘンは出てたけど、廃盤になったとか。意外だ……。でも出せば売れそうなのになあ。フリーとか(笑)

●この記事がおもしろかった人はクリックしてちょ♪

人気blogランキングに投票!
コメント (5)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「韓流」がいつも1面トップの... | トップ | ジョニー・デップとジュード... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに、あこぎだ (秘密組合員)
2005-04-12 22:45:13
えっ、ジェスロ・タルが来日するんですか。観にいきたかったなあ、3月のREMに続いてうっかりしていた。REMはまた機会があるだろうからいいけど。



でも確かに東芝EMIあこぎだ、少し前にジェスロ・タルのCDを紙ジャケット仕様とは言え、えらく高い値段で再発していた、マニアから絞りとろうと言う意図が見え見え。



あ、それから輸入DVDの場合、日本製のDVDプレイヤーでは再生できない場合があるのでご注意ください。
来日の事情 (j-tull)
2005-04-13 00:10:24
こんばんは。トラバありがとうございます。

DVDの値段の差は同感です。バカにしてますよね~。この差額は誰のフトコロに入るんでしょうか。ただ輸入盤はRegion1ですが・・・



いくつか思ったことがあるので書かせていただきます。



今回のTULLの来日は、少なくともバンドにとっては別にワイト島DVDや「AQUALUNG」をプロモーションするためではないと思います。むしろ、日本側が最近の紙ジャケ再発の売れ行きに気を良くして、DVDや紙ジャケ再発にかこつけてTULLを呼んだ、というのが事実に近いというところではないでしょうか。

最近のセットリストから予想するにTULLはワイト島の曲はほとんどやらないはず。

「AQUALUNG」を全部やるのも、最近米国のイベントで同じことをやっていたので日本特別ではないです。「AQUALUNG」だけではなく、ファーストから1987年の「CREST OF A KNAVE」まで再発されますが、来日するのですからこれは当然だと思いますね。



TULLはギャラが高いので、ペイするためには少なくとも東京でホール級を2回はこなす必要があったのでしょう。

しかし目玉がないと2回もホールを埋められない・・・ということで日本側とTULLが合意したのだと思いますね。



Ian Andersonにとって日本のマーケットは眼中にないです。



これまで来日できなかったのはペイする見込みが立たなかったためです。今回はこれまでの紙ジャケの売上実績とDVDリリースそして紙ジャケ再発のタイミングががっちり合った絶妙のタイミングです。

たぶん、もう来日しないでしょう。(本当にリバイバルがきたら別ですが)
CDの値段も (ロケット)
2005-04-13 00:51:41
トラックバックありがとうございました。



ジェスロタルのことはよく知らないのですが(汗)、日本盤と輸入盤の値段差については、DVDに限らずCDを買うときでさえ、いつも軽くムカついてます。

それに最近やたらと多い「日本先行発売」、本国より一週間以上、下手すればひと月近く早く聴けるのは、確かに嬉しいのですけど。

どうしてもすぐに聴きたくて「日本先行発売」盤を手に取るとき、人知れず軽く舌打ちしてしまったりします。

ライナーとか歌詞の対訳とか日本盤のみのボートラとか、余計なものはいらないから、せめて2,000円を切るぐらいの値段設定にしてほしいものです。



邦楽の3,000円なんて、馬鹿にしてるのか!ぐらいの憤りを感じつつも、欲しいアルバムはやっぱり買ってしまうから、結局これもレコード会社に踊らされてる自分に対して軽くムカつくわけです。

そうやって買ったアルバムが、実はCCCDだったことに後から気づいた日には、レコード会社に無言電話掛けてやりたくなるわけです。



ほんとにもう、どうしようもないぐらい好きになってしまった女の子に、軽く足蹴にされながらも必死で貢いでるような気分になりますが、実はそれほどイヤな気分でもなかったりするので、一層手に負えません。



とりあえず音楽好きのオトコゴコロというやつも、実はかなりの確率で複雑だ、ということで。



いらっしゃい♪ (松岡美樹@管理人)
2005-04-13 09:28:11
>秘密組合員さん



そうなんです。ジェスロ・タルが来るんです!



>輸入DVDの場合、日本製のDVDプレイヤーでは

>再生できない場合があるのでご注意ください。



あららっ(^^; そうなんですか。知らなかった…(大ボケ) 安いんだけどなあ、ちっちっ。



>j-tullさん



初めまして。

今回、初めて貴ブログを拝見して驚きました。



私はタルのアルバム全部もってる、ってのが人生で唯一の自慢だったんですが、もう自慢しません。参りました(笑) 



別の記事で「これからは専門店型の時代だ」というのをテーマに書いてるんですが、私がイメージしてるのは貴ブログのような感じなんです。



>日本側が最近の紙ジャケ再発の売れ行きに気を良くして、

>DVDや紙ジャケ再発にかこつけてTULLを呼んだ



なるほど、そんな感じですかね。



>「AQUALUNG」を全部やるのも、最近米国のイベントで

>同じことをやっていたので日本特別ではないです



えっ、そうなんですか。へええ~ あの… ちなみにそういう濃ゆい情報って、どこから仕入れるんですかね? びっくりです(^^;



>今回はこれまでの紙ジャケの売上実績とDVDリリース

>そして紙ジャケ再発のタイミングががっちり合った絶妙のタイミングです



あっ、私が言いたかったのはそゆ感じです。紙ジャケ再発って私の知識不足でよくわかってなかったんですが、「背景にシステムが存在する」とか「意図」と書いたのはそういう意味です。



今後ともよろしくお願いします♪



>ロケットさん



私も中学の頃に「世の中には輸入版のレコードというものがあるんだ」って初めて知り、めちゃくちゃ安いんで驚きました(遠い目)。価格差にはまったくハラ立ちます。



>どうしてもすぐに聴きたくて

>「日本先行発売」盤を手に取るとき、

>人知れず軽く舌打ちしてしまったりします



わはは。爆笑。お気持ち、よくわかります。



>CCCDだったことに後から気づいた日には、

>レコード会社に無言電話掛けてやりたくなるわけです。



はい。無言電話というか、爆破してやりに行きたくなります(爆)



女の子のたとえは言いえて妙ですね。私らは踊らされてるわけなんだけど、そうやって「踊るのも気持ちイイ」みたいな感じでしょうか(笑) 最終的には「好きなキモチ」があれば、相手が性悪女でもいい、ってな純粋なとこありますね。音楽ズキには。



今後ともよろしくお願いします♪
TULLの情報 (j-tull)
2005-04-13 21:55:34
こんばんわ



> えっ、そうなんですか。へええ~ あの… 

> ちなみにそういう濃ゆい情報って、どこから

> 仕入れるんですかね? びっくりです(^^;



これはオフィシャルサイトにありましたね。

基本的に海外のサイトで情報を仕入れるのですが、ガセも多いので経験とカンも必要です(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

特集:私的複製はどこへいく? (Dazed Days Bootleg)
まず興味深い記事をいくつか紹介しておきます。 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/05/news055.html http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/09/news007.html 実は先日おもしろい出来事があったのだ。 まずは以下のスレッドを見ていただきた.
私の好きな音楽。今日の1曲その57。 (ひきこもり日記)
The Complete 1961 Village Vanguard RecordingsJohn ColtraneGRP 1997-09-23売り上げランキング : 5,468おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ◆今日の一曲 (試聴可能) ・Naima (Live) / John Coltrane [1961] (ディスク:3-5曲目)
DJリミックスと著作権(改訂版) (Dazed Days Bootleg)
こちらの話題からの続きです。今回取り上げたいのは DJリミックス関連。 …ということだったんだけど、メンドくせえからやめた。 オレにとって音楽製作に関する話はファンタジーじゃなくリアルな話。なので言いたいことは音で言う。 でもかなりムカついたのは事実なので
愛の証。 (←→ 一突人生 →←)
先日、友人に会いに行った時のこと。 Y宅にHMVだったかタワーレコードだったか忘
第12話 アシャンティ part2 (ブラックミュージックラブストーリー)
さてさて、第12話、はじまりはじまりで~す。 ◆50Centについて、まず知りたい人は、ココ(bounce.com) ◆第12話「アシャンティどころじゃないヒロシ」◆ すでに会社に大遅刻のヒロシだが、運悪くも、マキの電話につかまってしまった・・・・ マキは、電