すちゃらかな日常 松岡美樹

すちゃらかな視点で世の中を見ます。MMTで社会を変えよう。

フリーランスは「人間じゃない」のか? 文化レベルを露呈したTBS盗用問題の実態

2005-05-14 09:04:21 | メディア論
 TBSが公式HPのコラム35本を、なんと読・毎・朝など各新聞社から盗用していたことが判明した。しかもあきれたことにTBSは当初、「外部のフリーライターがやったことだ」とウソの発表をしていた。まったくどうしようもない会社だ。

 記事の盗用と虚偽の申告は、TBSの現場の部長がやったことだ。だがウソの報告を真に受けて発表するTBSは、内部調査が致命的に甘い。しかも部長はTBSが軽んじているらしいフリーランスの人間ではなくTBSの社員なんだから、彼らの価値観をそっくり当てはめれば「TBSがやったこと」だと断定していいだろう。

TBSホームページにおける新聞記事盗用について(TBS)

TBSのコラム盗用、執筆は部長(YAHOO! JAPAN NEWS)

 盗用した件数は発表ごとに増えるわ、「真犯人」は変わるわで、この問題についてはいつ書こうかとタイミングを見ていた。だがキリがないのでもう書いてしまおう。締め切りだ。

 まず釈然としないのは、上記のTBSによる「お詫び」の文面である。

 読者は知らずに読まされてるんだから、盗用していたすべての記事のタイトルと文面、日付の一覧をつけるだろう、ふつう。誤報をやったときには記事を特定して該当箇所を明示するでしょう? ある意味、誤報よりひどい話ですよ、これって>TBSさん

 おまけにTBSの文面には、「当初は自らの責任を転嫁する虚偽の説明を行っていたことはまことに遺憾」としか書いてない。フリーライターのせいにしましたとハッキリ明記すべきじゃないの? 公式HP上で。

 テレビや新聞、雑誌などのいわゆる「大マスコミ」では、何かあると「フリーランスの人間がやったことだ」てな言い訳が伝統化している。もはや古典芸能といってもいいだろう。まったく目も当てられない後進性である。

 そもそもテレビなんかは、外部の番組制作プロダクションがなければ成り立たない構造になっている。雑誌にしても実際に誌面を作っているのはフリーランスのクリエイターだ。

 たとえばテレビ局へ行くとフロアが番組ごとに分かれていて、制作している各プロダクションが会社単位でデスクに陣取っていたりする。雑誌だってフリーランスの席を作っている編集部も多い。なのに何かあったら「外部の人間のしわざです。ウチには関係ありません」じゃ通らないだろう。

 どだい会社組織の名の元に情報発信してるから、辻褄が合わなくなるのだ。会社として責任を取る気がないのなら、すべてのメディアはハナから署名制度にすべきだろう。「文責はオレにある」という意識でモノを作っているフリーランスの人間は多いんだから。

 なのに書いた個人の名前は隠しておいて手柄は会社がちょうだいし、何かが起こると「実はアイツのせいなんですよ」ってすごい世界だよねえ、しかし。

 このあたりは署名制度が発達し、会社組織の人間であっても「個人が情報発信している」という認識のある欧米のジャーナリズムとくらべ、意識が100年遅れている。もはや文化の問題だ。すでに落日の観がある日本独特の頑迷なカイシャ主義、士農工商フリーランスという意味不明な価値観に原因がある。

 たまには権力の不正を暴いたりして「進歩派」を気取っているが、その実、ある意味日本でいちばん文化的に遅れているのがマスコミなのだ。

 その証拠に私が見聞きした範囲では、TBSは「犯人」の部長(47)の名前を公表していない。前回のエントリーではJR西日本の記者会見場で名を名乗らなかった読売新聞の記者を取り上げたが、根はまったく同じだ。

 まずはフリーランスのせいにしよう。その堤防が崩れたら、今度は「会社」の傘に隠れよう。こうして「個人」は限りなく厚い組織の襞に隠れていく。マスコミの隠蔽体質はこんな構造になっている。

 まあふだん取材で危ない橋を渡っているから防衛手段が発達するわけだが(笑)、手管を使っていいときと、使うべきじゃないケースは明確に分けて考えるべきだろう。

 これじゃあ「名前を暴いてやろう」って人が出てきても、それを止めるだけの「理」がマスコミの側にはなくなってしまう。内部で自浄作用が働かないなら外からチェックしよう、って流れになっちゃうでしょう。

 現にさっそく「サイバッチ!」が実名を公表しているが、未確認情報だしあえてリンクは貼らない。「サイバッチ!」は、「90パーセント以上まちがいない」だの「ただし同じ年齢の部長があと数人いる」(いかにもサイバッチらしい・笑)だの、あやふやな前置きを並べるヒマがあったら、書く以上はウラを取れよ。もしまちがいだったらとんでもない話じゃないか。

 さて、ここまでは同義的責任について述べてきた。だが今回の事件には、法的な問題もある。現状、どの記事がどんなふうに盗用されていたかが明らかにされてない。だから判断のしようがないのだが、これって著作権法違反の可能性があるんじゃないの?

 もちろん著作権法は親告罪だから、著作権者(被害にあった新聞社側)が告訴しない限り罪には問われない。だが仮にこのままマスコミ同士のナアナアですんだとしても、読売記者のケースとちがってTBSは違法行為の構成要件を満たしていた可能性があることを自覚すべきだろう。

 TBSは自社のHPで「今後、厳正に対処いたします」などと、あたかも終わったことのように書いているが、コトは限りなく重大だ。

 おまけにこの部長はフリーランスという個人の人権をまるで認めていない。その部長はTBSという組織に属している。とすればこの場合、部長=TBSだと解釈できる。さて、そこで疑問がある。

 たとえばもし仮にくだんの部長が新聞の記事ではなく、ブログやHPみたいな個人の文章をバクっていたとしたらTBSはどうしただろう? 今回みたいに自社のHPで「松岡美樹さんのブログ『すちゃらかな日常』から盗用しました」(笑)とお詫びを掲載するのだろうか? またその場合、世間は騒いだだろうか? 「たかがブログだ」で終わっていたにちがいない。

 つまり今回の事件は「個人」ではなく新聞社という「大組織」の記事を盗用したから騒動になったわけだ。

 不正な行為を働いた組織の中の個人は、フリーランスという組織の後ろ盾のない個人のせいにする。で、バレると今度は会社集団の中に隠れる。おまけにパクったのが「個人」ではなく「組織」の持ち物(新聞の記事)だったからこそ騒ぎになった──。

 すべては個人とカイシャという、日本文化の問題に帰結していく。

 最後にもうひとつおまけだ。

 読売新聞は5月13日付の社説で「お粗末」「著作権侵害だ」「あきれてしまう」などと口をきわめてののしっている。

 だが、あきれてしまうのはこっちだ。あなたたち、人のこと言えるんですかぁ?(笑)。ののしりながらも社説の文末で「私たちも、自戒したい」なんて1行を付け加えているのが、とっても笑えるんですけど。

 これってひょっとしてギャグなの?

●この記事がおもしろかった人はクリックしてちょ♪

人気blogランキングに投票!

(追記)「サイバッチ!」の実名報道について加筆した(5/14)
コメント (40)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« JR西日本を恫喝した「髭記者... | トップ | ジェスロ・タルでタイムスリ... »
最新の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KM)
2005-05-14 10:51:42
>フリーランスのせいにしよう

フリーターも同じようなものです。

「フリーターのせいだ!!(『俺は』悪くない!!)」



ただ、フリーターは、企業にとっては『固定費を流動費にできる』使い勝手がいいという理由でがんがん増やしているのが今の現状です。

そのせいか、フリーターはすでに内閣府定義で400万人を超え、ある統計によると平均して5人に一人だそうです・・・。

そして今後もアルバイトを増やしたい人が減らしたい人より多いそうで。

これではたして「~のせいだ!!」などといえるのでしょうか?

「そんなに増やしたの、だれ???????」



そしてなにより、フリーター派遣を増やしている影響で引継ぎがうまいこと行かない、というのが多くて困ります・・・。

そういう私もフリーター派遣のものですが・・・。

-----------------------------

http://left13.jp
はい、同じです(笑) (松岡美樹@管理人)
2005-05-14 11:10:15
>KMさん



お書きになっていること、

すべてフリーランスにも当てはまります(笑)

ん? そ、そうか、フリーターとフリーランスのせいなのか?(爆)
派遣・・・ (KM)
2005-05-14 11:34:52
>ん? そ、そうか、フリーターとフリーランスのせいなのか?(爆)

・・・ん、んなパカな・・・。



そして、フリーではないですが、下請けのディレクターの方もブログをされておられるようです。

http://elmundo.cocolog-nifty.com/elmundo/



そして、こちらのHPでも実名に言及されているようです。

http://blog.livedoor.jp/tomabechi1/
Unknown (KM)
2005-05-14 13:12:01
そんで、私からの大胆提案をひとつ。



み~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んな、

『不利ーたー』と『不利ーランス』にしたったらいいんですよ(待て)

昔の社会構成もこうなっているところが多かった、という話もありますし。



・・・って、だめですか?(ぉ)
ギャグ (JEFF)
2005-05-14 14:04:05
奇遇ですね。あれは僕もギャグだと思いました。



ところで、TBSは、スポーツの取材に行かない人にスポーツのコラムを書かせていたようですね。

「そりゃネタに詰まるよねー」と、スポーツ系の物事を書いている僕は同情しました(盗用はいけないけど、境遇には共感するものがある)。

個人に対するペナルティと言うプレッシャーが、JR西の事故を引き起こしたように、企業の中での自分の立場からコラムを書き続けなくてはならないというプレッシャーで盗用が起こってしまったのなら、なんだか複雑ですよね(残念なことに、盗用したものの胸中が聞けないから余計にもやもやする)。

明日は自分がそのような事件に繋がるプレッシャーを与えられるかも、と思ってみると、「まあ、フリーランスは気楽だ、もっとフリーランスでいようか、就職が怖い」と、心が乱れる訳ですよ。
スポーツの取材をしてない人間にスポーツを書かせてどうする<同意です(笑) (松岡美樹@管理人)
2005-05-14 19:05:08
JEFFさん、こんにちは。



おっしゃる通り、スポーツの取材をしてない人間にスポーツを書かせてどうする? って感じですよね。これはTBS内部の適正配置の問題です。なぜそういう人事をするんだろう? と非常に疑問に感じます。その意味も含め、TBSには責任があると思います。くだんの部長は、かなり追い詰められていた可能性すらありますね。



ただしそのことと、自分の「犯罪」(あえてこう書きます)を他人のせいにすることとは、まったく別の問題です。私はこの部長には、同情の余地などまったくないと考えます。



またTBSにしても、いったんは「フリーランスがやったことだ」と発表していますね。この発表をしたTBS側の意図は何か? 「ああ、社員じゃなくてよかった。フリーがやったんだから、ウチは助かった」。そんな心理は働いていなかったのか? 実は部長とTBSは当初からグルで、フリーのせいにして事態をやりすごそうとしたのではないか? とさえ私は勘繰りました。で、それでは収まらなくなったから、TBSは次に現場の部長という「第二のトカゲのシッポ」を切ったのではないか、と。まあ下衆の勘繰りだとは思いますが(笑)。



とはいえTBSがフリーランスを軽んじていることは明らかです。でなければ発表で「フリーランス」という言葉を使う必然性などないわけですから。責任の所在を明らかにし、説明責任を果たすためなのだとしても、「TBSが報道機関として責任をもって仕事を依頼し、それに応じて執筆した人物がやった」ということですから。TBSが責任を免れる余地はまったくないです。今回は私、かなり怒ってます(笑)



それではまた。
責任のアウトソーシング (それでも地球は回る)
2005-05-14 23:39:10
TBいただき、来てみました。フリーライターに責任をなすりつけようというのは、外注の多い昨今、トラブルがあるとよく使う手だと思います。

業務のアウト・ソーシングの場合でも、外注先には(当然ながら)「ミスは許されないよ」とプレッシャーをかけつつ、いざ事が起こると客先に「外注の者がしたことで、管理不行き届きでした」等と謝り、外注先を取り替えることで責任を取ったかのような対応を見せることが多いです。

ある種の無責任社会が拡がりつつあるような気さえします。
TBSの体質が問われている (犬尾太)
2005-05-14 23:41:53
トラックバックありがとうございます。

くわしくは私も書きづらいのですが、TBSには「社員至上主義」がはびこっているみたいです。かつては民放の雄ともてはやされた会社ですから、フジテレビやテレ朝よりも、ずっとずっとプライドの高い社員があつまってます。おもに東大閥、慶応閥でライン形成するTBSでは、東大クン、慶応クンが、それ以外の大学卒の社員をバカにし、もちろん下請け制作プロダクションの連中はイヌ並みの扱い扱いだとか。くだんの担当部長は、そんなTBS的トレンドのもとで、30代のフリーライター氏を犯人に仕立て上げ、逃走しようとしたわけですよね。

ホントに書いてるだけでもムカつく事件です。

Unknown (松永)
2005-05-15 00:04:32
裏をとらないのがサイバッチですからね(笑)

そのかわり誤報があったら即訂正する。

裏は読者自身が取れ、という態度はある意味潔いですね。
TBありがとうございます (lok)
2005-05-15 00:29:52
最初にこの記事を読んでそもそも自社HPに掲載しているコラムでタイトルが“編集長”コラム。

その“編集長”コラムが外部に委託されている事態が問題かと思っていました。

まぁ調査の結果、盗用・擦り付けのオンパレードになってっしまいました。

読売新聞などマスコミ全体がJR西日本の前にマスコミ体質を告発、見直す時期だと思いますが

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア論」カテゴリの最新記事

34 トラックバック

二項対立がもたらすあれこれのお話 (FIFTH EDITION)
今回のコラムは以下の四つの記事をお読み下さってから お読みいただけると助かります。 松岡さんの「すちゃらかな日々」から二本、 JR西日本を恫喝した「髭記者」の実名にたかるブログ・スクラム フリーランスは「人間じゃない」のか? 文化レベルを露呈したTBS盗用問.
TBSのHPのコラム盗用は2001年から (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
TBSの公式HPに掲載されているコラム「DUGOUT(ダッグアウト)」が、読売新聞などのコラムを盗用し、記事を掲載していた問題は、編集長が架空のライターに罪を擦り付けていたことと、読売新聞以外に毎日新聞や朝日新聞などから計17件の盗用が明らかになりました。
読売新聞のドタバタ劇 (プログレッシブな日々)
YOMIURI ON-LINE / 社説・コラム [TBS盗用問題]「報道倫理に対する背信行為だ」 過度の引き写しは、盗用にほかならない。元の記事やコラムの下地となった筆者の取材、創意工夫、ジャーナリズム精神までをも踏みにじることになる。 私たちも、自戒したい。 自戒
TBSのコラム盗用 (フクロウの月見ブログ)
TBSのコラム盗用、
TBSの部長がコラム盗用 (それでも地球は回る)
TBSのコラム盗用、執筆は部長…3紙から計17件も YOMIURI ON-LINE TBSコラム盗用問題、合計17件に TBS News-i Excite エキサイト : 社会ニュース TBS コラム盗用は35件 NHK News TBSの公式ホームページのコラム「DUGOUT」の記事が、新聞欄等か
だからTBSの体質でしょ? (貯めたり溜まったり)
TBSの盗用、さらにコラム18本で25件 (読売新聞) - goo ニュース 左巻きは擁護してください 調査報告が正確だとか 正直に不正を認めているとか
TBSのコラム盗用 (otona blog)
TBSのコラム盗用、執筆は部長…3紙から計17件も  TBSの公式ホームページ(HP)のコラム「DUGOUT(ダッグアウト)」が読売新聞のコラムを盗用した問題で、TBSは11日、盗用は本紙の記事やコラム計5件のほか、毎日新聞11件、朝日新聞1件の計17
何様俺様社員様、TBS (不完全燃焼系漂流人生)
<TBS>記事盗用は17件 部長が外部筆者に責任転嫁 | Excite エキサイト : ニュース <TBS>新たに記事盗用22件 計39件に | Excite エキサイト : ニュース  TBSの記事盗用事件は外部のフリーライターがやったのではなく、TBSテレビ編成制作本部スポーツ局
締め時刻に追われて無理実行? (もののけ電波塔・ブログテスター)
『遅れを取り戻せて一人前。スピードを上げ、ブレーキ(を掛ける場所)を遅らせ。』‥回復運転の実行できる場所、できない場所を先輩運転士から教えてもらっていたとの話を代わりに話す、事故を起こしたJR西運転士さんの友人。 かたや、ネタの枯渇を“回復”(補填)すべく、新
ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 (雑談日記 <font size=\"3\">(徒然なるままに、、。)</font>)
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」
相次ぐ企業不祥事・・・TBSのコラム盗用 (だんなの屋根裏部屋)
JR西日本の脱線事故で企業体質が問われている今、今度はTBSでコラム盗用という不祥事が発覚しました。問題のコラムは、TBS公式サイトのスポーツ系のコラム「DUGOUT」です。現在はコラム自体アクセスできなくなっていますが、Googleで検索するとキャッシ
TBSグループ内には、引用できる記事が無かったんですか? (ヤースのへんしん)
TBSのホームページ内コラム「DUGOUT」で、他社の新聞記事が盗用されていたと報じられている。それも、盗用したのは「DUGOUT」責任者である同社の担当部長であったにもかかわらず、フリーライターに身
読売のコラムをTBSが盗用 (本日の出来事~あれこれニュースショー~)
 読売の夕刊コラム「よみうり寸評」を素敵だなぁ、と思ってしまったらしいですよ。TBSのHP、読売夕刊コラム盗用…おわびし削除 TBSの公式ホームページ(HP)に掲載されているコラム「DUGOUT(ダッグアウト)」が、読売新聞の4月25日夕刊の1面コラム「
ボウリングをしていた事が悪いのであれば、フジはどうなる (本日の出来事~あれこれニュースショー~)
 JR西日本の社員が、事故がおきていたことを知りながらボウリングをしていた問題。マスコミは、また一つ叩く材料が増えたと喜び、JR西日本叩きに必死だ。 僕は、この問題についてはここまで大きく報道する問題だろうかと考えている。トップで出すようなニュースではな
正義は今どこに (お気楽極楽ブログ)
TBSのコラム盗用事件は無性に腹が立つ。 別にコピペ(盗用)は、100...
俺も彼も同類(失礼) (踊る新聞屋-。)
 やってしまった。売り言葉に買い言葉と言えばそれまでだけど、あるお役所の部長さんと電話でバトルした。「あな たの記事はウソばかりだから取材は受けたくない」と仰
ブレーキ早目、でもダイヤも遅れちゃダメダメ? (もののけ電波塔・ブログテスター)
5月15日付『中国新聞』朝刊「社会」面に載ってた“事故車両「ブレーキ甘い」”(*1)の後ろの方に付いていた、JR西日本広報室の話。 (web上の記事には載っていなかったので、他地域のために評論を加えながら打ち込み) 『車両が異なればブレーキに多少の差が出てくるのは当然
TBSのWEBサイトでのコラム盗用は17件、外部ライターでは無く部長の犯行 (H2 STUDIO)
 他人の文章を盗用するだけではなく虚偽の説明をしていたわけか。発覚して謝罪どころ...
TBSのコラム盗用、みのもんた氏どうする? (ヤガマニアとMy-favoritethings)
TBSのコラム盗用、執筆は部長…3紙から計17件もTBSさん、どうしたのでしょうかね?JR西日本を叩く時には、たいそうにしていましたね。自分たちの不祥事はどうなさるおつもりなんでしょうか?当然、ワイドショーで特番打って、みの氏が辛口にコメントするのでし...
JR西日本社員 (つるつるいっぱいの宇宙)
☆☆☆(マイナス3) 福知山線の事故があった日の夜や翌日に、JR西日本の社員が宴会やゴルフ、ボウリングをしていた… などの醜聞が次から次へと明らかになっている。そして、JR社員に対する暴言や暴行が相次いでいるとの報道もある。  もちろん事故を起こした会社と
TBSの盗用・隠蔽について (斜め下45度から)
<I>TBS部長が新聞記事17件盗用・「外部執筆」と偽る  TBSの公式ホームページのコラムが新聞記事を盗用していた問題で、同社編成制作本部スポーツ局の担当部長(47)が、読売新聞や朝日新聞、毎日新聞の計17本の記事を盗用し、コラムを執筆していたことが11日、わかっ
第二次記者クラブ訴訟と私の陳述書 (札幌から  ニュースの現場で考えること)
私の友人でもあるフリージャーナリストの寺澤有氏が、裁判所での判決取材に際し、裁判所から判決要旨の配布を拒まれたのは違法であるとして、第二次記者クラブ訴訟を起こしている。 訴訟については、ココ(ストレイ・ドッグ)が詳しいので、まずはそちらを。簡単に言えば
フリーランスを隠れ蓑にするマスコミ (Dragonfly\'s blog)
TBSの盗用問題で盗用をフリーランスのせいにしたのが見事にばれて問題になりました
[ゴーログ]TBS盗用問題にみるマスコミの現状 (週刊!木村剛 powered by ココログ)
 皆さん、こんにちは。木村剛です。最近ひそかにマイブームだった「すちゃらかな日常
官僚化 (JN2FSE)
いろいろな組織で官僚化が進行しているようです。官僚的なるものの特徴は,下には希望
♪フリー・ランス (404 Blog Not Found)
もと歌は以下のアルバムの6曲目。柏原版はこちらの11曲目。 御色なおし 中島みゆき ギョーカイのみなさまに。...
実名報道すべきはTBSの泥棒嘘つき部長・Acky小林だろ! (マスコミ不信日記)
筑紫哲也はなぜTBS盗用問題を検証しないのか(5/16 日刊ゲンダイ)  前述のオウムビデオ問題では、「TBSは死んだ」とまで発言しながら、そのまま居座って世間から総スカンを食った“前歴”がある。そのトラウマから、「身内の問題はノータッチ」とでも決めたのか。
所詮、Webや新聞を見下していた証拠のTV屋の行動 (永遠(とわ)のベータ)
マスコミの傲慢。人を人と思わない報道関係者
♪××が止まらない (404 Blog Not Found)
もと歌は以下のアルバムの1枚目の6曲目。 ANRI the BEST 杏里 オリビアならぬ芸能ネタとギョーカイネタを聞きながらEntry. 杏里さんごめんなさい。...
[ゴーログ] 上司の最低限の役割は責任をとることである (週刊!木村剛 powered by ココログ)
 皆さん、こんにちは。木村剛です。5月18日のゴーログ「TBS盗用問題にみるマス
初めに (オンラインジャーナリズムの考察)
はじめまして。この度中央大学FLPの「ジャーナリズムプログラム」のゼミの一貫でブログを書くことになりました。テーマはずばりオンライン・ジャーナリズムについてです。ただし、オンライン・ジャーナリズムと一言で言っても非常に幅広いので、このブログではライブドアPJや
契約 解除 (s blog)
本文は「契約 解除」に関するニュース、ブログ情報を紹介しています。
「コピペ」文化?~盗用・剽窃がもたらすもの (incompleteness thinking)
前回に引き続き、文化におけるコピーライトと\"オリジナル\"の関係について考えてみたいと思います。 前回の文章では、昨今過剰に評価されている(ように思われる)\"100%オリジナル\"という価値観をとりあげて、このような価値観が創作の実態とも合わないこと、また私たち
★継ぎはぎドラマ\(^o^)/ (★恋人という名の猫★猫とArtとetc・・・)
★あり得ない偶然(ーー゛)でUPした記事は大変反響があり、コメントやメールを下さった方々有難うございます。 そしてBlogで知り合ったハワイ在住のくろねこさんが 「偶然という名の罪」 EXTRA*EXTRA! というタイトルで大変説得力のある記事をアップして下さったの