マツハウ日記♪

何気ない日々の出来事を書いていく予定です(^o^)/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ引っ越しのご案内(*^_^*)

2018年01月18日 | 日記
みなさんこんにちわ

いつもマツハウ日記をご覧いただきありがとうございます

この度不動産部のHPを作り替えました

それにともないブログも新しい物に変更することとなりました

こちらのブログも過去ブログとして閲覧することは可能ですが、今後はこちらをごらん下さい

http://www.matsumura-house.co.jp/blog/

ちなみに不動産部のHPのトップはこちらです

http://www.matsumura-house.co.jp/

近いうちに建築HPのブログも新ブログにリンクをはりかえますので宜しくお願いします

(株)マツムラハウス!!!!建築部、不動産部ともにますます頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします
コメント

2018年スタート!!!

2018年01月08日 | 日記
あけましておめでとうございます

2018年も始まりましたね

わたしは元旦に友人達と琴石山登山をして、初日の出を拝んできました

早朝5時に友人達とスタートして約2時間

日頃の運動不足もあり、かなりしんどかったです

しかし頂上で友人達と初日の出を見ることができ、疲れも飛んでいくくらい素晴らしい時間を過ごすことができました

ほんとに登る時はしんどいですが、ぜひ来年以降も続けたいなと思いました

ぜひ柳井市の方は一度元旦登山にチャレンジしてみてください

さてマツムラハウスのほうは、1月5日から仕事はじめです

早速1月27.28日と柳井市で完成見学会もございます

【落ち着いた空間】をテーマとした和を感じる大人なおうちとなっております

マツムラハウスのおうちは断熱性能には特にこだわっておりますので、寒い真冬にこそあったかいお家を体感していただくことができます

ぜひ高性能なおうちとデザインを体感しにきてください

またチラシ等アップしますのでお願いします

それでは今年も(株)マツムラハウス、よろしくお願いします







コメント

住んでみて分かるもの その2

2017年12月21日 | 日記
こんにちは

前回ブログで書かせて頂いた内容の続きになります

えー、前回は【2020年から住宅のルールが変わる】【UA値という断熱性能を表す言葉を覚える】という内容でしたね

では今日は【2020年の基準をクリアするだけでは快適ではない】と言った内容のお話しをしてみようと思います

前回のおさらいですが



わたしたち山口県は2020年基準としてUA値0.87以下とすることが義務でしたよね

それに対して私が標準的におすすめしているのは【UA値0.43~0.5】です

なぜこの性能をめざしているのかといいますと、【HEAT20】という基準が関係しているんです

なんだHEAT20って

ほとんどの方がそう思う事でしょう(笑)

それでは簡単にせつめいしますと,,,,

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。
その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。


というものなんです

こちらがURLですので興味ある方はぜひ

http://www.heat20.jp/index.html

まぁ本当に簡単にいうと、日本の未来を見据えた家造りをするために日本のトップの研究者や住宅関連の有志が立ち上げたものなんです

日本の住宅断熱性能が世界から大きく遅れをとっている事を危惧され、未来の日本のために創られたものなんですね

そしてその【HEAT20】が各地域において本当に快適に暮らすための基準も決めています

こちらをごらんください



山口県では【G1=UA値0.56以下】【G2=0.46以下】となっております

まさにこの基準をマツムラハウスでは標準仕様とし、すでに0.46以下の建物も複数建築しております

本当の快適性をもとめた家造りをすすめていくこと、これが私たち家造りのプロに必要なことだと思います

夜リビングのエアコンを切って、朝起きたときのリビングの室温みなさんはどれくらいですか

わたしの実家は5℃くらいの時もあります

しかし実際にG2基準で建築したお客さんではなんと15℃をキープしていたという実績もございます



お家がしっかり断熱され温度差が少ないことで健康改善にもつながります

どうかお家を検討される際にはデザインだけにこだわるのではなく、しっかりとお家の性能についても検討してみてください

車と同じでおうちも性能を表す基準ができております



こういったものもきちんと取得され、健康・快適・未来においても資産価値のあるおうちづくりをされることをおすすめいたします

長文となりましたが、ありがとうございました








コメント

住んでみて分かるもの

2017年12月16日 | 日記
こんにちは

今日は久しぶりになるんですが、マツムラハウスの家づくりについて少し書いてみようと思います

と、言いますのも最近ちょくちょく問い合わせ等で聞かれることが多くなってきたことが

【マツムラハウスさんは住宅性能にこだわっていると聞いたのですが】【ZEH(ゼッチ)が標準仕様でいくらくらいしますか?】などなど住宅性能やZEHについてなどの質問が増えてきているんです

わたし自身家づくりにおいて【住宅性能】や【暮らしごこち】にはかなりのこだわりをもって設計にあたっておりますのでうれしいことでもあります

と、まぁそんな理由もあり今日はわたしのこだわっている家づくりについて簡単に説明してみます

すべて話すとかなり長いものになるので、今日は【断熱性能】【これからの日本の目指すべき家】について触れてみようと思います

まずはこれからお家を建てたいなと思っている方には大前提として知っておいてほしいことです

2020年から日本の家づくりのルールが大きく変わる予定だということです

いままで日本のお家には省エネ性能に関しては義務付けられたルールはありませんでした

これって世界を見てみると本当に不思議な話なんですよね

日本の家って非常に進んでいるように思っている方も多いですが、実は大きな間違いなんです

とくに省エネ、断熱性能に関しては本当に世界から遅れをとっているんです

そこでようやく省エネ義務化ができるのが2020年からです





すこし見づらいかもしれませんが、こういったロードマップもきちんと国から示されているんです

まずはこういったルールができるんだということを覚えておいてください

しかしこういった義務化を説明してくれなかったり、知らずに今建築してしまうと約2年後の2020年にはせっかくのマイホームの資産価値が大きく下がることも懸念されています

まだ先の話だからと思わず、しっかりと未来を見据えた家づくりが大切なんですね

ちなみにこの基準ですが、もちろん建てる地域により基準が違います

たしかに北海道と沖縄が同じ断熱基準ではいけませんよね

それがこちらです



わたくしが主に仕事をさせてもらう山口県は6地域という区分になります

ちなみに各地域に定められた外皮性能を表すものが【UA値】というものになります

この【UA値】が低い数値ほど住宅の断熱性能が高いということになります

ですので山口県の6地域では2020年以降に新築しようと思うと最低限必要なのは【UA値】0.87ということになります

なるほどー【UA値】0.87をクリアすれば省エネ住宅なわけね

,,,,いえいえ、実はそうではないんです

この数値はとりあえず2020年にいろいろな工務店や大手ハウスメーカーがクリアしやすいようにかなり甘く設定されているんです

この数値では本当に快適な住環境は難しいとわたしは考えております

ちなみにマツムラハウスが今現在、標準的に設定している【UA値】は0.43~0.5です

2020年基準の0.87の約半分くらいを標準として提案しております

非常に難しくマニアックな話になってきたので、今日はこのへんまでとして、次回はなぜその数値を目指すのかなどの具体的なお話を書いてみようと思います

今日のところは、【2020年基準で家づくりが変わる】【UA値は覚えておく】ということを理解いただければと思います

長文を読んでいただきありがとうございました







コメント

新築施工例R様邸★

2017年12月12日 | 日記


一段と寒くなってきて、柳井市でも初雪が見られましたね

先月完成致しました周南市の新築です




今回はこちらの都合と忙しさにより完成見学会を行いませんでした

寒くなり、お子様もまだ小さいのでお引っ越しだけで凄く大変だと思います

でも、冬だからこそ快適な暮らしが身にしみて分かると思います







お家の至る所に、施主様の好きなキャラクターの壁紙をはっており、とても可愛い空間となってます



個性のある、自分のこだわりのあるお家が建てられるのも、工務店・注文住宅の良いところですよね






施主様、おめでとうございます

これからもよろしくお願い致します

コメント