「まっちゃん」日記~「市民派県議をめざして」かぬま・あわの活性化大作戦 サードステップ実施中!

「つながる」かぬま運動展開中。政治をより身近なものにするために、私の活動近況等を公開させていただきます。

本県「教員の働き方改革」に想う

2019-01-09 08:02:42 | Weblog
県議会では、平成31年度予算及び政策に関する要望の作成に取り掛かっています。さて、本日下野新聞朝刊1面にも掲載がありましたが、県教委では教職員の働き方改革の指針となる「学校における働き方改革推進プラン」をこのほど策定しました。月の時間外勤務(残業)80時間を超える教員をゼロとすること等が目標とのことですが、中教審が残業の上限時間を月45時間以内とする指針案を了承することを踏まえると、本県の上限時間目標はまだまだ改革とは言えない状況です。県教委のアンケートによりますと、「過労死ライン」と言われる月残業時間80時間以上を超える教員は、平日だけで17.5%に上ります。正直、教員業務の増大もあり、この数値は異常です。県教委では2019年度からの3年間で実施することとしていますが、プランの背景にある現場実態をもう一段分析し、対策を講じてほしいと考えます。県議会としてもこのプランについてしっかりと内容を検証し、真の働き方改革につながるプランとなるよう、提言をしていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第248回「つながる」かぬ... | トップ | イノシシ捕獲実証実験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事