松戸シニアアンサンブル”アモーレ”

主として中高年のメンバーがアンサンブルを楽しんでいます。練習に参加できる方はどなたでも入団できます。

今日の練習(1月7日)

2019年01月08日 16時30分18秒 | Weblog
        明けましておめでとうございます。

今日は2019年の練習はじめ 場所はいつもの大会議室。団員同士で「明けましておめでとうございます」の挨拶が飛び交っていた。4月7日の定演まであと13回の練習を残すのみ 今日のブログ担当はクラリネットのFさん(ブログ名 H.Fさん)です。ではどうぞ

         ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は新年最初の練習日。4月7日の第6回定演まであと3カ月となり、本格的な仕上げ練習の初日ですが、全員集合とはならず、3名の欠席者がありました。昨年末最後の練習日の6名より少なかったが、本日はキーボードの方が2名お休みだったので、本日の練習には少なからず影響がありました。本日の練習で指摘された注意点、問題点、課題について、個別に各担当者に指摘された点は別にして、全般的な事項を練習順に下記要約しました。

1. ラデツキー行進曲
冒頭のテンポは重くならないようにとの注意。目立つピッコロはともかく、他ももっと出すように、特に弦楽器はfのところをffにする。行進曲らしく、スタカットは明確に。(元旦のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートのラデツキー行進曲については後述)

2. アラビアのロレンス
最初のテンポを合わせること。ディミニエンド、クレッシェンドをはっきり出し、メロディは魅力的に聞こえるように。

3. いそしぎ
頭の音にアクセントを意識して付け、音を抜く。2分音符は全部伸ばさない。
3連音符の部分は早めに入る。2拍目の裏から入るフレーズはリズムに合わせて入る。ディミニエンド、クレッシェンドのメリハリをつけること。

4. モーツアルト交響曲25番
pとfの差をはっきりさせるため、クレッシェンドは思い切りはっきりと出す。弦楽器はよくなってきたが、強弱をもっとつける。

5. 祝典行進曲
(本番ではステージに入場次第、案内のアナウンスなしにすぐ演奏することになった。このため1小節目の出だしを間違えないように要注意。トリオのリピートがすべてなくなったので折り返しの1小節目の出だしにも注意。)本日で3回目の練習ですが、リズム感とボリューム感が一致して良くなった。

6. 太陽がいっぱい
フレーズとフレーズの間はブレスをいれる。Iから憂いをこめて演奏すること。クレッシェンド、ディミニエンドの区別を明確に。譜面はやさしいが、良い音色を聴かせることが一番重要。

<休憩>

7. ニュルンベルクのマイスタージンガー
テンポの変化が随所にあるので、強弱だけではなくテンポの変化に注意する。強弱ではアタックを強くすること。部分練習の後、演奏時間を計測するため、冒頭から通した結果、10分30秒の長さになった。この曲については、まだ、細部にわたり問題点が多い。
本番まであと練習は10回しかありません。マイスタージンガー以外はあまり心配していませんとのことですが、どうしてもできない部分があれば事前に申し出てくださいと指揮者より要望がありました。

(2019ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートのラデツキー行進曲)
元日恒例のNHK(Eテレ、FMラジオ)ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートについてはご存知かと思います。毎年は見ませんが、ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートの最後はいつもラデツキー行進曲を演奏するので、何年かぶりで4時間のコンサートで最後の1時間ほど視聴しました。このコンサートはウィーン楽友協会大ホールからの生中継で、世界屈指の音響を誇る黄金のホールで開催される年に一度の音楽の祭典です。

今年のコンサートには話題の指揮者といわれるティーレマンがニューイヤーコンサートに待望の初登場し、美しく青きドナウなどウィンナ ワルツやポルカの名曲を演奏(大ホールのステージ外でのダンスの映像も放映)。

最後のラデツキー行進曲は小太鼓のドラムソロで始まり、オーケストラの演奏が始まると指揮者はpの場面では観客の方を向き、人差し指を口にあて、観客の手拍子を小さくするようなジェスチャーをし、fの場面では手を大きく振って手拍手を鼓舞していました。指揮者はオーケストラを向いているより観客を向いている方が多かったようです。さすが欧州屈指といわれるウィーン・フィルのすばらしい演奏は申し分なく、大変参考になりました。

H.F

<連絡事項>

1.総会:2月26日(火)リハ室 10:00-10:30

2.役員会:1月21日(月) 13:00-15:00

3.ブログ担当はFさん(クラリネット) 次回はMさん(KB)

4.次回練習日:1月21日(月)大会議室

5.「タラのテーマ」(再編曲版)が配布された。次回必ず練習するので譜読みしておくこと。


WAKA




初日の出と富士山(元日のテレビ放映画面から)

日の出間近か


ダイアモンド富士


輝く雲海


太陽が姿を現した


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ♪明けましておめでとうござい... | トップ | サンシティアンサンブル第7... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
🎍🌅🎍 (NORI)
2019-01-08 17:56:04
皆様、今年も宜しくお願い致します🎵

最初の二枚の写真の富士山🗻、この色の富士山は、はじめてみました✨✨✨✨ 綺麗ですね✨

今回のブログ、練習の注意点が解りやすかったです😃 曲を完成させる為には、その曲の色、表情、強弱、フレーズの終わり方まで、神経を張り巡らせてこそ、伝わるものなのですね❤
フォルテを何も考えずに弾いてしまうと、乱暴な音になってしまうし、かすれた音になってしまうし、簡単な楽譜と油断してるとフレーズの終わり方が乱暴になったり、ピアノだからと縮こまって弾いてはダメだし、日々、勉強です🎵 これは、私がいつも Vnのレッスンで注意されることなのですけどね😅 今年も元気で、練習に参加しますね🙆🙌🙋
今年、最初のコメント、チョット長くなっちゃいました😲

では、次回の練習、楽しみにしてます🎵
今年もよろしくお願いします (Mayu)
2019-01-08 23:18:36
明けましておめでとうございます
今年最初の練習、盛りだくさんでしたねもう直ぐコンサートだし、頑張らなくちゃ、ですね
H.Fさんの書かれている通り、ウィーン・フィル素晴らしいですよね。fは力強いけど美しい、pは微かなのにしっかりとメロディを刻んで〜ため息が出てしまう
今年も、先生、アモーレの皆さま、よろしくお願いします
Unknown (WAKA)
2019-01-10 16:58:30
NORIさん、Mayuさん

今年もコメント一番乗り(NORI)はお二人でしたね
その調子で今年もこのブログを盛り上げてください
よろしくお願いします

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事