少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

長くて軽い

2018-05-24 | 打つ
ベイスターズとカープにちっとも勝てない、
ジャイアンツ。

昨日は、テレビ着けた瞬間、
他のチャンネルに

この前のベイスターズとの三連戦も負け越し。
しかも、4番にホームラン打たれ過ぎ

もうちょっと、何とか出来ないのか?
って感じですが

さて、忘れそうですが、
この三連戦の初戦は、エース菅野で勝っています。
しかも、菅野投手のホームラン付き。

出かけていたので、車のラジオで聞いてました。

その日、帰宅して、
今度は録画していたゴルフのレッスン番組を観ていたら、
視聴者からの質問コーナーで、
飛距離を出す為には、ドライバーのヘッドは重い方が良いのか、
軽い方が良いのか?って質問。

答えは軽い方が良い
これにはちょっとビックリ。

ヘッドが重い方が遠心力が効いて距離が出そうな
気がしません?

ヘッドが重く、シャフトが長いドライバーを購入して、
当らないから、シャフトを短く切ってしまい、
重くて、しならないドライバーに成って飛ばなくなる。
軽くて、長いシャフトでしならせて飛ばしましょうって言ってた。

そう言えば、自分で買った中古のドライバーより
会長に貰った最新のドライバーの方が全然軽いです。
こんなんで、飛ぶのかよ
って思った。

そして、翌日の朝刊
アップした写真の文章が分かるでしょうか?
菅野投手は、メーカーに軽くて、長い、飛ぶバットを注文しているそうです。
長いのは分かるけど、軽い方が良いだ。

長距離タイプのバットは、トップバランスなので、
重さを感じて、それで、打つって思ってた。

最近は、スポーツ屋さんに行っても
バットなんて見ないからなぁ。
変わって来ているのかなぁ。

最近の長距離タイプは軽いの?

そうしたら、軽いバットをバンバン振らせて
速筋を鍛えた方が良いのか?

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

10年

2018-05-23 | その他日常
昨日、娘が帰宅するなり
「これ観たいんだけど。」って
「珍しくカーブに勝ってるから、
終わってからね

ももクロちゃんが10年目だそうで
記念のベストアルバムを買って来て、
それに付いていた特典映像を視聴。

特典って言っても10年分ですからね
その長さ、約3時間

結成時は小、中学生のももクロちゃん。
ライブの練習で怒られるんですよ。

自分達で考えてないから動けない。
言わされてるから、全然楽しそうじゃない。
自分達が楽しくないのに
見てくれる人が楽しくなるか。
うーん、何処かで聞いた台詞

最初の頃は最大で8人の居た、ももクロ。
脱退、加入を経て6人に。
イメージカラーも決まって、
オリコン1位も取って、
さぁって所で脱退。
5人に成り、Zが付いて
一躍売れて、
10年目、頑張るぞ
で、また一人脱退。

10年間の成長物語、
結構、見応えが有った。

夏菜子ちゃん、目茶苦茶、歌が下手で、
いやぁ、人間、諦めてはイケないって思った

そして、今日は東京ドームで記念のライブ。
娘は当然ですが、今回は家内も一緒
オバサンが踊れるのか

今年はサザンが40周年。
ライブ、当たるかな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏がやって来る

2018-05-22 | 新しい役所
すっかり、気温が上がって、
朝の通勤はTシャツにしようかな?
って感じですが

さて、昨年、大人の事情でエントリーしなかった大会。
今年はエントリーしたそうで、

抽選結果は、新しい監督がしっかり伝統を引き継いで、
高学年はいつもの優勝候補。
低学年もしっかり強い所を引き当てたそうで

しかし、何でこんなにくじ運が悪いんでしょうね
でも、勝っていけば、いつかは当たる相手。
だから、初戦に当らなくても・・・

さて、そんな昼下がり。
ケンシママからLINE。

今日のスポーツ新聞に、ケンシの野球部の監督
が紹介されていて、
そこにケンシが写ってるって

しかし、どれがケンシ?
ミンナ、ユニフォーム姿で帽子被ってるし、
グイーンって引き延ばしてもサッパリ分らん

どれ?って返事。

カワイイ教え子が分からないのって
返事が帰って来た。

そんな事言われてもねぇ。

写っている場所を教えてもらって、
LINEからじゃ、あまり拡大に成らないので、
アルバムに落としてから、
老眼鏡をかけて、グイーンと拡大。

今度は拡大し過ぎたようで、画像が荒くなってしまった
それでも、これかなぁってのを発見。

ちょっと顔が丸く成った様な?

そうか、もう予選が始まるのね。
高1に成ったケンシ達、他にはリョウも野球部に
Uと王子は同じ学校の野球部。

これで、あと、3年は楽しめるな

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽しかった時間

2018-05-21 | 高学年再び
「来年、監督に復帰しなよ。そうしたら、俺もコーチ復帰するから。」

なんて、会話が有った昨日の飲み会

先週のミートコーチの送別会に呼ばれなかった、こまっちパパ
「王子パパと俺が辞めた時は送別会なんて無かったのに、
なんで、ミートコーチの時は有るんですか」って
怒ってるって、風の噂。

で、「最近、ブログ読んでなくって、たまたま開いたら、
二次会から、王子パパとOKPコーチ参戦って
オレ、呼ばれてないし
「こんな風に文句言うから、面倒臭かったんじゃない

こまっちパパが可哀想なので、コバコーチとミートコーチも呼んで
ささやかな飲み会を

中学三年生に成ったコマッチ。
「今は、高校どうする?って会話が有るけど、
来年の今頃は、夫婦で会話する事ないですよ。」って
「ゴルフやれゴルフ

なんて、近況報告やOB達の進学先等の話しを
つらつらと。

一昨年の納会コーチ引退宣言をした、こまっちコーチ。
「いつまでも残っているは、どうかと思うけど、
完全に辞めてしまうのは寂しいよね。」って言うと
こまっちパパが
「そうなんです。今、それを感じてます。
子供が小さかった頃が一番楽しかったなあ」って。
そして、冒頭の発言に成るのですが、

子供にスポーツをやらせるって、
本当は親が夢中になるモノを探しているんですかね。

追伸、私が監督に復帰する事は絶対に有りません。
って、誰も思ってないか
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

答えを知っている?

2018-05-20 | その他日常
今日は消防団のポンプ操法本番。

事前のクジで1番手と決まっていた我が分団、
新人のクルーズ父が緊張する前に始まるから、
良いか

私は分団代表でお手伝い。
放水に使う水をでっかい水槽に貯める事。
消火栓の開け閉めは署員が、
水槽の入水はコバコーチ。
私はその間に入って、無線で二人の連絡役。
でもさぁ、署員にトランシーバーを持たされば、
水槽ー消火栓ダイレクトで連絡出来ない?
去年のホース撤去みたいな肉体労働じゃないから
良いけどね

さて、我が分団。善戦むなしく7位。
密かに最下位の9位って思ってたから、
よく頑張ったと思います

この操法、減点方式なんですが。
1番員曰く「何処で減点されてるか分からない。」
不思議な話しなんですが、
何がイケないのか、分からないですよね。
説明されないです。
だから、修正点が分からない。

今年は、放水のお手伝いだったので、
各分団のポンプが集結している場所にいて、
前分団長が顔を見せてくれました。
二人で話してると、
優勝した分団の係りの人が、
ウチの悪い所を指摘し始めた。

全体的に声が小さい。特に指揮者の声。
1番員がホースを持ちすぎ。
投げ方も小さい、もっとRを作らないと。
4番員がポンプ見すぎ。
2番員が全力疾走に見えない。
放水止めのホーズの腕が水平じゃない。
指揮者のバックルが中心じゃない。
「ミンナ、減点されますよ。」

はぁそうですか。勉強に成ります。
でもさぁ、これが正解かは分からないですよ
署が教えてくれないから

でも、優勝分団だから、正解なのかなのか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小田原城

2018-05-19 | その他日常
今日は練習をお休みして、
湯河原の母のお見舞い。

先週、母の日だったのに、
何も出来なかったので、
ちょっと行ってきました。

で、湯河原に行く前に改修した小田原城に寄道。

小田原の隣町に叔母一家がいるので、
子供の頃に小田原城にも一夜城にも
連れて行ったもらった事がある。

でも、子供ながらに、
いくらか隠しても、
城を造っているのに気が付かないって、
北条はどんだけボンクラなんだって。
普通に思いません?
豊臣の誇張?

どうやら、北条は知ってはいたみたいですね。
圧倒的な兵力差にどうにも成らなかったのかな?

大人に成ってからも小田原城には行った事があって、
展示物は北条五代だけって記憶が有る。

考えてみれば、小田原合戦の後も
取り壊されてないから、
誰かが城主に成っているわけで。

今回は、その辺を知ることが出来ました。
秀吉時代は当然、江戸時代も重要な拠点に成っていて、
二代将軍の秀忠の隠居地の候補に成っていたそうです。

明治以降も天皇家の御用邸として使われていたそうで、
この辺は全然知らなかった。

知らなかった繋りで、
小田原城って小さいって思ってました。

お城マニアじゃないので、
姫路城、松本城、若松城ぐらいしか
行った事がないのですが、
その中でもダントツに小さいと思っていた。

でも、小田原城の大きさは7位。
若松城が10位。
若松城の方が全然大きく感じたけど。

因みに1位は大阪城で2位は名古屋城なんですって。
因みに第二段
今の大阪城を建てたのは徳川なんですよ。
秀吉が建てた大阪城を壊したその上に家康が
秀吉大阪城より大きな大阪城を造ったのです。

新しい権力者は、
権威を見せつけるのに必至なんです。

そうそう、入場料を払っていたら
「御朱印は何処で貰えるの?」って
聞いている人がいたけど。

お城で貰える訳ないでしょ。
御朱印ってスタンプじゃないですから。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

経験が大事

2018-05-18 | その他日常
今度の日曜日は、消防団のポンプ操法の大会。

区内の西側の9分団で行われるのですが、
毎年、下位に甘んじている我が分団。

今年も苦戦が予想されます

仕事の関係で、この時期が忙しくなってしまい、
なかなか練習に行けないのですが、
昨日は行ってきました。

ウチの他にも二つの分団が来ていて、
チラッと見てたんですけど、
ウチのポンプより性能が良いんじゃないの

水出しのタイムも計りますが、
選手間の敬礼等の動作がシンクロしていないと減点

他の分団は動作が揃っているし速い。

「他の分団の選手は、何年もやっているんでしょうね?」って
ベテランさんに聞いたら、
「ウチぐらいだろ、毎年変わるの。
2カ月位じゃ動作なんて覚えられないよ。」

だよねぇ。
大会本番を何回も経験しているだろうし、
ウチは、入団間もないクルーズ父がポンプ操作を担当。

「俺は、こう見えても本番に弱いですよ。」って
チャンと水は出るのか

「経験が大事。野球と一緒だよ。」
ってベテランさん。

昨日は消防署の人も来ていて、
最後に寸評

「本番も近づいてきて、操法の方も大分仕上がって来たと思います。
ー中略ー
服装をきちんとして頂いて、そこは努力しなくて出来ますから。」

これは、励まされているのだろうか。

選手の皆さん、頑張ってね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティアじゃないだからさぁ

2018-05-17 | 新しい役所
西城秀樹さんが亡くなったそうで、
特にファンだった訳じゃないけど、
ショック

昨日、ラジコのタイムフリーでラジオを聞いてたら、
西城秀樹さんの歌が流れて来て
そう言えば、脳出血かなんかで倒れたんだよなぁ。
どうしてるんだろう?なんて思っていたら。

ご冥福をお祈りします。


で、日大のアメフト問題。
どうなるんでしょうね?

この記事によると、監督は反則の指示していない。
って成ってるけど、

選手は「(反則を)やるなら(試合に)出してやる」って監督に言われたって。
言われてないのに、こんな発言するかな?

それに、試合後に監督は
「あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任」
って言ってんでしょ。

言った言わないは、どっちでも良い話しで、
グランド上の出来事は、全て監督の責任でしょ。
チャンと、関学に出向いて謝れよって感じです。


12月に行われるローカル大会のある年の監督会議。

そのチームは、毎年ギリギリの人数で参加。
勿論、4年生は低学年も高学年にもエントリー。

その年は、いつもより人数が少なかったようで、
高学年の試合に2年生を出したいって申し出。

ローカル大会なので、
特に反対意見は出なかったけど、
毎年この大会の運営を取り仕切っている
チームの監督がこんな話しを。

あるチームが高学年の試合に2年生を出した。
そうしたら、その2年生は6年生と接触して大怪我を。
危機管理を怠ったって事で監督が訴えられたそうです。

「親は、監督、監督って慕っている様で、
何かあったら、掌を返しますよ。」って言ってた。

ボランティアで訴えられちゃうのか
って思ったし、
預かった子供たち
本当に怪我に注意しようって思った。

怪我しない様にストレッチの勉強もしたし、
球数も気にしたけど、
それでも故障する子はいて。

で、行きついたのが下半身強化
上半身だけで投げているのではなく、
下半身の筋力が無くって、
しょうがなく上だけで投げているのでは。

監督時代から、勝ちに拘らなかったけど、
監督を降りて、ますます勝ちなんてどうでもいい。

なので、一昨年、去年で実験。
小学生に筋トレはって思っていたけど、
結構、出来るのね

それでも怪我をしたけど、
長引いたりはしなかった。

あれっ、話が逸れた

監督って肩書きに
誇りと責任を持ってほしいなぁ。
ボランティアじゃないだからさぁ。

怪我させた選手、
もう二度とアメフトやらなくなちゃうよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

世の中が変わった?

2018-05-16 | その他日常
先日、かにさんの所で紹介されていた衝撃の記事。

記事のリンクはコチラ
この一部分だけではね。
そりゃ、分かりません。
前後にもっと言われたのかも知れませんが、

高校で硬式野球部に入部したって事は、
野球経験者ですよね。きっと。
硬式の危険性って、充分、解っていると思うけど、
不登校に成っちゃうですね。

で、監督さん、謹慎ですか。
私も散々怒鳴ってます。
1,2年生は本当に怖い、
投球練習の真ん中を平気で横切るから

二度としないように怒鳴りますよ。
何回、謹慎しないとイケないでしょう。私


3月14日付けのタジケンさんのメルマガ
これも、なかなか衝撃を受けますよ。

-----------------------------------------------------

スポニチの記事を紹介します。

大リーグ・レッドソックスの左腕投手、デビッド・プライスが
「手根管症候群(Carpal Tunnel Syndrome)」
と診断されていたことが明らかになった。

腱と神経が通う手首内の管の中にある正中神経が
何らかの影響で圧迫されてシビレなどが生じる症状で、
同投手は12日のブルージェイズ戦に先発するものの、
左手の親指、人差し指、中指に違和感を抱いたままの登板となる。

AP通信によれば、手根管症候群となった原因について
プライス本人は「大きな原因ではない」としながらも、
球場内でも間断なく続けているビデオゲームが
症状に何らかの影響を与えていることは自認。

「レッドソックスにやってきてプレーする時間は減ったけれども、
自分は1985年生まれなのでビデオゲーム世代。
もしこれを止めるなら、他の趣味を探さないといけない」

と、指先を酷使する“ゲーマー”としての苦悩をちらつかせた。

プライスはレイズに在籍していた2012年に
サイヤング賞を受賞したが、レッドソックス移籍後
2年目となった昨季は6勝3敗。

今季もここまで2勝4敗、防御率5・11と精彩を欠いており、
実績を残すにはビデオゲームとの“決別”が必要になるかもしれない。

------------------------------------------------------------------

このピッチャー、年俸33億円だそうで

別に余暇の時間にゲームしようが何しようがね。
それは、年俸33億円だろうが、400万だろうが本人の勝手ですからね。

それにしても、ゲームのやり過ぎで投球に支障が出るって、
野球の練習をし過ぎて、肘を壊すのと
投げれないって結果は一緒ですけどね
ファン心理としては、
趣味で怪我してんじゃねぇよって感じ。

趣味のゴルフで右手首を故障しているから、
大きな事は言えないけど

しかし、今や、eスポーツって言って、ゲームもスポーツとして認識される世の中ですからね。
世界大会では、賞金が5億だとか

将来は、オリンピック種目にって話もあるんでしょ

昔は、ゲーム大好きでしたが、
今は、みんなのゴルフをするぐらい。
それも、本当のゴルフのマネージメントの為に成るかな?って思って

小学生の時に後楽園で見た、
末次の逆転満塁ホームランを今でも覚えてる。
今時のゲームが、どれほどすごいのかは分からないけど。

ゲームの画面で、いつまでも覚えている場面って有るのかな?

まぁ人の趣味ですから、何も言えませんが、
世の中変わったよね。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人の記憶って

2018-05-15 | 新しい役所
話しはミートコーチ一家の送別会の時の事。

ミートコーチ一家のチームの貢献度を表すかのような出席者の多さ、
現役の人たちは勿論、今はチームから遠ざかっている人も参加して、
お陰で、ミートコーチ夫妻とはあまり話が出来なかった

で、二次会へ
二次会はムロ父のお蕎麦屋さん。
ここでも貸切状態。

ここからはOKPコーチと王子パパも参加。
王子パパとは、何年振りの再会って感じ。

お酒も進んで、ミートコーチから最後の提言
かなり熱くなってい語っていたので、
難しい話しは、監督や真面目な人にお任せして

向きを変えて、カイセイ母達と楽しいお話し。
合宿の話しが出て、王子パパやこまっちパパ達が居た時は
お昼はバーベキューだったなぁって。

そう言えば、こまっち家に誘われて、
海にバーベキューに行った事が有った。

その時のメンバーは、こまっち一家にケンシ、サト兄弟の一家。
王子一家に、我が家の四人に何故か息子の親友君も参戦。
大学生だった息子は「何で俺が行かないとイケないんだ。」ってブーブー言っていたけど、
親友君がノリノリだったからからね

そんな事をふと思い出して、
ケンシパパ(前監督)と王子パパに
「また、海にバーベキューに行きたいね。」って言ったら、
「良いですね。また行きたいですね。」ってケンシパパ。
「そうですよね。みんなで行ったんですよねバーベキュー。
僕は行ってないけど。」って王子パパ。

ひと時の沈黙

「エ~、居たよ。全然釣れない釣りしてたじゃない
「そうですよ、僕と釣りしてたじゃないですか。」ってケンシパパも。
「いや、行ってないです。」って、きっぱりと否定する王子パパ。

ひとしきり、そんな会話が続いて、
「じゃあ、ママに聞いてみて下さい。」って言うので、
家内に電話

時間は11時近く、
息子はオールナイトで映画、
娘は友達の家にお泊りって言ってから、
もう、寝てるかな?

思いっきり、不機嫌そうな声で出ました
「寝てた?あのさぁ前にこまっち達と海にバーベキューに行った覚えてる?」
「朝、4時だか5時だかに集合して行ったヤツでしょ。」
「そうそう、その時王子パパ居たよね?」
「居たと思うよ。」
「だよねぇ。」

同じ頃、ケンシパパもママに電話
「やっぱり居たって言ってますよ
ケンシも居たって言ってますよ。」

「写真とか無いんですか?有ったら出して下さい。」って
まだ、行ってないと言い張る王子パパ。
全家庭を誘ったわけじゃないから、
ブログには書いてないし、フェイスブックにもアップしなかっただよな。
まさか、こんな事に成るとは

でね、私以外の父親はミンナ釣りが好きだったようで、
三人で一生懸命釣りの準備をしていた映像が脳裏あるのですが、
王子パパが強く否定するもんだから、
その映像が、三人から二人に成ってきた。
本当に行ってなかったのかな?

でも、居たって言っている人の方が多いし。
こまっちママ、覚えてる?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加