ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

香々美ダム

2018-10-26 16:47:55 | 岡山県
2018年10月13日 香々美ダム

香々美ダムは岡山県苫田郡鏡野町の吉井川水系香々美川源流部にある多目的重力式コンクリートダムです。
1967年(昭和42年)からスタートした県営香々美川用水改良事業の中核施設として同事業の完了と同じ1974年(昭和49年)に竣工しました。
香々美川源流部の越畑地区ではたたら製鉄が行われ、砂鉄採取のための『かんな流し』の影響で土砂の流出が著しく香々美川の洪水の原因となってきました。
そのため香々美ダムは流域農地への灌漑用水の供給のほか、農地防災機能も付加して建設されました。
運用開始後は鏡野町が受託管理を行っており1982年(昭和57年)には岡山県企業局越畑発電所が新設され、河川維持放流を利用して最大200キロワットの小水力発電を行っています。

国道179号線の『道の駅奥津温泉』の先を右折して大規模林道に入りとそのまま東進、越畑地区で県道75線にぶつかると右折、すぐに左手に折り返すようにダムへの管理道路が分かれるので、これを進むと香々美ダムに到着します。
香々美川を渡る橋の手前からダートの林道を進むとダム下に行けます。
農業用ダムとしては立派なダムで、非常用洪水吐としてクレストに3門のラジアルゲート、常用洪水吐としてホロージェットバルブ1条を備えています。

ゲートをズームアップ、
ラジアルゲート自体は通常のゲートの半分程度の大きさです。

ホロージェットバルブ。

副ダム

左岸下流側から。

上流面。

天端は立ち入り禁止
ゲート部分だけ上流側に張り出しクランクになっています。

上流面
ゲートの右手に取水設備があります。

竣工記念碑。

上流から遠望
左手の三角屋根は管理事務所、平日は町の職員が駐在しているようです。
貯水池は総貯水容量185万3000立米と農業用ダムとしてはそこそこ大きなサイズです。

1889 香々美ダム(1424)
岡山県苫田郡鏡野町越畑
吉井川水系香々美川
FAP
39メートル
131メートル
鏡野町
1974年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 三成ダム | トップ | 2018年11月23~26... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たまたま見つけました (とおりすがり)
2018-11-26 16:02:07
たまたま、このブログにたどりつきました。
すごいですね。このブログ・・・
応援します!

コメントを投稿