ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

第1袋倉ダム

2017-02-08 11:09:28 | 千葉県
2017年2月4日 第1袋倉ダム
 
鴨川市東部を南北に縦断する袋倉川源流部には下流から第1袋倉ダム、上流に第2袋倉ダムと2基のダムが並んでいます。
下流の第1袋倉ダムは1923年(大正12年)に建設された灌漑・上水道用水を目的とするアースダムで、灌漑用水は東条土地改良区へ、上水道用水は鴨川市の東町浄水場へと送水されます。

国道128号天津バイパスの坂下高架橋の下にある東町交差点から農免道路を北に折れすぐに右に分かれる市道に入ります。
踏切を越え袋倉川に沿って隘路を進むと舗装が終わるところで車両通行禁止のチェーンが現れます。
ここから徒歩で600メートルほど歩くと第1袋倉ダムに到着します。
右手の袋倉川に洪水吐減勢工が見えます。

下流面
きれいに刈り払われています。
 
天端

上流面はコンクリートで護岸されています。

右岸の取水設備。

溜池新設記念碑。

ダム湖
総貯水容量15万7000立米
この上流に第2袋倉ダムがあります。

左岸の洪水吐。

ダムの半分が日影になり明暗差が大きく見づらい写真ばかりになっていましました。
第1袋倉ダムの上流には上水道用水目的の重力式コンクリートダムの第2袋倉ダムがあります。
現在ダム手前の通路が崩壊しており第2袋倉ダムへ到達するのは非常に困難な状況です。
今回は無理をせず第1袋倉ダムの訪問にとどめました。
通路が再建されれば改めてチャレンジしてみたいと思います。

3608 第1袋倉ダム(0832)
千葉県鴨川市東町
二タ間川水系袋倉川
AW
22メートル
60メートル
鴨川市・東条土地改良区
1923年
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 松部ダム | トップ | 山居堰 »

コメントを投稿