ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

河内池

2018-01-22 01:45:27 | 香川県
2017年12月23日 河内池

河内池は香川県観音寺市豊浜町和田の吉田川源流部にある灌漑用アースダムで、石碑によると下流にある姥ヶ懐池の上池として江戸中期の1720年(享保5年)ごろに築造されました。
明治以降の耕地開発により新たな水源確保が必要となり、地元大地主らの尽力により1925年(大正14年)から改築が始まり1931年(昭和6年)に改築は竣工しほぼ現在の規模になりました。
さらに1986年(昭和61年)に香川県の大規模ため池等整備事業によって大規模な改修が行われ現在に至っています。
池の管理は豊浜土地改良区が行っています。

県道8号線の井関池手前から大規模農道を西に折れ、吉田川にぶつかると左折して川沿いに上流へ向かうと河内池右岸に到着します。
洪水吐越しに見る下流面、奇麗に刈り払われています。 

右岸の洪水吐
向かって右手に切り込みがあり小さな鋼製ゲートが設置されています。

天端は車両進入可能ですが、進んでも対岸で行きどまり。

洪水吐のそばに記念碑が2基、
左は1986年(昭和61年)の改修記念碑
右は河内池の由来碑。
  

右岸にある施設
取水設備かと思いましたが左岸に斜樋があるので違うようです。
下池である『姥ヶ懐池』まで香川用水が来ているのでもしかしたらそこからの給水設備かもしれません。

左岸の斜樋。

天端からの眺め
ダム下は親水公園になっています
下流には下池である姥ヶ懐池がありますが山陰になって見えません。

洪水吐導流部
階段状になって流下してゆきます。

貯水量24万3000立米の貯水池。

上流面はコンクリートで護岸されています。

下池の姥ヶ懐池が涸れると河内ダムから補給される仕組みです。
姥ヶ懐池は起源が16世紀安土桃山時代に遡る歴史のある溜池ですが堤高が13メートルのためダム便覧には掲載されていません。

2157 河内池(1234)
香川県観音寺市豊浜町和田
吉田川水系吉田川
17.8メートル
187メートル
豊浜土地改良区
1931年
『香川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大谷池 | トップ | 粟井ダム »

コメントを投稿