ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

高滝ダム

2016-01-22 18:00:00 | 千葉県
2016年1月21日 高滝ダム

高滝ダムは千葉県市原市の養老川にある千葉県営の多目的重力式コンクリートダムです。
房総半島中央部を南北に貫流して東京湾に注ぐ2級河川の養老川は、中流部で複雑に蛇行を繰り返し豪雨のたびに流域各所で氾濫を繰り返してきました。
一方水資源の大半を利根川に依存する千葉県では京葉工業地帯の発展に伴う人口増で水需要が急拡大し県内独自の河川開発が急がれました。
そこで千葉県は養老川に多目的ダムの建設を進め1990年(平成2年)に完成したのが高滝ダムです。
高滝ダムは養老川の洪水調節のほか既得取水権への補給及び河川流量の維持、千葉県営水道及び市原市営水道への上水道の供給を目的としています。
ダム湖の高滝湖畔にはレストランや美術館、水生植物園などがあるほか、千葉県有数の釣りスポットとなっています。

圏央道市原鶴舞インターから県道168号を西進すると高滝ダムに到着します。
24.5メートルと堤高が低いため4門の青いローラーゲートが一段と目立ちます。

モダンさを感じさせるゲート操作室
青いらせん階段が特徴的。

天端には地元の小学生による壁画が並んでいます。

天端を鉄道が走る日本で唯一のダムかも??笑

減勢工
すぐ下流を圏央道が走っています。

上流から
4門のローラーゲートの右側に常用洪水吐のゲートが1門見えます。

おしゃれな浄水場だと思ったら市原湖畔美術館でした。

0681 高滝ダム(0210)
千葉県市原市養老字寺ノ下
養老川水系養老川
FNW
24.5メートル
379メートル
千葉県
1990年
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 勝浦ダム | トップ | 2016年1月24日 房総... »

コメントを投稿