ダムの訪問記

全国のダムと溜池の訪問記です。

2018年11月23~26日 群馬県西上州ダム巡り ③11月25~26日

2018-12-04 11:00:50 | ダム巡りの旅
晩秋の西上州ダム巡り3日目は安中や下仁田周辺のダムを回った後、別所温泉にお泊まり。 二泊お世話になったルートインホテル安中を7時半にチェックアウトし国道18号を西進、安中市松井田町の中木ダムへ。 安中市の上水目的重力式コンクリートダムで、ダムの背後には裏妙義の岩峰が聳えます。 再び国道18号に戻り、国道18号旧道わきにある坂本ダムへ。 砂防ダムを再開発した県営ダムです。 . . . 本文を読む
コメント

2018年11月23~26日 群馬県西上州ダム巡り ②11月24日

2018-11-30 12:46:00 | ダム巡りの旅
晩秋の西上州ダム巡り2日目は未訪の赤三調整池のあと吾妻川沿いのダムを回る計画。 宿泊したルートインホテル安中で朝食を採り、7時半にホテルを出立、高崎から関越道に乗り月夜野インターで下りて国道17号を北上、猿ヶ京温泉から県道270号に入り川古温泉手前の赤三調整池へ。 東電の子会社東京発電が管理する重力式コンクリートダムで、赤谷川第三発電所の調整池となっています。 撮影スポットは限られこれが精い . . . 本文を読む
コメント

2018年11月23~26日 群馬県西上州ダム巡り ①11月23日

2018-11-28 09:12:21 | ダム巡りの旅
勤労感謝の日を挟む3連休に休み1日を追加して3泊4日で西上州を中心に群馬県のダムを回ってきました。最近は遠方のダムばかりで久しぶりの関東のダムとなります。 群馬県のダムの大半はすでに訪問済みですが、この地域のダムはダム巡りを始めて初期のころに訪問したため見落とした点も多く機会があれば再訪したいと考えていました。 11月23日6時に自宅を出ますが3連休初日とあって高速各所で渋滞があり、調布から本 . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ⑥10月13日

2018-10-26 15:49:42 | ダム巡りの旅
山陰地方ダム巡りの旅もいよいよ最終日の10月13日となります。帰るとなると天気が良くなるというよくあるパターン。 宿泊したドーミーインホテル出雲市駅前を午前7時半にチェックアウトして山陰道~松江道で三刀屋木次インターへ向かい、ここから県道で雲南市大東町の塩田ダムへ。 小規模な灌漑用重力式コンクリートダムです。 このあと雲南市から奥出雲町にある3基のダムをはしごします。 まずは雲南市の尾 . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ⑤10月11~12日

2018-10-22 12:27:17 | ダム巡りの旅
山陰地方ダム巡りの旅、5日目の10月11日は朝から雨模様。午後から天気が回復するということで朝はゆっくり過ごし10時過ぎにホテルを出立。山陰よりも岡山方面の回復が早いということで高速で岡山県の院庄インターへと向かい、未訪の香々美ダムを訪問しますが雨は激しくガスの為視界も不良でギブアップ。 西に向かえば天気の回復も早かろうと中国道を西進して東城インターへ、ここから国道314号を北上しておろちループ . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ④10月10日

2018-10-18 16:36:03 | ダム巡りの旅
山陰地方ダム巡りの旅、4日目の10月10日は朝から雨模様。確か晴れの特異日ということで東京五輪の開会式の日に選ばれたはずなんですが・・・・ ということで、ダム巡りは一休みして出雲大社へお参りすることに。 山陰道米子インターから高速に乗って一路出雲へ。 10数年ぶりの出雲大社です。 良いご縁がありますように・・・・。 出雲の神様の御利益か?雨が小降りになってきたので宍道湖北 . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ③10月9日

2018-10-16 14:57:43 | ダム巡りの旅
山陰地方ダム巡りの旅、3日目の10月9日は予報通り曇天。この日は大山北麓の灌漑用ダムを回った後、昨日取りこぼした鳥取市の百谷ダムと殿ダムへ向かう予定です。 宿泊中のロイヤルホテル大山を6時に出立して県道36号~大山農免道路を東進、 まずはは大山町の川手川第2ダムへ。 ダム直上を農免道路が通っておりここから見下ろすのみです。 果たして堰堤まで降りる道があるのかどうか? ついで向かっ . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ②10月8日

2018-10-15 02:37:42 | ダム巡りの旅
山陰地方ダム巡りの旅、2日目の10月8日は朝からピーカン。この日は岡山から鳥取にかけてのダム、溜池を回る予定、特にバットレスが3基もあるので朝からわくわくドキドキのスタートです。 宿泊した姫路のホテルを5時にチェックアウトして播但連絡道~中国道~鳥取道で大原インターへ。 最初の訪問は岡山県美作市の川上ダムです。 ダムと名がつくものの灌漑用のアースフィルダムです。   同じく . . . 本文を読む
コメント

2018年10月7~13日 山陰地方ダム巡り ①10月7日

2018-10-14 03:21:32 | ダム巡りの旅
夏休みの休暇枠が10月まで延長されたので、コンディションのいいこの季節に夏季休暇??を取ってじっくりダム巡りへ。 当初は飛行機で九州に向かい、佐賀と長崎のダムを回る予定でしたが台風25号により予約していた飛行機が運休、ということで急きょスケジュールを組み直し山陰のダム巡りに変更しました。 10月7日(日)早朝に自宅を発ち、高速を西進して兵庫県へ。 この日は未訪だった宍粟市のダムを2基回ります . . . 本文を読む
コメント

2018年9月20~25日 北海道ダム巡り ④9月24日

2018-10-03 17:37:47 | ダム巡りの旅
北海道のダム巡りの旅、5日目の9月24日は朝から今にも泣き出しそうな空模様。 予報では昼過ぎから前ということで2泊お世話になったホテルパコ函館を早めの5時にチェックアウト、昨日往復した国道227号線を再び江差方面に走ります。 この日最初の目的地は江差町にある鯎(うぐい)川ダム。 ダムと言ってもいわゆる溜池ですが、堤体の草刈りも終わりきれいに整備されています。 と、鯎川ダムを見学中に土砂降り . . . 本文を読む
コメント

2018年9月20~26日 北海道ダム巡り ③9月23日

2018-09-30 12:57:08 | ダム巡りの旅
北海道のダム巡りの旅、3日目の9月22日は終日雨となり千歳から函館への移動で終わりました。 翌23日は曇りのち晴れの予報、渡島や檜山周辺のダムをできるだけ回りたいところです。 宿泊中のホテルパコ函館を5時に出立し国道228号を南下して知内町の知内ダムへ。 北海道開発局農水部による国営事業で建設された灌漑用重力式コンクリートダムです。 ダム下もきれいに整備されていますが立ち入り禁止。 . . . 本文を読む
コメント

2018年9月20~26日 北海道ダム巡り ②9月21日

2018-09-28 10:16:33 | ダム巡りの旅
北海道のダム巡りの旅、2日目の9月21日も朝からピーカン、この日は石狩~空知方面のダム、溜池を回る予定です。 宿泊中のルートインホテル千歳駅前を5時に出立して道央道~国道275号~道道527号線で石狩市厚田区へ 道道沿いにある高富ダム(再)は灌漑・防災目的のアースダムです。 既存の溜池に防災機能を付加して再開発されました。 さらに北上して望来川源流部にある望来ダムへ 北海道開発局 . . . 本文を読む
コメント

2018年9月20~26日 北海道ダム巡り ①9月20日

2018-09-26 00:17:39 | ダム巡りの旅
8月後半に急きょ休みが取れ、沖縄に行くか?北海道に行くか?迷いましたが結局台風リスクの少ない北海道を選択しました。 ところが直前に胆振東部地震が発生、予定通り決行するか否かの判断を迫られましたが、地震の被害が震源地周辺に限定されたことから予定通りの北海道遠征と相成りました。 旅行先としては10年ぶり、ダム巡りとしては初の北海道です。 9月20日一番の飛行機で新千歳に向かいます。 関東か . . . 本文を読む
コメント

2018年7月14~18日 秋田ダム巡り ④7月17日

2018-08-29 22:41:11 | ダム巡りの旅
秋田遠征4日目の7月17日は朝からあいにくの雨。午後も回復見通しがないことから計画を変更して県営ダムのダムカードを集めることにしました。 ホテルで朝食を採りホテルを遅めの午前8時に出立し、県道と広域農道をつないで大仙市の協和ダムへ。 幸い訪問時は雨が小降りになりじっくり見学することができました。   次いで秋田市河辺三内の岩見ダムへ。 ここでは雨が激しくなり霧も出て . . . 本文を読む
コメント

2018年7月14~18日 秋田ダム巡り ③7月16日

2018-08-27 02:23:26 | ダム巡りの旅
秋田遠征3日目の7月16日は今にも降りそうな曇天模様。ということで秋田市郊外に点在する溜池巡りからスタートです。 前日同様ルートインホテル秋田土崎を5時に出立して県道を東進、まずは市内大平八田にある滝の沢溜池へ。 土地改良区が管理する灌漑用アースダムですが、下流面以外の草刈りがされておらず洪水吐導流部などを見ることができません。 次いで旭川にある日本三大美堰堤の一つ藤倉ダムへ。 美 . . . 本文を読む
コメント