参議院議員(比例代表) 又市征治 公式ブログ

参議院議員・社民党党首又市征治のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『2014年度 連合の重点政策』について意見交換

2013年06月18日 | 日記

 本日18日午後、参議院本館内にて、連合本部から『2014年度 連合の重点政策』について説明を受けました。
 連合事務局長の挨拶と要請書の手交に続き、私は社民党を代表して「活かせるものは活かしていくように最大限努力していきたい」と挨拶させていただきました。
 その後、連合総合政策局長より「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けた政策内容について説明を受け、意見交換をさせていただきました。
 明日19日は、午前中は参議院本会議に臨み、夕方5時からは小田急線・豪徳寺駅前で、都議選:羽田圭二候補の応援演説を行う予定です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(国会議員)へにほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
«  参議院本会議で『国家公務... | トップ | 免田栄さんに、ようやく国民... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一言 (見知らぬ人)
2013-06-18 23:35:16
あなたの事はしらないですけど、言わしてもらいます。誰に言っていいかわからないんで。
まず農業の事。TPPですけど、農家の現状って本当にわかってます?現場は農作物の値段が上がらず、経費ばかりが上がってるのご存知です?TPP賛成とか反対とか言う前に現場を見てもらいたいです。
後、海外の物が入ってくると言うことは、安全な物なんて入って来ないっと思うんですけど。あれだけメディアで、中国の農薬の話しがでてますけど、あんなの食べていいでしょうか?
食の安心安全ってなんですか?
国が苦しいからTPP賛成すれば、どっかが泣いている事考えてもらいたいです。
選挙で当選して、人よりもたくさんの給料もらってるんですから、真剣に考えて頂きたいです。
後、あなた方の給料ですが、一般の人は苦しくてもなんでも工夫をして生活をしています。はたして国家議員は国民にたいして、納得のいく政治ができ、それに見あった給料をもらっているんでしょうか?
自分はこれだけメディアで、言われているのなら大半の国会議員は給料をもらいすぎなよう気がします。
自分は頭のいい人間ではありませんが、あなた方が考える事がどれだけあるか必死になってもらいたいです。
突然のメールで申し訳なく思っていますが、どこに言っていいかわからないので投稿させて頂きました
「食べること」は「生きること」 (又市征治)
2013-06-19 23:02:18
見知らぬ人 様
 見知らぬ私へのコメント、まずは感謝申し上げます。
 私の生家も農家でした。戦争中、私の父が足を失い、7歳のとき母が亡くなりました。以来、私が主な担い手となりました。
 もちろん当時は今のような機械はなく、田起こし、代かき、田植えや草取りも手作業、刈り取るのも手作業、収穫後も乾燥機などありませんので、「稲架(はさ)」に掛けて乾します。雲が多いときは授業中も雲を見つめ、雨が降り出した途端、教室を飛び出して、稲をしまわなければなりません。
 それでも、農業だけでは食って行けず、朝は夜明け前に起きて草を刈り、その草を山羊(私も含め、当時はこの乳で育ちました)や鶏などの家畜に与え、その後、新聞配達をし、帰宅して方田んぼの水を調整し、畑の野菜に水をやって、それから学校です。夕方は夕刊を配り、月末には集金もしました。農業とアルバイトで、ようやく高校にも通うことができました。
 その頃、父が亡くなり、結果として大学進学はあきらめざるをえませんでしたが、そんな「貧農」で、私は生きて来たのです。
 こうした経験から、農家の現状については、いつも注意深く見ており、現状についても理解しているつもりです。
 TPPに賛成・反対を言う前に、ということですが、私は「反対」です。「食べること」は「生きること」です。農業を知らない政治家、「食べる」ことに困ったことのない政治家、「食べる」ことを自分で賄ったことのない政治家が増えていますが、TPPは確実に「食べる」ことを破壊します。
 TPP参加によって、間違いなく、日本の農業は壊滅します。今でさえ、中山間地を中心に農業は赤字なのに、その何分の一という価格のお米が大量に流入すれば、農水省が試算した食料自給率13~14%という数字さえ、確保できるか分かりません。
 仮に13%として、自国で生産した安全・安心な農産物を口に出来るのは、わずか8人に1人という割合です。残りは、「餃子」事件で有名になったメタミドホスなど禁止農薬が平気で流通する中国や、「ポストハーベスト農薬」で薬漬けにする米国などの、「安かろう、悪かろう」という農産物が、我が国の食卓を席巻するでしょう。
 それだけではありません。我が国は、いま人口減少が進みつつありますが、世界的に見れば人口は年間およそ8千万人ずつ増大しています。すぐに、そして確実に、食糧の奪い合いが始まります。
 TPP参加によって、農業に限らず、食糧の生産を破壊するなど、愚の骨頂です。絶対にやめさせなければなりません。
 もちろん、TPP参加によって破壊されるのは、農業だけではありません。国民皆保険をはじめ、多くの分野において、日本政府が、国民よりも外国の投資家の利益を重んじなければならなくなります。
 あらためて申し上げますが、私はTPP参加に、断固として反対します。

 さて、国会議員の給与について、「国民にたいして、納得のいく政治ができ、それに見あった給料をもらっているんでしょうか」とのご指摘がありました。
 私自身、納得できる政治は実現できておりません。参議院議員として約12年間、約460回、政府を追及し、特別会計改革で35兆円余りを捻出するなどの成果もありましたが、まだまだ不十分です。そのことは率直にお詫び申し上げます。
 「もらい過ぎ」とのご指摘もありました。その答えになるか分かりませんが、私は、ご支援頂いた方への活動報告を、通常国会後、臨時国会後の年2回、お送りしています。毎回、数百万円かかります。費用はかかりますが、国会情勢や課題など、お伝えしなければならないことがたくさんあります。せめてご支持頂いた方には郵便でお知らせすることが、せめてものご恩返しだと思っております。そうしたこともあって、我が家の家計は毎年、赤字です。議員になる前の職で得た退職金も、もう尽きます。
 元が「貧農」ですので、私は「欲」を知りません。昔の政治家に「井戸塀」という言葉がありました。古い言葉ですのでご存じかどうか分かりませんが、私はそんな男であり続けたいと思っています。
 長文、失礼致しました。
感銘を受けました。 (M.Y.)
2013-07-09 22:27:45
初めまして。3週間も前の記事に今さらコメントを寄せるのもどうかと思いますが,御容赦ください。
たまたまこのコメントを紹介した自治体議員のツイッターを目にし,又市さんの生い立ちを存じ上げなかったので,たいへん驚き,また深く感銘を受けました。
TPPには,農業者ではない私も反対です。一握りの農家と企業が成功を収める一方で,大多数の農家が生活の糧を失うことになります。消費者にしても,高所得者は高価で安全な食品を買えても,私のような低所得者には得られません。要するに,小泉・竹中政権の流れを汲む,格差拡大政策の一環と言えます。
こうした悪政を食い止めるために,又市さんを始めとする社民党の皆さんにも頑張ってほしいと思います。

猛暑の折,体調を崩されませんように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事