東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

マンションと学校

2007年12月05日 17時42分14秒 | 教育
芝浦地区のマンションの増加は目を見張るものがある。
それもものすごく大きいものが林立している。
みるからに大きく、一つの町以上のやつがである。

そのため幼稚園、小学校などが追いつかず、プレハブを作って間に合わせるそうである。

このプレハブをつくるというのはいただけない。マンションの入居時、子供がいるぐらいのことはわかりそうなものだ。建設と一緒になんで着工できなかったのであろうか、

行政当局も予算があまっている今こそ、親、子供が喜ぶことをやるべきである。
それからこれらの小学校もあと何年かすればいらなくなるのである。そのとき、老人ホームに改造できるとか、後の使い道を考えて作らないといけない。

取って置きの学校対策

港区では他の校区では教室があまって、学校を廃止したり統合したりしている。この学校を利用することにして、スクールバスで子供を運んではどうか?即効性があり、プレハブで不自由な思いをしなくてすむ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 老人用ベッドの耐震策 | トップ | 鳥獣人物戯画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事