東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

図書館で、シベリア鉄道

2012年05月08日 14時05分25秒 | Weblog
5月7日2012年

シベリア鉄道に載った話を読んだ、新潟からナホトカにわたリ、シベリア鉄道で、ワルシャワ、ベルリン、一番西のリスボンにいく話である(新刊)、

これには興味がある、ワルシャワ、ベルリンにいきたい、

読んでいくと困ることが多いらしい、まず食事だ、
シベリア鉄道の食堂車では、最上等の牛ステーキが、

どうしても食えないもの

だそうだ、もちろん盛り合わせのジャガイモだとか、その他全部食えないものだそうだ、また、各駅ではホームの立ち売りが楽しいのだけど、そこで食べた(食べようとした)ピロシキが、酸味と、糸を引いていてこれは食えなかったそうだ、それでどうしたのかというと、

カップめん

を荷物の隙間にたくさんいれていたそうである、

客車には、サモワールという湯沸かし器がついていてカップめんをつくれる、鉄道ではもう一つ、ルーブルがなくなり、3日間なんにもたべるものがなくなり、どうしたかというと、ま、これは読んでもらった方がよかろう、

それから、ベルリンで、到着が遅くなり、23時過ぎに着いたのだが、ホテルにつくと(個人宅のような民宿のようなもの)どうやって入るのかまったくワカラナイ、ようやく管理人に電話ができたが(私は電話を持っていかないのでもっと困る)ドイツ語しかできない管理人(別の場所にいる)にどうやってドアを開けるのか聞いていて、延々3時間格闘して、部屋に入ったのは

午前3時

だったという、向こうのホテルでありがちなお話があり、ドイツのホテルのホネブトと言うか、ガンコさが身にしみてわかった、私も似たような経験がある、

ということで、シベリア鉄道に乗るのはどうしようかなあ、と考えているのだ。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« テッセン | トップ | 図書館で、オール読み物を読む »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マオママ)
2012-05-13 20:42:25
シベリア鉄道
憧れますが・・・・食事が食べれないのは困ります(>_<)
世界は広いですね~
次は美人の待つ北欧では?

マオママはポルトガルに決めました
良かったら泊ったホテルの名前教えてほしいのですがm(__)m
マオママさま (東京老人)
2012-05-14 07:02:30
でしょう?
レストランでも
信じられないほどひどいものをたべさすみたいです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事