『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

永井利重(ながゐとししげ)

2018-07-31 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
永井利重(ながゐとししげ)

〔現代仮名遣い〕ながいとししげ


雅楽助。美濃斎藤氏の一族。穂積城主。のち

信長の臣。

1570年9~12月の叡山の浅井・朝倉攻めの時、

    穴太の在所を守備。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へにほんブログ村
コメント

長井忠左衛門(ながゐちゅうざゑもん)

2018-07-30 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
長井忠左衛門(ながゐちゅうざゑもん)

〔現代仮名遣い〕ながいちゅうざえもん


名は不明。

1556年4月の斎藤道三対新九郎義竜の戦いの時

    義竜方の手勢として戦い、道三を生け

    捕りにしようとしたが、横から小真木

    源太が道三の脛を切り討ち取った。ただ

    念のため、忠左衛門は道三の鼻を切り取

    っておいた。


 ※斎藤山城守道三の鼻を切り取った長井忠左

  衛門と切り取られた道三と・・諸行無常でご

  ざいます。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

永井新太郎(ながゐしんたらう)

2018-07-29 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
永井新太郎(ながゐしんたらう)

〔現代仮名遣い〕ながいしんたろう


不詳。

1582年6月本能寺の変で討ち死に。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

長井甲斐守(ながゐかひのかみ)

2018-07-28 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
長井甲斐守(ながゐかひのかみ)

〔現代仮名遣い〕ながいかいのかみ


名は衛安(もりやす)。斎藤家の臣。

1561年5月森部の合戦で討ち死に。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

中山慶親(なかやまのぶちか)

2018-07-27 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
中山慶親(なかやまのぶちか)

〔現代仮名遣い〕なかやまのぶちか


中山少将殿。

1579年1月少将。親綱の子。

1579年11月誠仁親王の二条御新造への移徙

    (わたまし)に同行。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

中山の上臈(なかやまのじゃうらふ)

2018-07-26 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
中山の上臈(なかやまのじゃうらふ)

〔現代仮名遣い〕なかやまのじょうろう


誠仁親王の后。中山親綱の女(むすめ)。

1579年11月誠仁親王の二条ご新造への移徙

    (わたまし)に同行。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

中山親綱(なかやまちかつな)

2018-07-25 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
中山親綱(なかやまちかつな)

〔現代仮名遣い〕なかやまちかつな

※下線部は信長公記以外の記事によります。


中山中納言殿。藤原氏北家師実流。権大納言

孝親の子。

1578年11月中納言。

1579年11月誠仁親王の二条御新造への移徙

    (わたまし)に同行。

1585年権大納言。

1586年正二位。

1598年11月死去。



↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

長山九郎兵衛(ながやまくらうべゑ)

2018-07-24 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
長山九郎兵衛(ながやまくらうべゑ)

〔現代仮名遣い〕ながやまくろべえ


永山氏は加賀の豪族。能美郡虚空蔵山城によ

るという。

1580年11月柴田勝家の調略により頸を切られ、

    頸は安土に送られる。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

長屋甚右衛門(ながやじんうゑもん)

2018-07-23 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
長屋甚右衛門(ながやじんうゑもん)

〔現代仮名遣い〕ながやじんえもん


1556年4月の斎藤道三対新九郎義竜の戦いの

    時は義竜の手勢として戦い、道三方

    の柴田角内に討ち取られる。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント

中村与八郎(なかむらよはちらう)

2018-07-22 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
中村与八郎(なかむらよはちらう)

〔現代仮名遣い〕なかむらよはちろう


名は不明。

1553年4月三の山・赤塚の戦いの時の、山口

    九郎二郎方の先手あし軽。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
コメント