『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

一即一切、一切一即(いっそくいっさい、いっさいいっそく)

2020-08-09 00:00:00 | 源平盛衰記の蔵:スピリチュアル篇
一即一切、一切一即(いっそくいっさい、いっさいいっそく)

<現代仮名遣い>いっそくいっさい、いっさいいっそく


華厳経の教えで、全世界は毘盧舎那仏の顕現で

あるとし、一微塵が全世界を映し、一瞬の中に永

遠を含むと説く。


コメント   この記事についてブログを書く
« 一心三観(いっしんさんくゎん) | トップ | 一搩手半(いっちゃくしゅはん) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

源平盛衰記の蔵:スピリチュアル篇」カテゴリの最新記事