『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

仁科(にしな)

2018-08-18 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
仁科(にしな)

〔現代仮名遣い〕にしな


不詳。武田勝頼の臣。

1575年5月長篠の合戦に参戦し、退却時に討ち

    取られる。


↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 西田原の城主(にしたはらの... | トップ | 仁科盛信(にしなもりのぶ)[... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

信長公記の蔵:人物篇」カテゴリの最新記事