『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)

2020-07-03 00:00:00 | 源平盛衰記の蔵:スピリチュアル篇
阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)

〔現代かなづかい〕あのくたらさんみゃくさんぼだい

≪仏教関連≫

「最上の知恵」の意。仏の知徳を讃えて唱える語。


 ※関係ありませんが、昔のテレビで

  “レインボーマン”がこの呪文を

  唱えていましたね。




コメント   この記事についてブログを書く
« 阿那婆達多龍王(あなばだっ... | トップ | 阿旁・羅刹(あはう・らせつ) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

源平盛衰記の蔵:スピリチュアル篇」カテゴリの最新記事