『いいかよく聞け、五郎左よ!』 -もう一つの信長公記-

『信長公記』と『源平盛衰記』の関連は?信長の忠臣“丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?

若御局(わかおんつぼね)

2020-02-21 00:00:00 | 信長公記の蔵:人物篇
若御局(わかおんつぼね)

<現代仮名遣い>わかおんつぼね


誠仁親王の后で、五の宮の母。万里小路秀康の

女(むすめ)。

1579年11月誠仁親王の二条ご新造への移徙(わ

    たまし)に同行。



コメント   この記事についてブログを書く
« 若江衆(わかえのしゅう) | トップ | 若狭の衆(わかさのしゅう) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

信長公記の蔵:人物篇」カテゴリの最新記事