フィッターの独り言

ゴルフショップ「マスターズゴルフ」のフィッターが徒然なるままにつぶやいてます。

ミズノプロ三兄弟

2021年10月08日 19時31分27秒 | ゴルフフィッティング

5年ぶりぐらいかお久しぶりにご来店は宇部市の“M”様(小傷よりもっと大切な・・ 等でご紹介)。グリップ以外は全く変わっていない今お使いのクラブで打ってみて頂くと、結構スイングが変化なさってか打点のバラツキでシャフト不適合を感じる。ヽ(^。^)ノアレアレー?



ミズノ・クラブフィッティングを実施してみると、以前は手元調子の(X)推奨だったのが今回は中元調子の(XS)推奨となっており、各種シャフトをお試し頂き、KBS Tour(S)に軍配を上げて頂く。(・υ・)`ホォー



ヘッドはアタック角-5からして高重心より中重心の方がと思うがキャビティーをお奨めするのは気が引けていると、「今度は易しいヘッドにと思っていました。」と仰るので、Mizuno Pro 223 Mizuno Pro 225を打ち比べて頂いたが、飛距離・方向性共に差異は出ず、「こっちの方がマッスルみたいで格好が良い。」との事で Mizuno Pro 225に軍配を上げて頂いた。\(^o^)/ ワーイ!!

只、 Mizuno Pro 225の場合はPWのロフトが44°と従来より起っているので、ウェッジも49°・54°・58°と3本体制をお奨めすべく、顔がお気に召した新製品のT22KBS HI-REV2.0(S)でアイアンと揃うようにカスタムオーダーを承る。ハーイ(^O^)/

ウッドも各種お試しの結果、Mizuno Pro・MODEL-STourAD HD(6S)と Mizuno Pro・フェアウエーウッドでカスタムオーダーを承って一件落着。\(^o^)/ ワーイ!!

TOP画像はマッスルバックの Mizuno Pro 221と、見た目はマッスルながら易しい Mizuno Pro 225と、顔はシャープだが打てば易しいMizuno Pro 223のミズノプロ2022年ニューモデル3兄弟。

#MizunoPro221
#MizunoPro223
#MizunoPro225
#T22


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新型ドライバーと新型アイア... | トップ | 11/7・PRGRツアーバ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿