中小企業診断士・人気プロ研修講師・コンサルタント・人気プロコン塾売れプロ塾長あお先生こと青木公司の元気が出るブログ

企業研修・診断士講座の超人気講師、コンサルの中小企業診断士青木公司が使える経営と診断士試験ノウハウについて熱く語ります。

宣伝:青木が贈るビジネスセミナー BSC

2008-01-31 21:06:45 | 青木公司の講義、講演、執筆予定
こんばんは。中小企業診断士の青木公司です。

本日、急遽決まった青木のセミナー予定です。

ビジネスに役立つ講演をします。

----------------------------------------------------------------------
2月4日 (月) 19:00 20:00 東京リーガルマインド新宿エルタワー
青木公司講師 BSC(バランススコアカード)活用であなたの人材価値を3倍に!

バランス・スコアカードを簡単に活用できる手法をお届けします。

2月7日 (木) 19:00 20:00 東京リーガルマインド横浜駅前本校
青木公司講師    題名:仮 中小企業診断士資格活用法

-----------------------------------------------------------------------

お楽しみに。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お金だって、心だって両方大事。だってマズローだもの

2008-01-31 12:53:36 | 組織人事戦略に役立つ情報
こんにちは。中小企業診断士の青木公司です。

本日は給料と、人のやる気と両方についてお話をします。

厚生労働省が1月31日に発表した2007年の勤労統計調査によると、月平均の現金給与総額は前年比0.7%減の33万0212で3年ぶりに減少したそうです。

また、ボーナスなども3.1%減。
特に中小企業の落ち込みが目立つそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000060-jij-bus_all

ゆゆしき自体です。特に、今はインフレが加速していますので、国民の生活がさらに苦しくなるでしょう。

少子高齢化、年金問題の影響で、消費者の財布の紐はさらに固くなり、GDPにおける一般消費の落ち込みが心配です。

さて、あの有名な心理学者マズローは、欲求の5段階説を唱えています。

生理的の欲求→安全の欲求→社会的欲求→自我の欲求→自己実現の欲求

右にいけばいくほど、高次の欲求であり、仕事の意味でも高次の欲求を満たしている状態、満たそうとしている状態が最高の仕事をできる状態です。

中小企業の社長の中には、「自己実現の心をもて。」などとハッパをかける方もいますが、左側の欲求(生活できるお金がもらえる、仕事が継続してできる、会社の中に自分のポジションがある、誉められている)が満たされていなければ、自己実現の欲求など出てきません。

経営状況も厳しいかもしれません。しかし、青木ブログに以前書いた今年の勝組の法則を守って、成功しましょう。

そして、
1. 従業員にはちゃんと納得できる賃金を払いましょう。今、払えなければ、「今は業績がわるいからこれだけですまない。しかしよくなったら、しっかり払うからな。」といいましょう(間違っても、「お前のせいで、業績がわるいんだ。これでもありがたいと思え。」といってはいけません。やる気がなくなり、業績悪化。最悪パワハラで訴えられます)

2. 雇用もなんとかなるなら「絶対、会社もつぶさない。伸びるんだ。一緒にやっていこう」と雇用を保証して、安心させましょう。(「もうだめだ。会社だめだ。お前も首はすぐだぞ。」などとぼやいてはいけません)

3. これがお前の仕事だ。大事な仕事だ。というのをしっかり伝えましょう。

4. いつも君に感謝している。君の仕事はすばらしいと伝えましょう。

5. 1-4を達成して、「もっとすばらしい成果を期待しているぞ。君にまかしてるぞ。ここについては自由にやってくれ。」といいましょう。

お金だけでは人は動かない。お金がなくてもうごかない。

両方のバランスが重要なのです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

臨時:予告:中小企業診断士二次青木担任クラス開講予定

2008-01-30 22:53:02 | 青木公司の講義、講演、執筆予定
こんばんは。中小企業診断士のあお先生こと青木公司です。

本日は緊急予告です。

ついに東京リーガルマインドにて、中小企業診断士講座の二次講座において、青木公司が二次の組織人事、マーケティング、生産、財務全科目を担当する青木講師担任クラスがスタートすることになりました。

青木の担任クラスは、二次特性を完全に掴み、二次攻略の一次知識、論理的思考法、そして、80分間の最強の解法フロー、そして、その実践を完全にマスターする世界で始めての講座になると思います。

もちろん、モチベーションコンサルタントとして、勉強している期間、そして合格後は仕事の仲間として、サポートします。

とりあえず、ガイダンスで、診断士試験攻略のツボや青木担任クラスで行うエッセンスをお知らせします(無料の予定)。

3月9日(土)にガイダンス
3月29日(土)にガイダンスと第1回講座があります。

また、これは生クラスだけではなく、通信でも販売され、また、全パック以外にばらでも受講できますので、自分が身につけたいものだけでも受講できます。

一度、ガイダンスにきませんか。一緒にお話しましょう。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下町旅館 澤の屋から学ぼう6 自分達ができることをやる

2008-01-30 12:44:25 | 成長戦略、事業戦略に役立つ情報
こんにちは。中小企業診断士の青木公司です。

本日は、下町のおもてなし国際旅館、澤の屋旅館に学ぼうシリーズ。
最終話です。

身の丈で学べる経営のノウハウ。最後は「自分達ができることをやる」について、お話します。

澤の屋旅館は東京の下町、谷中にある小さな旅館です。
http://www.tctv.ne.jp/members/sawanoya/nihonngho.html

特段、すごい設備があったりするわけでもない古い普通の旅館です(社長談)。
しかし、現在までで外国人を受け入れ始めた昭和57年夏からで延べ90カ国、13万人の外国人を受け入れ、日本国内より外国で有名な旅館になっています。
脅威的に顧客の満足度は非常に高いです。
現在まで800回を超えるマスメディアに取材を受けており、社長は講演会に引っ張りだこ。

しかし、家族経営の澤の屋旅館です。人的資源を初め、お金、設備いずれも限られています。

社長はいいます。

「ホスピタリティーといっても特別なことをするわけではありません。お客様が何をして欲しいか。それを自分達ができる範囲でやるんです。できることをやるんです。」と。

その1:澤の屋旅館は夕食を出さない。朝ご飯のみ。和食は予約制。洋食はパンと玉子など。

社長はいいます。「前はうちも板前はいて、夕食を出していました。そうすると人件費がかかります。コストが上がります。お客さんが高く払わないといけなくなります。しかし、澤の屋のある谷中には、すばらしくおいしい定食屋や食べ物屋がたくさんあります。夕食は街で食べていただくんです。この下町谷中のおいしいものを、人情ある下町の人と触れ合いながら食べてもらう。そのほうがお客もうれしいんです。」

その2:街と共同で外国人客を迎え入れる体制
(ブログその5、街と連携するを参照してください)

そして、何も飾らない家族経営の澤のや、何も変わらない下町の谷中という街そのものをみてもらうようにするそうです。

社長は言います「外国の方に聞くと、外国の方が見たいもの、感じたいものと日本人が見せようとするものは違うそうです。外国の方は飾らない日本の文化、飾らない人の心に触れたいんですと。谷中には、いつまでも変わらない下町の心が流れています。私たち澤の屋旅館もそうです。それを飾らずにお見せするのです。」と。

その3:お客様の要望を聞き、やれることからやる。

澤のやも4年前にトイレを改装し、洋式トイレに。そして、今、女将こだわりの浴槽に新装したそうです。

社長はいいます。「お客様の言葉を聞いて、不便なことは少しずつ、少しずつ、直せるところから直していきたいんです。」と。

その4:地図をつくる。
家の周りの見所、食べ物屋、外国のお客さんに英語で、道を聞かれる街に住む日本人用に日本語で、そして両方わからない人のために絵で・・・。

身の丈で自分達がやれることをする。自分達がやれないことは、他の人と上手に連携してやる。お客様の立場を考えてする。

おもてなし、ホスピタリティーは特別なことじゃない。相手のことを本当に考えて、自分達がやれることをする。

身の丈で、成功する澤の屋旅館の真髄はそこなのです。

第6回のシリーズいかがだったでしょうか。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

ご感想をよかったら聞かせてくださいね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下町旅館 澤の屋から学ぼう5 街と連携する

2008-01-29 12:38:05 | 組織人事戦略に役立つ情報
こんにちは。中小企業診断士の青木公司です。

本日の横浜はみぞれまじりの雨でした。

本日は、シリーズ下町のおもてなし国際旅館、澤の屋旅館から学ぶ。4番目。

「街と連携する」についてお話をします。

シリーズものなので、是非、過去のブログもご参照ください。
↓ 第一回はこちら
http://blog.goo.ne.jp/masterao/e/e8608b9c83537288c38841b3c1ebde52

澤の屋旅館は東京の下町、谷中にある小さな旅館です。
http://www.tctv.ne.jp/members/sawanoya/nihonngho.html

その澤の屋旅館が、90ヶ国から延べ13万人の外国人を受け入れる。
「日本文化を学んだ」「澤の屋との出会いが日本の場所を特別な場所にしてくれた」

絶賛される澤の屋旅館ですが、社長はこういいます。

「やなかという街と一緒に外国人のお客様を受け入れるのです」

外国人のお客様を受け入れるということは、街に外国人の人が多く来ることになります。
街の人の生活も変わります。街の人たちの態度も外国人のお客様の思い出に影響します。

社長は、下町情緒が残るやなかの町の人にお願いしていきます。外国の方は違うだけなんだ。そう説いて回ります。街ぐるみで外国のお客様を歓迎する雰囲気を作っていきます。

社長も街とのかかわりを積極的にとります。町内会役員、旅館組合、小中学校PTA、どんどん理解者も増えていきます。

そのうち、外国人のお客様はこう言い出します。
「豆腐屋の前で、豆腐を作るのがおもしろくて、ずっと1時間みてたら、豆腐をくれたよ。おいしかったよ」
「朝散歩してたら、お寺でラジオ体操やってた。入れてもらったよ。ラジオ体操っておもしろいね。」
「盆踊りに入れてもらったよ。楽しかったよ。」

台東区のチベットとも評されるやなかの下町情緒と下町の人の心が外国人の方々の心に染み入ります。

そして、澤の屋旅館とやなかのシナジーが、外国人顧客にとって、日本を特別な場所に変えていくほどの感動を呼びます。

社長は街に話をして、お花見の時は「澤の屋に泊まっている宿泊客です」と伝えれば、お花見の代金ただで、自分の旅館の外国人のお客は飲ませてもらえるようにお話しているそうです。

「私も一緒に行くと、妻は自分が飲みたいだけだろうと笑うんです」と社長はいいます。

中小企業は人、物、金の経営資源の制約は厳しい。

だからこそ、他者との連携が大切ですね。

自分と心をともにしてやってくれる、ハートの連携。

是非、みなさんも構築しましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週のいい言葉 夢を持つと・・・・ シュリーマン

2008-01-28 12:31:57 | 今週のいい言葉
こんにちは。中小企業診断士の青木公司です。

今週も元気一杯の週になるように元気の出るいい言葉を紹介したいと思います。

「夢を持つと苦しみを乗り越える力が湧いてくる。」 ハインリッヒ・シュリーマン

ハインリッヒ・シュリーマンは子供の頃、お父さんから聞いたトロイア戦争の伝説を聞いて、当時、御伽噺と思われていたトロイアを信じて、トロイア発掘を夢見て、その夢を老人になってから実現した人として有名です。

1822年、ドイツの小さな田舎町で牧師の子として生まれたシュリーマン。
経済的には豊かな家ではなかったようです。母の死、父のスキャンダルと相次ぐ不幸もあり、14歳で小さな雑貨屋で朝5時から夜11時まで働いていたそうです。ここで、普通なら勉強をあきらめるでしょう。しかし、彼は違いました。

夢を実現するために彼はこう考えていたのです。

トロイアを発掘しなければいけない→そのためには莫大なお金がかかる→商売で大成功しないといけない→勉強しなければいけない。

彼の情熱はいっそう高まっていきます。

ここで、また不幸が起こります。

重過ぎる樽を持ち上げたシュリーマンは腰を痛めて、雑貨屋を辞めなければいけなくなったのです。一文無しで。

しかし、19歳で小帆船にボーイの働き口を見つけます。

そこで又不幸が。その船が難破、運良く助かったシュリーマンでしたがドイツに帰れず、オランダに残ることになります。

そこで事務所の仕事を見つけたシュリーマンは薄給の中、ひたすら勉学にいそしみます。

「みじめな境遇と、努力すればそこから抜け出せるというたしかな見通しほど勉学に
拍車をかけるものはない」 それが彼の言葉でした。

そして、彼はこう思います。

トロイアを発掘しなければいけない→そのためには莫大なお金がかかる→商売で大成功しないといけない→そのためには迅速に多くの情報が必要だ→語学だ。

彼は古典を丸暗記するという必殺の勉強法でわずか3年で、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語をマスターします。
最終的にスゥエーデン語、ポーランド語、ロシア語、現代ギリシア語、古代ギリシア語、ラテン語、アラビア語をマスターし、貿易商人として、驚異的な大成功を収めます。

その莫大な資金力で、老人になってついにトロイア発掘に成功するのです。

夢を持ち、信念に変え、苦難をチャンスに変えて夢をかなえる。

彼のような生き方、是非したいものです。

青木もいつか自分の夢を実現しますよ。

さあ。今週も張り切っていきましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宣伝:二次通信特講ゼミ

2008-01-27 12:04:11 | 今週のいい言葉
おはようございます。中小企業診断士のあお先生こと青木公司です。

本日は、青木が中小企業診断士講座講師をつとめる、東京リーガルマインドの青木の担当する講座の紹介をします。

二次通信特講ゼミ。全国の学校と同時配信システムでつなぎ、講義が半分、双方向のコミュニケーションを中心とした二次講義を行います。

一日90分の講義の後半はTV画面を通じて、コミュニケーションします。生講義に出られない地方の学生の方、通常の生講義を越えて講師とコミュニケーションしたい方、是非ご検討下さい。

http://www.lec-jp.com/shindanshi/kouza/2008gm/feat_68/a/option/s_zemi/index.html
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タイム・イズ・マネー。ながら学習法で勝利をつかめ。

2008-01-27 11:53:53 | 診断士受験対策心構え、勉強法
おはようございます。中小企業診断士のあお先生こと青木公司です。

本日は時間の効率的使い方のヒント。「ながら学習法」についてです。

とかく忙しい現代人。仕事、学校、他の勉強、家庭の仕事、社会との関わり、サークル活動、やらないといけないことが山積み。

そして、子供の頃は勉強するとえらいと褒められましたが、大人になった今は

「そんなことより仕事に集中しろ」
「すこしは子供の面倒をみてよ。家を掃除して。」
「私をほったらかしにしないでよ。どこかつれてって。」
「私と勉強とどっちが大事なの。」

褒められるどころではないですね。

そんな時、頼りになるのが、以前紹介した「隙間時間学習法」と本日紹介するながら学習法です。

ながら学習法とは、何かをしながら、他の何かをこなすことを利用した勉強法です。

ポイントは両方共存できるようにすること。

青木のお勧めはこれです。

スポーツ編
1. 走りながら、MDなどで診断士勉強。
  お勧めは、講義内容を収録して、それを聞いて復習です。
2. エアロバイクをこぎながら、MDなどで診断士勉強。

運転編
1. 車を運転しながら、MDなどで診断士勉強
2. 自転車をこぎながら、同上。
3. 歩きながら、同上

家事編
1. 家事をしながら、暗記。
2. 家事をしながら、MDなどで診断士勉強。

色々、考えましょう。

時間を得した気分になりますよ。

他にもナイスなアイディアがあったら教えてくださいね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人間は一生学び続けることができる。

2008-01-26 09:28:38 | 今週のいい言葉
おはようございます。中小企業診断士のあお先生こと青木公司です。

本日2つ目の話題です。

今日は驚きの話を聞いたので、載せました。

浙江省台州市に住む李善教さんは御年98歳。それで、浙江広播電視大学に大学生として通っているそうです。

しかも10年かけて40科目履修。すべて、優という、最高齢の最優秀学生というのです。

毎日5時に起床、1時間、太極拳。その後、1時間散歩。
朝食のあと花を植えたり読書する。
その後、登校する。

すばらしいですね。

青木は以下の言葉を思い出しました。

「人間は一生学び続けるべきです。人間には好奇心、知る喜びがある。肩書きや、出世して大臣になるために、学ぶのではないのです。では、なぜ学び続けるのでしょう?それが人間の使命だからです。」・・・マスターキートンより。

青木も学び続けたいと思います。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

休日の過ごし方。勉強時間の確保術

2008-01-26 09:12:23 | 診断士受験対策心構え、勉強法
おはようございます。中小企業診断士のあお先生こと青木公司です。

本日は朝7時に起きて、8kmを走ってきました。
青木の住む、横浜市港北区は緑が非常に多く、とても気持ちいいです。同じように走るランナー、犬を連れて散歩する人、少年サッカーの少年たち・・・。朝の住人ってすばらしい人たちばかりです。

週末なので中小企業診断士受験対策についてです。

休日の勉強法に関してお話をします。

忙しいビジネスマン、学生にとって週末で勉強時間を確保することは大切です。
コツは以下の通りです。

1. 他力本願
(1). 資格学校に通う。
資格学校に通えば、資格学校の講義時間の勉強時間が自動的に確保されます。あわせて、行き帰りの時間学習できます。自習室で学習できます。
(2). 勉強会にいく。
仲間のやる気に引っ張られ、勉強できます。
(3). 自習室、図書館にいく
受験勉強の学生たち、ビジネスマンたちのやる気に引っ張られます。

2. 自助努力
(1). 時間の工夫
・早朝学習
早朝なら家族にも迷惑はかかりません。TVもつまらないので、誘惑にもまけません。他の時間は別のことにも使えます。
・夜学習
昼の用事をすませ、夜に集中
・隙間時間
とにかく、細切れ時間を徹底的に使う。

(2). 場所の工夫
・誘惑の少ない部屋で
TV、オーディオ、パソコンのない部屋でやりましょう。
・集中できる外で
重複しますが、図書館、自習室、ファミレス、喫茶店、ファーストフード。集中できるところで。

ともかく知恵を振り絞りましょう。

修行僧のように勉強に打ち込もうとするとたいていの人は続きません。
上手に時間を使いましょう。

勉強時間の確保については、以下にも記載しました。参考にして下さい。
http://blog.goo.ne.jp/masterao/e/2825acabfc66cad3cb094a09bd6f4de7

今日もみなさんがんばって。応援しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする