中小企業診断士・人気プロ研修講師・コンサルタント・人気プロコン塾売れプロ塾長あお先生こと青木公司の元気が出るブログ

企業研修・診断士講座の超人気講師、コンサルの中小企業診断士青木公司が使える経営と診断士試験ノウハウについて熱く語ります。

今週のいい言葉 まさに水原勇気!日本女子ソフトボール抑えのエース!後藤希友選手

2021-07-23 23:06:36 | 成功する最強研修セミナー講師養成講座東京

皆さん、こんばんは!

プロ研修講師・プロコンサルタント・中小企業診断士の青木公司です。

今週のいい言葉NO2。

日本女子ソフトボールの若干20歳のサウスポー。抑えのエース!

後藤希友(みう)選手のいい言葉です。

「自分の投球で

 チームに

 良い流れを引き寄せる。」

・・・2021年5月4日 後藤希友(日本女子ソフトボール、投手、左のストッパー)

日本女子ソフトボール界がずっと待望だったサウスポーの好投手。

今回、日本女子ソフトボール最年少の若干20歳。

後藤希友選手が2021年5月4日に色紙に書いた言葉です。

思わず、鳥肌が立ちました。

まさに、実現しているからです。

世界ランク5位の強豪、メキシコとの決戦はジリジリする闘い。

最終回の7回、10奪三振だった上野投手が、連投の疲れが出てノーアウトからファーボール、ヒット、センター落球で1失点。

2-2の同点になり、ノーアウトランナー1,2塁。

その厳しい場面で登板。そこからの2回で6個のアウト中、5奪三振。

延長の8回は、ノーアウトランナー2塁から始まるタイブレークも、アウトはすべて3連続三振のうなるような剛腕で、抑えましたよね!

躍動感があり、空中に伸び上がるような素晴らしい投球フォーム。

ミットにうなりを上げる最速113kmの剛球。

鳥肌が立ちました。

僕が思い出したのは、あのドカベンを書いた漫画家の水島新司さんの伝説の野球漫画、野球狂の詩の主人公、プロ野球初の女子選手、水原勇気です。

あの下手投げを超えた下手投げはまさにソフトボールの投球フォーム。あのドリームボールすごかったですよね!

躍動感のあるフォームもそっくり。

その後、8回裏、味方が勝ち越し、サヨナラ!

まさに、彼女の予言通り、「彼女の投球で味方に流れを引き寄せました!」

すばらしい!

初戦も彼女の登板の後、味方がコールドにしました。

後藤投手は、今、「私は世界一贅沢だ」といいます。

彼女が所属するトヨタ自動車で、彼女は2009年から日本に来ているアメリカの世界最強左腕、モニカ・アボット投手と一緒にプレイしています。

そして日本NO1では、世界最速121kmの剛腕、上野由岐子投手と一緒にプレイ。

さらにぐいぐい成長していって、金メダルの貢献してほしいです。

がんばれ!後藤希友選手!


全国各地の大手企業、特許法人や社会保険労務士法人など士業事務所、大手企業労働組合、中小企業の多くのコンサルティング。

全国各地の大手企業の研修講師、経営者向けセミナー講師、講師・プロコン指導、二次合格率47%の中小企業診断士受験講座講師の青木の講師、コンサルティングのお申し込み、お問い合わせは以下青木のメールアドレスまで
    ↓
masteraochan@yahoo.co.jp
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今週のいい言葉 日本ソフトボールのエース上野由岐子 座右の銘

2021-07-23 14:38:50 | Weblog

皆さん、こんばんは!

プロ研修講師・プロコンサルタント・中小企業診断士の青木公司です。

オリンピック始まりましたね!

今週もポジティブに過ごして頂けるようにいい言葉。

2008年オリンピックソフトボール、金メダリストにして、現在も日本のエース。世界最速121kmを誇る上野由岐子選手の座右の銘です。

「強い弱いは執念の差」・・・上野由岐子(日本ソフトボールのエース、金メダリスト)

誰もが2008年、オリンピックで、最後の2日間、オーストラリア戦、アメリカ戦、そして翌日のアメリカ戦。

1人で413球を投げぬき、中指の皮がすべて向けても投げ切って、金メダルをつかんだあの剛腕、上野投手。

思い出しますよね。僕は思い出すたびに涙が出ます。

本当に本当にあの投球はすごかった。

あれから不運にも2012年、2016年とソフトボールは正式種目でなくなりました。

そのあとも、ずっと日本のエースとして、そして昨日、39歳になった上野投手。初戦、7回途中まで1失点、連投となった昨日も上野投手は7回途中で2失点(エラー気味の失点もふくめ)。よくなげましたよね。

その彼女の座右の銘が以下です。

「強い、弱いは執念の差」。

僕はまさにそう思います。

執念が最後は強さに繋がるのですよね。



全国各地の大手企業、特許法人や社会保険労務士法人など士業事務所、大手企業労働組合、中小企業の多くのコンサルティング。

全国各地の大手企業の研修講師、経営者向けセミナー講師、講師・プロコン指導、二次合格率47%の中小企業診断士受験講座講師の青木の講師、コンサルティングのお申し込み、お問い合わせは以下青木のメールアドレスまで
    ↓
masteraochan@yahoo.co.jp
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする