テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

Nスぺで

2015-06-30 06:53:23 | テニス
先日NHKスペシャルで錦織の特集がやってました。




いやー、面白かったです。




何が面白かったって、ベッカーのお話ですね。




マイケル・チャンと対戦していた時の過去についての精神的な話をしていましたが、やっぱりメンタルって結構大事です。




突き放してもくらいついてくる人って、離した方からしても嫌なものです。




そういう意味で、アガシは批判されてきました。




相手がいいショットを打つと走らないで拍手していたからです。




この辺は天才と言われる人たちの感性なので、なかなか私みたいな一般人には理解できないかもしれないですね




ほんでもって思ったのは、マイケル・チャンはドSだということです




笑顔で、「practice a couple ours?」って言ってました。




「2~3時間同じ練習をする?」ってことです(*^_^*)




何度も何度も反復練習をさせるんですね




これは20歳以上の選手に有効な練習です。




結晶性知能とはこういうことですからね。




そんでも、同じことを2~3時間って軽く言っちゃうところがすごいですね。




そんなことやったら死んでしまうわって思う事を笑顔で言ってくる。




素敵なコーチですね







さて、ウィンブルドンが始まりましたね。




個人的には錦織以外の選手が競って負けたことに興味があります。




これねぇ、多分錦織効果だと思います。




世界との差がある、って言われていたけど、錦織に勝ったことのある選手にとっては、「俺もいけるかも」って思ったはずです。




まぁ、課題は「競って勝つ」にどうつなげるかですね。




基本的には強い選手はリスクを負わないで勝ったりしますが、下が上に勝つにはある程度のリスクは負わなければなりません。




この辺も戦略とその各ショットの選択になるんでしょうけどね。




まぁ、メンタルも関係してきますね。




何を選択していくのか?ってのは常に悩みの種になるんでしょうね。




私の好きな言葉で「what you choose?」ってのがあります。




あなたの人生を切り開いていくにあたって、自発的に何を選択していくのかはお前自身が決める事だという内容です。




これを言った人はスラム街の学校の教師で、学校を出ると生徒たちはギャングか麻薬の常習者になるしかない子達に向けたメッセージですけどね。




つまり、自分と向き合って、自分の人生を自分で切り開いていけと言うメッセージと私は解釈しました。




勝つか負けるかの二元論でメディアは盛り上げますが、こういった細かい選択についても、その裏にある精神的な部分を含めて試合を見ると、違った角度から楽しめるかもしれませんね







コメント

朝の飲み物

2015-06-29 08:41:55 | テニス
今日も朝から色々ニュースがやってますねぇ。




特に、安保法案をめぐる、「報道の自由」と「言論の自由」については面白いですねぇ。




毎日は百田氏が発言した理由として、「嫌いだから」と書いてますが、その前の発言が抜けているのが興味深いです。




「記事に嘘を書いているから嫌い」が本当の百田氏の発言なんではないでしょうかね?(なんの記事がどう嘘なのかは知りませんけど)




こういうちょっとした情報操作とも取れる事をするからメディアはなぁって思います。




どちらも都合のいいとこ取りの発言なんでしょう。




すべての新聞社は過去に正しくない記事を書いているのは事実です。




人間なんだから間違わないってのは無理なことでしょう。




でも、その間違いをごめんなさいするのも人として必要かと思うんですけどね。




大人のいじめ、いや、戦いはこうやって行われるんだよ、子供達




だから、強くないと生きていけなくなっちゃうよ




ということで、今日はなんのお話しますかね?




政治の話をしたので、ちょこっと政治の話にしますか?




このニュースにもある内容になりますが、韓国と中国の話にしますか。




いわゆる朝日は韓国よりの新聞と言われていて、産経は逆と言われています。




だから、産経の人は韓国で拘束されたんでしょう。




解釈って難しいですね




で、領土問題ですが、あーだこーだ言わねェで裁判で解決したらいいと思いませんか?




隣の家の方と自分の土地でそういう問題があったら、何年も言い争いをしないで裁判で決着をして、すっきり生きていきたいと思う人は多いと思います。




でもね、国際裁判ってどっちもテーブルに着こうとしないとできないんです。




つまり、日本が裁判しようと言っても、韓国と中国は乗ってきません。




なぜなら、今裁判をやると負ける可能性が高いからです。




なので、いつか来るであろう裁判に向けて、実効支配していますよアピールをしようとしているわけですね。




いい例を出すと、ロシアは北方領土を実効支配しています。




どんなに騒いでも、約束が違うじゃないかと言っても、こうなってくると国際裁判でも勝つのは難しい可能性が出てきます。





ま、それを中国と韓国は目指しているという事なんでしょう。




いやー、大人のやることって面白い




大人の背中を見せる事で子供は育つ




みんな仲良くってのは、政治の中にはない言葉なんでしょうね。




win-winの関係なら、感情を関係なしに仲良くしようという事ですから。




だから、世の中人間関係さえも、お金がすべてなんだよーって子供に言いますかね?




都合のいい時にモダニズム、ホリスティックを使い分けている気がしますね。




そんな世の中でも子供は育ちます









さ、今日も朝ごはんの時間です。




今日の朝ごはんは親子丼




やっぱり飲み物になることでしょう





朝は美味しい飲み物からスタートね








コメント

球際

2015-06-28 23:44:32 | テニス
今日はお姫様とのテニスでした。





今日のレッスンのテーマは、球際です。




球際ってのはボールを打つ瞬間の話ですね。




球際に強いとか、弱いとか、粘りがあるとか、そんなことを言われているやつです。




で、なんでそんな話になったかというと、彼女は一生懸命テニスをします。




ですが、一生懸命さゆえに、厳しいボールが来るとただひたすら必死に返すだけになるという欠点があるからです。




これは感情論になるような結果であって、「うまくなる」ことには向かってないと判断しました。




なので、その球際でのメカニズムのお話ですね。




基本的に、内容は数学のお話です。




例えば、コースの打ち分けについては三角関数の話をしますが、これって上空から選手を見たお話です。




でもって、これを横から見るとまた違うストーリーが出てきます。




そして、これをどんどんミクロの世界に持っていくと、またまた違う世界になります。




ボール自体のどこをどうするとどうなるって話になります。




これを3Dのレベルにまで持っていければ完全なるイメージができあがるわけですが、部分だと、目先の利益を得ることにつながるという危険があります。




これは嫌いな話なんですが、いわゆる、安易に「打ち分けやすい」という感覚を得る事ができるようになります。




これはね、「教えるのがうまい」と言われるコーチとかが言う内容なんですが、この本質を数学的に理解しないと意味が無いと私は思っている内容ですね。




他で例えると、「夏期講習で大きく学力がアップ」的な広告を出す塾とかですかね。




上がるのはテストの点数で、本質的な生きるための学力ではないというのが私の考えです。




まあ、難しいです




でも、この話で、厳しいボールになっても取りあえず左右に打てるようになりました。




こっからですね。




こっから、これをどう感じて、どう使っていくかなんです。




理性と感性のコラボレーションです。




お母さんには、感性を育てるための仕掛けをどんどんしてくれとお願いしています。




能力は、やはり家庭で育てるのが一番手っ取り早いと思っていますので




最近は感性が発達してきていると思う事が多いです。




これって相当嬉しい話です。




「違いがわかるか?」と聞いて、去年は首をひねって「???」が多かったですからね




いいものを子供に提供したい気持ちはわかりますが、この感性を育てる風船を使ったトレーニングについてお姫様はお母さんに軽く沢尻エリカで、私はかなり楽しかったです。




メンタルも育ってきているように思えます。




不都合なものほど能力を育てるって話ですね




後はもう少し表現力が育ってくると、流動性知能とリンクするのではないかと思っていますが、さて、この辺は楽しみですね。




12歳までに伸びる能力、20歳までに伸びる能力、臨界期があるコンテンツの中で、どうなっていくのかというのは、一回しかできない人生だから価値のあることだし、それに携わる私の興味でもあります。











あ、もちろん、最大の興味はおいしいビールですけど









コメント

R5リズム

2015-06-27 11:32:28 | ブログ
どーも、ただ今、健康診断から戻りました




ただ、今日が健康診断だったと忘れていまして、朝方まで飲んでいたのが何らかの形で出ないといいなと不安でいっぱいです。




……




…嘘です




数値が出たら出たで、出たとこ勝負よ




ということで、なんで朝まで飲んでたかって話になるんですけど、昨日は飲みながら色々なことを考えていました。




基本的に「どうやったらテニスがうまくなるのか?」って事に興味があるんですけど、これを考えると色々な考え方に出会う事になります。




まあ、哲学系なら「よさの哲学」とかですね、倫理学系も含める内容とか、環境なら社会学系とか、心の働きや感覚器官なら心理学系とかになるんです。




そうすると、けっこう膨大な量になって、それらを統合して、自分の中で思考すると、数時間とかかかっちゃうんですね。




数時間考えていると喉が渇きますよね?




なので、飲みながら考えてたってなるわけです




でもって、昨日はアルゴリズムとヒューリスティックの本を読みながら色々思考していました。




人間生きていればなんらかの問題に出会います。




中学生が連立方程式の問題に出会うのも、社会人が会社での問題に出会うのも、おデブの38歳テニスコーチが結婚できない問題に出会うのも、問題に出会うという点において同様です。




そして、この問題解決なんですけど、簡単に言うと、アルゴリズムってのは時間がかかるけど正解にはたどり着くものです。




でも、ヒューリスティックってのはアルゴリズムより時間短縮する解法であるが、正解にたどり着くとは限らないって事です。




はしょりすぎかしら?




例えば、商社に勤めていて、なんらかの標品開発をする時のパッケージを作成するとします。




その時に、その賞品の内容が「情熱的」「刺激的」の内容だった場合、友人とかから聞いて「情熱的」「刺激的」を連想する色は経験的に「赤」だと知り、そのパッケージは「赤」を選択するとします。


これがヒューリスティックです。




また、全世界中の人にアンケートを取って、「情熱的」「刺激的」の色が何色なのか?を聞いて回ると何%の人が「赤」だというのかがわかります。


これがアルゴリズムね。




でもって、これをテニスの問題に変換して考えると、「ボールが入らない」とか、「回転がかからない」とか、いろんな問題があるわけですよね。




これをどう解決していくのか?




ショーンフェルドはリソース、ヒューリスティック、コントロール、信念システムの4つをあげて説明していますね。




細かい内容に興味がある人はアマゾンでどうぞ




ここで、私が興味を持ったのは、コントロールの部分で、まあ、内容は、自分の中に監督みたいな人がいるという事ですね。




テニスで問題がおきました→じゃあ吉田のレッスンを受けよう→うまくなっている気がしない→違うコーチにしよう。




これ矢印で色々な選択肢に置き換える事ができます。




最後の「違うコーチにしよう」を「もう少しがんばってみよう」になるかどうかもこのコントロールが関係しているという話ですね。




これって、メタ認知なわけですが、面白いなぁと思います。




言葉は違えど、内容はほぼ同じですね。




で、もっと分類していくと、この最後の信念システムですが、これを形成するのは多分親です。




子供にどういう環境を与えて、どういう接し方をして、どういう風に問題と向き合うようにするのかというのは、生活の中でできあがってくるものです。




生活していれば必ず問題には出会いますからね。




まあ、これがまた難しいんですけどね。




難しいから、また色々考えるわけですね。




けっして、けっして、飲み続けたかったわけじゃーございません









でも、考えながら飲むビールもおいちい









コメント

父の日 part2

2015-06-26 01:43:19 | ブログ
どーも




なんか、お父上からメールが来ました。




「俺は父の日はウイスキーでいいど




ですって




いやー、もう送ったんだけどなぁ




本2冊




「送ったよ」




ってメールしたら、




「いづよ? オラ、ボゲじまっただがや?」




って返ってきました。




んーーーー




なんでしょうかね?




もしかして、母ちゃんと別居でもしてんのかいな?って思いましたよ。




だって、先日母ちゃんから




「なんだか本が届いちまったけど、おめ、間違ったか?」




ってメールが来たので、




「父の日のプレゼントだ」




って送ってあったからです。




で、父ちゃんと色々やりとりしましたが、




「おらにはクロニンジャーの理論は難しい」




だそうです




そんなに難しいかしらね?(^_^;)




「去年送ったカールポランニーよりずいぶん簡単だっぺ?」




と送ったら、




「カールポランニーは論外だ」




って返ってきました




もう、来年は絵本を贈ることにしますよ。




3ページくらいで終わる本。




なんなら俺が書いてやる




何書こうかな(*^_^*)




3ページあるから…




「ま」「な」「べ」って書こうかな。




一応ね、一般的にはスピアマンのいう一般能力と特殊能力ってのがあって、それは遺伝と相関関係があるって言われてるんだけど、これは数年後の私なのかしらと悩んでしまいますね




ま、MI理論でもいいですけど、学ばないことが幸せなのかもしれないですけどね








やはり、人を幸せにするのはウィスキーなのかもしれない








コメント