テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

忘年会シーズン到来

2013-11-30 07:37:25 | ブログ

さあ、今年も忘年会シーズンがやってきました





例外なく私もシーズンに入るわけです





年がら年中シーズンでしょ、というつっこみが聞こえてきそうですが、まあ、ちょこっと飲む回数が増えるわけです





「コーチは飲み会で中心になれていいね」と言われたりするのですが、これは解釈の問題で、集中砲火とも取ることができます。





もちろん私をたててくれるような飲み会も多いのですが、おもちゃにされる飲み会もあるわけですね。





先日の忘年会の話でのことです。





みなさん冷酒でいい感じに酔ってきたわけなんです。





と、話題は「なぜ吉田コーチは結婚しないのか?」について議論になりました。





「結婚できないのか?」ではなく「しないのか?」という言葉の選別に大人の配慮があるんですが、ここからがすごかった





時間的に言えば約40分くらいでしょうか。





各自の結婚観や経験をもとに、あーでもない、こーでもないと話が進みます。





この40分間で私が発言した意見はほとんどありません





が、超盛り上がってます。





みなさんテニスより顔が生き生きしてますけどって話です。





で、結論が出ました





「吉田コーチは考えすぎ」

「吉田コーチは理想が高すぎる」

以上。





こうやって情報は操作されていくんだなーと改めて感じました





記憶は情報となり、拡散され、人にイメージを構築させます。





考えすぎの、理想が高い私に春はやってくるのかしら


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はサーブ

2013-11-29 21:49:59 | ブログ

今日は大学生との戦いです





今日のテーマはサーブ。





サーブは基本的には肩甲骨、打点、プロネーションのみでほぼ完成します。





からの、反面対決です。





反面対決とは反面での試合です。





ポイントで大切なのは自分を出すことももちろんですが、相手との駆け引きに勝とうとすることです。






ということで、最後のトレーニングタイム

Dscf0424


つったそうです





ホント弱い子が多い部活なんですが、楽しく、厳しく、1歩でも前に進むことを目的として、自己の成長を望む日々を過ごしてほしいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素数

2013-11-27 23:52:28 | ブログ

素数はコーチにとって大敵です





なぜなら、レッスンを回すのに、一番厄介な数字です。





特に、11、13は一歩間違えると大変な問題に発展しちゃったりします





ということで、今日のレッスンを振り返ってみましょう






今日は桐ヶ丘レッスンに22人参加していただけました。





2面あるので、1面あたり11人。









コーチ泣かせの素数、しかも11人





ということで、アシスタント君やりました





一生懸命さが毎秒ごとに伝わってきます





数学が得意なコーチと、数学が得意な生徒のみであればもめることは絶対にないのですが、
やはりそこは得意同士ではありませんから問題は起きちゃうんですよね





ローテンションは11人いて、2分で回るとして22分×2面分=44分になるのですが、この計算、
トラブルがあって3分で回ってしまうと33分×2面分=66分でその差22分になっちゃいます。





いやー、横目で見たいたのですが、おもしろかったです。





完全に説明お兄さんになってましたね。





そこに一生懸命さを使ってどうする、というつっこみを入れたくなるレベルです。





レッスン後彼は反省していました





この仕事に限らず、伝える仕事はこういった問題を常に抱えているということですね。





平等の精神と言いながら、平等な感性は人間は持ち合わせていないというジレンマの中の戦いですね





だから人間工学という学問ができてくるんでしょうけど





受け取り方の例として、手術が成功する確率が95%と死亡する割合が20人に1人の話をしました。





さて、みなさんはどちらの手術が受けたいでしょうかね?





データによるとほとんどの人が成功する確率95%を選択します。





同じ確率なんですけどね





人って本当に面白いですね





このアシスタント君の話なんですが、別に苦しんでる彼をみて喜んでるわけではありません。

(本当はそうなのかもしれませんけど





人間生きていれば問題にぶち当たりますし、嫌なこともあるわけです。





じゃあ、どうするのかといえば、必死に乗り越えるしかないわけです。





もしくは、やめるという選択ですね。





解決しようとする能力は自己のマネージメント能力にも直結します。





今日の彼の脳はfMRIで測ったらものすごく活動していたことになるのでしょう





こういった葛藤を経て、前に進むか、違う道を選ぶのかが人生の分かれ目なのかもしれませんね。





まあ、この程度で泣き言を言うような子に育てた覚えはありませんが、ようやく自立の苦労を感じ始めたかと親心のような目でみてしまいました。





生きることは生かされることではない、カントではありませんが、やはり私は意志の力を持つ人を世の中にどんどん輩出していきたいと思いました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初体験

2013-11-25 23:17:09 | ブログ

今日も桐ヶ丘レッスンお疲れ様でした<m(__)m>





月曜は来週が忘年会ということで、スケジュールが合わず申し訳ないっす





是非、来年度はお願いいたします!(^^)!





ということで、今日は初めて小江戸号に乗りました





小江戸号とは西武新宿線の特急ですね。





なんでこうなったかと言いますと、帰宅ラッシュ時に私も帰宅になったわけですが、乗ろうと思った急行にはあふれるくらいのサラリーマンが





テニスバックを持っている私はそこに乗り込むのを諦めました。





電車が混んでる時にテニスバックを持ってる人に来る視線がきびちいんですよね(^_^;)





「各停で帰るか」と思っていましたら、特急がやってくるではありませんか





実は一度乗ってみたかったんです





もちろん小平には停まらないので、2駅バックしなくてはいけませんけど、一歩踏み出す勇気は人生必要です(まあ、こんなことに使わない勇気が必要なんでしょうけど…)





で、





すっごい快適でした





あの混み具合を知っていると東村山までの特急料金350円は安いくらいに思えてきます。





まあ、私の場合2駅戻らなくちゃいけないので、結果として急行と時間的には変わらなくなってしまうんですけど、あの「テニスバックなんか持ってんじゃねーよ」的な視線からは解放されるわけで、本当に精神的に楽に過ごせました。





毎日追われる日常の中で、非日常的な癒しの空間に出会えたことに感謝です





出会いついでに、生涯の伴侶にも出会わないかと夢みております

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3タテ

2013-11-24 23:42:53 | ブログ

今日は女子部のリーグでした。





女子はシングル3本のダブルス2本の合計5本で戦います。





福島合宿がなくなり、一応空いてるといっちゃ空いてたんですが、私、事務の仕事の方を取っちゃいました





まあ、場所が神奈川だったのでそれも大きいんですけどね





いや、そうじゃない。





勝つということを信じているから、自信を持っておじさんはおうちで洗濯やら掃除やら、パソコンやらに追われていたのだよ。





で、結果は3タテで勝利(残りの試合は未消化)





女子は1敗がなければ昇格コースだったのですが、来年はやってくれることでしょう。





4年前に比べて男女とも変わってきました。





甘えん坊の言葉を使う奴はかなり少なくなりました。





全体としてそういった姿勢ができれば自然に部内全体がキリッとした雰囲気になります。





個人ではなく団体を教えるときにはこの雰囲気というあいまいなものが大切になったりします。





コーチは常に滞在していないので、キャプテンの力量が問われてしまうのも事実になってしまいますが、キャプテンの力量が数年前より上がってきているという証拠なんでしょう。





さあ、男子はまだ、昇格コースにいますから楽しみですね





昇格しなかったらどうしようかなー。




全身剃毛とかしてもらおうかしら


コメント
この記事をはてなブックマークに追加