テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

タイムスリップ

2018-06-06 12:14:10 | ブログ
どーもこんにちは



朝から回鍋肉を堪能し、雨でも満足な41歳です



さて今日のお話は、先日IMG時代のおバカさんと飲みに行きまして、色々思い出すことがあったって話です。



私が大学で学んでいたことはIMGの人間は知っていまして、その度に「自分をイジメるねぇー、マゾなの?」とか、会うたびに「相変わらずくだらないことが好きだよねー」とかですね、暴言のオンパレードを受けてたわけなんですけど、卒業したという事で、お祝いをさせました



本当は3月にやりたかったんですが、みんなおじさんになって、社会的責任とかもあり、仕事もあり、なかなかみんなで集まるってのが難しくて時期がずれこんだんですね。



で、テーブルに着いた瞬間、おバカの1人は大きい声で言いました。



「あれ、ここチンチンないの? チンチンは? チンチンチンチン



「チンチンはお前が持ってるだろーが」と言いたかったんですが、周りは女性のお客さんとかもいまして、そういうツッコミは避けました(;´∀`)



と同時に、一気に記憶がフラッシュバックしましたよ。



昔っからなんですよね。



奇声を発するとか、奇抜な行為をするとか(´・ω・`)



「お客様」ってよく言われちゃうタイプ



ダーツに行けばジャンプして投げるし、「サーブじゃねーんだよ」とツッコんだ記憶がある



でも、学力は高いんだね。



だから、やっぱり学力が高くてもおバカさんはいるんです



で、もう一人は、初代盛田ファンドね。



今は選手育成をやってるみたいです。



私がニックに行っていたあの頃は、日本テニス協会が弱く、お金もなく、育成もできず的なね。



なので、バンとお金を出して、世界に出てくる人間がいないとイカンばい!ということでですね、どのくらいのお金が投入されたんでしょうね?



ニックにフルタイムで数年いることと、大会に回るお金が出たと思うので、1億円くらいは出たんじゃないかね?



でも、選手を作るのって最高の環境を考えるとそれくらいかかるんですね。



施設、人材、専門家、活動費等を入れると莫大になる。



だから、多くのプロは企業とタイアップせざるを得ないわけですね。



で、この盛田ファンド君は一緒にテニスをしていた人間の中で一番実績があるんですね。



日本だと20位くらいまでいったんじゃないかしらね?



レベルはプロレベルだけど、プロ登録しなかったんだね。



このレベルになるって結構すごいことで、そんなに願ったって簡単になれる事じゃない。



過去の話をするとバグダディスにも勝ったことがあるみたいなので、マジすんごいんです。



ただね、ただ1つ言いたい。



おじさんはこの子と直接対決で勝ってますーーー



ジャーナリストとして真実を知らしめないとね



ってな話をすると、「ガルルーガルルー」ってなるんだけど、いい歳こいても負けず嫌いなおバカさん達なんだなぁー(´▽`*)



その後も「ダーツで勝った」とか、「ボーリングで勝った」とか、「俺のほうが指が長い」とか、ホントに社会人としてどうなの?ということまで競う残念な脳みその人達(´▽`*)



でも、昔と違ってみんな大人になったんですね。



0時前にはみんな帰りました。



若かれし頃は焼肉食べ放題→ダーツ→居酒屋→ラーメン→ボーリング→居酒屋→ラーメンみたいな。



何回シメて何回始めるんだみたいなね。



しかも、朝の4時なのに、「は?逃がさねえよ」とか言われちゃうしね



怖い怖い



で、話題はやっぱりテニスになったんですけど、彼がコーチとしてすごいのは、ちゃんと実績を出させているという事ね。



教え子が日本1位とか、世界ランキングを取ったとか、これは非常に尊敬できる。



ダメ出しばっかりする結果を全く出さない牛丼好きなちょっと太ったダメコーチは日本に存在するんだけど、こいつのダメ出しは成長させるダメ出しなんだろうね。



ただ、ダメコーチのおじさんに対する非難はいただけない。



「吉田さんと行くといっつも店が閉まってるよね



これはね…



ジャーナリズム的に言うと、「事実」です(T_T)



ちゃんと営業時間とか定休日とかを確認していくんだけど、「臨時休業」となってたことが数回続いたんだなー



お祝いされに行ったんだけど、終始おじさん非難で終わった気がする



ま、そんでも色々思い出せてよかったです。



コーチの指導に「シャラップ」と言って、謹慎くらったとかね(*´ω`*)



もう、おバカさんだね



そういう時期を経て子供はみんな成長するんだろうね。








私も立派に成長して、パンツがLLサイズになりました











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 惜しかったね | トップ | スペインのね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事