テニスコーチのテニスとお酒ライフ

酔っぱらいテニスコーチの戯言です。

サーブを速くするための考え方

2018-10-14 04:51:06 | テニス
おはようございます



最近、あったかいんだか寒いんだかよくわかんないですね。



言い方を変えれば、テニスには最高の季節かもしれないです。



さて、ここ数年かけて自分のサーブを改善していまして、今日はそのお話にしようと思います。



サーブに関する各論はたくさんあって、ある人は「二の腕の筋肉を強化すればいい」、とか、「足を使え」とか、たくさんあるんだけど、何が正しいにかってのは難しいね(;´∀`)



これらの発言をした人たちは全員200キロを超えてるからその意見の整合性があると思うんですけど、できない人間からしたら「どれがいいのかしらね?」ってなっちゃうよね(´・ω・`)



もう、選手活動はしていないんですけど、試合をまわっていた時期の私はサーブがダメ子ちゃんでした。



錦織っぽいサーブと言えば伝わりやすいかしらね?



すんげー、頑張ってるサーブって感じ(´▽`*)



筋肉で打つとあんな感じになるんだね。



ま、どっちにしろ、170くらいしか出てなかったんで、コーナーに入っても、対戦相手が上位の選手だとノータッチなんかは取れないわけで、いいとこサービスポイントくらいだったかしらね。



なので、そっからストロークでせっせせっせと、あんなことやこんなことを神経使いながらやって、ようやく点数を取ってたわけ。



そういう意味では、リターンエースさえ打たれなかったらいいや、くらいでサーブをしてたわけです。



でも、受ける側からすると、200を超えるサーブがコーナーに入るとかなりの確率でサーバーの点数になるんだよね。



対戦相手でいたんですけど、サーブとボレーしかない選手ね。



サーブ&ボレーなんだけど、サーブがきつすぎてリターンミスをするか、浮いちゃうか、いいところに決まってもさらにいいとこにボレーで返されちゃう的なね。



こっちはあんなことやこんなことで、1点取るのに必死なのにさ、たった1本で点数を取っているのを見ると、すごくうらやましかったですね。



サーブでキープできると何がいいって、リターンが積極的になれるよね。



どーせストロークで付き合っても取られるなら、とりあえずリターンを全部打ってみて、1ゲームでもブレイク出来たら7-5になるからね。



そんな思惑がわかっていたけど、わかっていたからこそ、すんごくその試合はピリピリしてた記憶があります。



自分の方がストロークは上でキープできるんだけど、伸び伸びとリターンされて、たまに15-40とかになるゲームもあるとけっこうストレスになると思います。



相手の戦略が分かっていても、その戦略通りに試合が進んでいくというのはなかなかつらいものだよね(*´Д`)



ま、そんな経験から、もう試合は出てないんですけど、教えてはいるわけで、自分を実験台にして色々試してみた考え方をちょこっと書こうかな的なね。



練習やトレーニングをしなくなって一時期130くらいまで落ちたんだけど、フォーム改善で150まで戻ってきたので、筋肉が落ちているのにスピードが上がっているというのは、まあ、そこそこ使える考え方かと(*´ω`*)



サーブを速くするという意味で各論色々ありますが、結局、ボールという物質に対して力が加わればボールは動くわけで、その力が大きければ大きいほどボールはよく飛ぶはずだよね。



ということは、下から上だろうが上から下だろうが、この時のF(力)が最大になるような打ち方ができればいいわけだ。



からの原則的な式は、高校で習ったニュートンの第2の法則のF=maね。



このF=maのmってのはラケットで、ほとんどの人が250~350gの重さだよね。



だから、重要になるのはこのaという加速度をいかに上げるかって事なわけ。



となると、これを分解して、F=maから、F=m*(v1-v0)/(t1-t0)として、この式を積分するとグラフが出て、その面積が最大になると速さも最大になるってことになるでしょ。



そうするとだ、この式が言ってるのは、打点からめちゃめちゃ遠いところから、加速度が上がるようにラケットを持ってくると速いサーブが打てますよって事。



なので、多くのコーチはトロフィーポーズを教えているし、肩を大きく回すように言ってると思いますよ。



で、最大のポイントは、当たる直前になるべく遠くにラケットがあるようにすることと、加速度を意識した打ち方ね。



当たる直前に肘が上がって、ラケットヘッドが下がるわけだけれど、この下がったラケットはだらっとした状態でなるべく下げたいのよね。



遠くになるからね。



これはね、動画かなんかで見てほしいんだけど、多くのビックサーバーは打つ直前にかなりラケットが下がってるはず。



腰とかおしりくらいまで下がってるんじゃないかしらね。



下げないで速いサーブを打ってる選手がいたら興味深いところよね。



そんな選手がいるなら是非教えていただきたい(´▽`)



絶対に見てみたい



コーチによっては下げないほうがいいという方もいるかもしれないけど、それはそれでちゃんと理由があると思います。



打ちやすいとか、コントロールしやすいとか、そんな感じ。



でも、速くはならないというのがこの数学的視座から言えるかと。



速くするために下げるなっていう人がいたら、高校の物理と数学の教科書を渡してあげた方がいいかもしれない



で、もう1個のポイントはね、ゼロポジションで打てるといいのよね。



まあ、加速度の最大値を上げたいならこの打点ってのが大事になると思いますね。



ってなわけで、まじめなお話をしちゃったね(;´∀`)



まじめになるとお腹が減る



ということで、今日は朝からとんかついっちゃいますか




コメント

キックをね

2018-10-09 11:17:14 | テニス
どーも、こんにちは



今日は天気でいいですね



さて、最近学生にキックを教えてるんですけど、なかなか難しいですね(;´Д`)



教えるとうまくいくんですけど、帰ってくるとまたできなくなってるんですな。



なんで、こんなことが起きるのかって、実際に試合になると多分、「入れたい」とか、「入れなくちゃ」っていう心理が働くからスピンになっちゃうんだね。



ここでいうスピンってのは打った後まっすぐに進むサーブで、キックはバウンド後に右にはねるという定義をしておきますね。



じゃあ、キックが打てると何が変わるのかって、これは経験からですけど、ぶっ叩かれにくくなるということですね。



スピンはぶっ叩けても、キックになるとそこそこ返すだけ、もしくはそこまでぶっ叩かれないかと。



60位以上になると意味がないですけどね(;´∀`)



恐ろしいほどピンポン玉みたいに叩かれていた記憶があります



ま、叩かれる前提で打ってるんですけど、リターンエースクラスにならなければそっから勝負できるかな、的なね(*´з`)



でもね、300位くらいならそこまで叩かれた記憶がないんですよね。



なので、スクールの上級クラスくらいなら、できるようになるとかなり効果がある技術なんじゃないかと思いますよ。



コーチも教えられるコーチと教えられないコーチがいると思います。



スピンはこの職業についているならだれでもできると思うんですけど、キックになるとけっこう少なくなるかもしれないってのは経験的な感想です。



なので、実績がある方で教えられない方はいないと思うので、キックを学びたいなら100位以内の実績があるコーチに聞けば、ほぼ確実に教えてくれると思います。



私は200位くらいまでしかいかなかったんですが、一応60位台には勝ったこともあるし、プロにも勝ったことがあるので、何を実績とするかは難しいところよね。



でも、まあ、100位以内が実績の妥当かなって思います。



100位以内でおかしい動き方を教えている人をあんまり見たことが無いので



無い人で、できない人の話を聞きすぎると、後々直すのが面倒になるので、なんの技術でもいいんだけど、その技術ができる人の話の方が上達への近道だと思います。



今、学生に教えているのは、アドサイドから右サイドのライン際を短くねらって外に出るキックと、ネットの高いところを通して弾むサーブね。



どっちか一個しかないといつか捕まっちゃうから、引き出しは多いほうがいいと思って実際に見せたり、リターンさせたりしてその効果を体感させるんだけど、やっぱり目の前の「入れないとダブルフォルト」ってプレッシャーがあると少し左肩が開き気味になっちゃうんだね。



だから、スピンになっちゃう。



入ったかどうか確認したいという心理が開かせると思うんですけど、これを克服するには自信がつくまで反復練習をするしかないよね。



原則キックは身体を開かないほうがいいんだけど、たまに開いても手だけで打てるプロとかもいるから、世の中は広いでございますな



私がよく練習してもらってたリチャード・ゴンザレスはね、同じ打点から全部打てるんだよね。



しかも左利きだから、ブレイクするのがめちゃめちゃ大変だった記憶があります。



速いし、曲がるし、左右どっちにも跳ねるし、どうすりゃいいんだ?的なね(;´∀`)



ちなみに、彼のお父さんはパンチョ・ゴンザレスって言って、世界ランキング5位くらいまで行った人じゃなかったかしらね?



懐かしいね



ってなわけで、今日もそろそろドロンです。



暑いので体が水分を欲しているようです。



じゃあ…





ラーメンにするか






コメント

ナショナル君と

2018-10-04 09:37:51 | テニス
おはようございます



最近涼しくていいですね



涼しいわりに未だに蚊が出るのは悩ましい(´・ω・`)



すんごい勢いでモテるんですけど、人間以外にはモテるようです



さて、今日のお話はナショナル君とテニスしてきたよって話です。



とある国のナショナルチームに入ってた子ですね。



もうテニスはあんまりやってないみたいなんですけど、そんでも球は速いね(*´Д`)



今は違う目標を持って頑張ってるようですが、やる気を育てる教育って連鎖していくから大事よね。



人生の中で興味は変わっていくはずなので、変わってもどうやってその興味に対してアプローチしていくのかってのは非常に重要だと思います。



おじさんから「ダブルスしようよ」とお誘いがあり、練習することになったんですけど、練習までに時間があったので英作文をしていたんです。



なんで英作文をしていたのかというと、トイックってやつを年明けあたりに受けようかと思ってまして、その練習ですね。



カタカタカタカタ

カタカタカタカタ



トントン



英作文中に肩を叩かれたので振り向くと…



ほっぺにおじさんの指が突き刺さる(-"-)



からの、満面の笑み



もうさ、君は50でしょ



なんでこんなことしてキラキラした笑顔をしているんだね?



確かにね、確かに我々が小さいころにそんなの流行ったけどさ、何度も言うけど、君はもう50だよ?



そのまま指が折れるくらい振り向いてやろうかと思いましたよ



カタカタカタカタ

カタカタカタカタ



ツンツン



また邪魔する人がいる



吉田「なんかおっきい蚊がいるな」



ツンツンツンツン



今度はわき腹まで広がってきた(;´∀`)



元全日本の今はおっかさんが邪魔してるんですね。



吉田「お前さぁ、このご時世ツンツンはセクハラだよ?」

おじさん「何? また吉田がセクハラしたのか?」

元全日本「はい、私にツンツンさせるんです」

おじさん「おい、お前いい加減にしろよ」

元全日本「ホントですよ、やめてくださいよ」

吉田「………


やめるのはお前だバカヤロー



みなさんはどう思うだろうか?



練習前に時間があったので英作文を書いていたら、散々邪魔された挙句、セクハラだと認定され、それを広められるというこの状態。



相撲協会とか、レスリング協会がかわいく見えちゃうじゃね



ってな感じでダブルスになったんですけどね、何がよかったって、ナショナル君は英語が話せるので色々教えてくれましたよ。



邪魔するやつがいれば、助けてくれる人もいる(´▽`*)



知的な文章の場合、thinkを使うんじゃなくbelieveを使ったほうがいいんだって。



今日もみんな勉強になったね



ってなわけで、いざ対戦



チームはナショナル君と元全日本VS夢無し、金無し、将来性無しのオジサンズ



テニスはやってないといっても、そこは元国の代表メンバー、球が超速い(;´∀`)



サーブはまだ180くらい出てるんじゃないかしらね?



いきなりノータッチエースからのスタートになっちゃいました(;・∀・)



からの、ゲームカウント0-4



えー…、やばくね?



2巡目ですからね、そろそろ勝てる戦略を立てなければなりません。



こっからおじさん達はね、おじさんらしくおじさんみたいな点数の取り方に変更です。



別に加齢臭を出しまくって点数を取ったっていう意味じゃないからね。



とりあえず、力勝負を避けて、足元足元、ロブ的なね。



サーブもゆっくりのワイドをメインにしつつ、速いのをたまにセンターに打つという、騙しのテクニック。



そして、それにきっちり引っかかってくれる若者



からの、4-4



追いついた



何本か打つとスピードにも慣れてくるんだね。



で、結果…



7-5



いぇーい



よかったですよ。



年功者のメンツをたもててよかったです(*´ω`*)



3年くらい前にナショナル君とはシングルやってるんですけど、そん時もはったりで7-5で勝ってるんだよね。



実力以上の確率の低いショットを打たなければ勝てない状態で、賭けに勝つことをはったりと呼びます



彼は私がテニスがうまい人だと勘違いしながら生きていくことでしょう








うひゃひゃひゃひゃひゃ









コメント

ハラスメントねぇ

2018-09-26 19:27:37 | ブログ
「お前太ったなー、デブ

「今どきデブだなんてセクハラですよ」

「デブだからデブって言ってんだろ」

「デブデブデブデブ、セクハラだぞ!、セクハラっていうか、デブハラだ

「何がデブハラだ、お前のはハラがデブなんだろ



うまい切り返しじゃねーか(-_-メ)



伊達に頭が鳥の巣になってないねー(*´ω`*)



ってな感じですね、どーも、こんばんは



ハラスメントを受けても健気に生きる41歳未婚です



最近ハラスメントのニュースが多いですねー。



そんで、新潮45が休刊になりました。



これ、元々問題になったのはLGBTの方へ「生産性が無い」って論からよね。



これって、主張の根拠がしっかりしてればそこまで問題にならなかったような気がします。



例えば、税金の90%はノーマルの方、10%をLGBTの方に使っている。



LGBTは統計的に人口の7.5%だ。



よって、税金が使われている割合が公平ではない。



ってな感じだったら納得する方は多かったし、違った議論の広がりにもなったんじゃないでしょうかね?



まあ、公平って難しくて、公平にしたら累進課税も公平じゃなくなるから難しいよね。



さらに言えば、お金持ちにどうなるのか?って統計的な原因を探ると、改善するには現実問題として無理が出るよね。



だから、なんらかの主張には根拠が大事で、どんな論でもいいんだよ、どんなトンデモ論でも根拠の提示が大事なんだよね。



物理学的視座から見る真実と、経済学的視座から見る真実では見え方が違うし、結果としての在り方も違ってくる。



それを知って、「こうだろー」って言うならいいんじゃないかしらね



だけど、この方は数字的な根拠を示すわけでもないし、それをしないで、「見ればわかる」的な話で終わったのが問題なんだと思いますね。



だから、ただのヘイトと言われても仕方がないと思うんだなー。



テニスコーチでもごく稀にいる。



根拠を提示しないで、恣意性のみで自分より実績のある人の指導法を否定するコーチね。



指導法を否定する理由が「テニスがうまくなることにおいて」であれば、本人がなぜ他者を否定するほどテニスの指導法を知っているに、どうしてそんなに本人のテニスが下手なのかを説明できなければ論理矛盾をしちゃうわけ。



テニスが下手でも指導実績がある方はたくさんいる。



なので、指導実績か自身の選手としての実績か、科学的根拠がない人の主張は論理的に「偽」になっちゃうね。



実績があれば、実績が論拠そのものになるのはスポーツならではなのかもしれないね。



なぜなら、実績を上げるためにってことを目的にして、色々な人が各視座で理論を語っているけど、「絶対に世界で50位以内に入るテニス理論」ってなものは確立されてはいない。



なので、実績のあるコーチの話や指導法は実績を上げる確率が高いと思われるって事。



他にはね、民族でヘイトをする方もいるんですけど、遺伝子レベルで犯罪遺伝子が特定されてはいないわけ。



遺伝子が双生児法的に関係している可能性はあるけれど、その特定の遺伝子を持っているから犯罪は起きるんだって事にはなってないって事。



今も研究はされてて、「こーだ」って論や説は出されているけど、サイコパスだってよくわかってないことが多いよね。



だから、これもただの恣意性になっちゃうんだなー



この感覚質と社会の在り方って非常に難しくて、おならがくさかったら犯罪なのか、それとも人から罵られていいのかってことなんだよね。



多くの社会人は「仕方ないな」って思って我慢すると思うんです。



一般的な社会人の態度だよね。



例えば自分が不意におならをしてしまって、それが異常にくさかったとしましょう。



これを犯罪としたのであれば、国民全員がいつか捕まっちゃうんじゃない?



だから、多くの方は公共の場所ではない、他者に迷惑がかからないところで思いっきりおならをするんではないでしょうか?



この背景にあるのは、「共生」って概念よね。



お互いがお互いに生きやすい環境に配慮するって事ね。



何が正しいという目標や目的はどのようにして考えるのか?



プラトン?アリストテレス?カント?ミル?、多くの学者が考えたってグラデーションそのもののホモサピエンスについてグラデーションすべてに当てはまる答えは出なかったよね。



個人的には科学的な根拠を根底に思考することだと思うんです。



私がよく受験のためだけの学力批判をするのは思考しないことにある。



「鎌倉幕府」と書けば点数になるのは意味がない。



背景を知って、関係性を知って、なんで征夷大将軍を選んだのかって事が大事。



ほんで、そういった歴史から学び、自身の人生をどうするか?



社会をどうするか?を思考することまでが重要だと思うからです。



自分の人生を考え、人との関わりあい、他者との共存共栄をどのように考えるのかって事ね。



ま、これには要素的学力観を肯定するのかしないのかとか、マズローの欲求段階説、コールバーグの道徳の段階説とかいれると、パラドックスとかも出てきたりしちゃうんだけど、そんなに難しくない。



隣の人にやさしくしようぜってこと。



内的善(「活動の内部(正確には活動を共有している共同体)に組みこまれているこの種の善」(松平))を高めながら、ちょっと他人の痛みもわかろうとしようよってこと。



これが教育に求められることなんだと思うんですけどね。



多くのお母さんはそんなことよりも学力テストの点数に興味がある方が多いのではないでしょうか



結果、嫁を殺す銀行マンを育てたり、「記憶にありません」という言葉が好きな人を育てているように思ってしまうのですが、まあ、考え方は色々です。



ってなわけで、なぜ嫁がいないのかってのを考えると…



世の中にやさしい女の人がいないから



おならがくさいとか、人間性に問題があるとか、そういう多角的な科学的真実はいらないんです



科学的根拠はあんまり役に立たないのかもしれないねぇ(*´ω`*)



結婚を何度もしてきた、実績のあるおじさんに今度聞いてみよ






コメント

若手と

2018-09-20 09:52:40 | ブログ
おはようございます。



先日若手とテニスをしてきました。



やっぱりテニスは楽しいね



「お前のせいだろ」

「いえ、」

「お前が悪いんだろ」

「いえ、」

「お前が俺の練習の誘いを断るから、こんな腹になっちゃったんだろ

「いえ、違うと思います」

「俺にたてつくのか? おーし、コートに出ろ

「吉田さん…  




もう、コートに出てます(´・ω・`)」



ってな感じでですね、鬱陶しいおじさんなのに、半笑いで付き合ってくれる若手君に感謝ですね。



何をするにもショートコントみたいなのを入れないといけない体になっちまったんでしょうか(´▽`*)



ってな感じで、練習が始まったんですが、もう1人おじさんがいまして、ダブルスになりました。



若手は球が速いね(;・∀・)



もう少しさ、初老に対して「労わる」って言葉を学んだ方がいいと思いますね。



若手がバシっとサーブを力まかせに打って、前に出てきます。



おじさんはいなす技術で柔らかいボールで足元に打ちながら前に出ます。



リターンダッシュですね。



からの、バウンドするかしないかのボールを若手はノーバウンドで打つことを選択し、前に加速しました。



それを見たおじさんはすかさず、ロブボレーをして、体制を崩しにかかります。



若手の相方の若手がカバーに入りますが、追いついたけど、アウト!



おじさん達にポイントが入ります。



が、若手はハイタッチをして、ポジティブな姿勢を見せますね。



ダブルスの基本だよね。



お互いに気持ちよくして、いいプレーを引き出そうとする知的な態度ね。



結果として、こういうのがチームとしての勝利につながるわけ。



これは、子どもをよりよく育てたいと思うなら、夫婦仲がよくなるように努力するという事と似ているね。



一方、「知」という言葉を学んでこなかったおじさん達はね、ショートクロスを打たれれて、その後センターに決められると、、



「速く帰って来いよ

「今のはそっちがカバーだろ



って感じ



ダメダブルスチームですね(´▽`*)



負けるチームの典型例みたいな感じ



ま、これくらいのレベルになると、というか、つきあいになるとわかってるんです。



今のは自分の責任なのか、相手の責任なのか、どうしようもないポイントだったのかってのは。



だけどね、言いたいんだね。



とりあえず、ディスりたいんです。



自分の責任だとわかっていても、「お前だろー」って言いたい



やっぱり、ダメ人間達だ



ほんでも重要なのは信頼関係ね。



悪態をつく関係だったとしても、テニスの後に「飲み行くぞー」的な関係であるのが大事。



ま、行ったら行ったで、「俺のシュウマイ食っただろ」ってなっちゃうんですけど(*´ω`*)



ってな感じで2セットやったんですけど、3-6、5-7でおじさん達の負け(;´∀`)



声がけが「ナイスショット」「今の惜しい、その調子でいこう」って声がけだったら勝ててたんでしょうかね?



うん、それはキモイ



昔はちょこっとテニスがうまかったおじさん達だったんですけどね、昔のイメージだけでやるから問題が多かったね



イメージは「できる」、だけど、現実は身体が昔の身体ではないというね(*´Д`)



例えば、キックサーブがキックしないとかね(;´∀`)



ただのチャンスボールサーブと化した私の2ndサーブは思いっきりボッコボコにされました



そんでも、セカンドセットは色々思い出して、ファーストよりもよかったんですけどね、残念。



少し時間があったので、その後若手とシングルもしましたよ。



時間切れでしたけど、これは4-2で勝った



練習後に、ベンチに座ったおじさんが昔を懐かしむようにぼそりと言いました。



「昔の吉田君のキックはかなり弾んでたんだよー、ギュィーンって、ギュィーンってなって、回転がすごすぎて取れないってサーブだったんだよ」



それをうけて、若手たちは私を見る。



(´・ω・`)



吉田「腹を見るんじゃねー



一同「ギャハハハハハハハハハハハハハハハ



こういうのをいじめっていうんじゃないかしらね(´・ω・`)



前振りからリアクションから悪意がありすぎる



そんなこんなで、テニスをしたって話なんですけど、やっぱいいですね。



なんてったって、ビールがうまい



練習する回数を増やそうと思いましたよ。








ビールのために






コメント