アリサカスクール ~マッサ・カンタービレ~ 東京都目黒区八雲教室

有坂まさよし テノール歌手です。
東京都と新潟県でアリサカスクール(声楽、ピアノ、イタリア語)を経営しています。

嬉しい知らせ!!

2016-09-30 19:32:58 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日は、良い知らせが届きました。
かねてから、教員採用試験のためにピアノと声楽のレッスンをしていた生徒さんがその試験に合格しました。
本当に嬉しいことです。努力が結実することは素晴らしいことです。
これからも頑張って音楽の指導をしていきたいと思いましたね。
それでは、ciao ciao
コメント

雑誌に掲載!!

2016-09-28 00:28:42 | 音楽
先日のファミリーコンサートが成功のうちに終わり、今度は11月のコンサート「日本音楽のしらべ ~日本音楽の軌跡~」のリハーサルを行っています。

それで、私の「日本音楽のしらべ ~日本音楽の軌跡~」のコンサート情報が9月25日発売の雑誌Komachi 11月号 上越版に掲載されました。







11月26日(土)にリージョンプラザ上越コンサートホールにて「日本音楽のしらべ ~日本音楽の軌跡~」と題したコンサートを14時に開演します。
このコンサートは、声楽・箏・尺八・ピアノによる日本音楽と西洋音楽のコラボレーションのコンサートです。
和楽器と西洋楽器の美しいしらべを鑑賞しながら、優雅なひとときを一緒に過ごしましょう。
チケットはリージョンプラザ上越、上越文化会館、中嶋和楽器店で取り扱っています。
チケット等に関しまして、直接025-526-1345(有坂)までお問い合わせをしていただくことも可能です。
それでは、11月26日に皆様にお会いできることを楽しみにしております。


コメント

ワンポイント・イタリア語レッスン51!!

2016-09-26 20:01:16 | イタリア語
それでは、初級イタリア語のレッスンです。

【ミニ会話4】
…続き…

- Ed io cucino benissimo... .Si,sono quasi un genio della cucina.
 (エド イーオ クチーノ ベニッシモ シ ソーノ クアジ ウン ジェーニオ デッラ クチーナ)
 そして、私はとても上手に料理をします。そう、私は料理の天才です。

- Davvero? Non ci credo.
 (ダッヴェッロ ノン チ クレード)
 本当に? 信じられません。

- Davverissimo! A proposito, non prendi qualcosa con me al bar qui vicino? Offro io.
 (ダッヴェリッシモ ア プロポージト ノン プレンディ クアルコーザ コン メ アル クイ ヴィチーノ オッフロ イーオ)
 本当です。 ちょうどいいですね、この近くの喫茶店で私と一緒に何か食べませんか? 私がおごります。

- Grazie,volentieri.
 (グラーツィエ ヴォレンティエーリ)
 ありがとう。喜んで。

≪ミニ文法≫
今日はちょっと特殊な規則動詞の直説法現在形の解説をします。

語尾が~ireの動詞

capire(カピーレ:理解する):capisco(カピスコ) / capisci(カピシ) / capisce(カピシェ) / capiamo(カピアーモ) / capite(カピーテ) / capiscono(カピスコノ)

今日はs所有形容詞について解説します。
男性形:単数nostro(ノストロ)→複数nostri(ノストリ) 女性形:単数nostra(ノストラ)→複数nostre(ノストレ)
男性形:単数vostro(ヴォストロ)→複数vostri(ヴォストリ) 女性形:単数vostra(ヴォストラ)→複数vostre(ヴォストレ)
男性形:単数loro(ローロ)→複数loro 女性形:単数loro→複数loro

通常は冠詞をつけるのですが、単数の親族を表わす名詞とともに用いるときは省略します。

mio fratello, tua sorella,vostro nonno

ただし、loroのときは省略でません。

la loro madre, i miei fratelli

ときに所有形容詞を名詞の後ろに置くときもあります。

a casa sua

〘ミニ役立ちフレーズ〙
Di chi è/sono~?(ディ キ エ/ソーノ:~は誰のですか?) 

Di chi sono questi calzoni?(ディ キ ソーノ クエスティ カルツォーニ:そのズボンは誰のですか)
- Sono di tua sorella./Sono i suoi.(ソーノ ディ トゥーア ソレッラ/ソーノ イ スオイ:それは君の姉のものです。/それは彼のものです。)

[ミニ単語]
padre(パードレ:父) / madre(マードレ:母) / fratello(フラテッロ:兄、弟) / sorella(ソレッラ:姉、妹) / nonno(ノンノ:祖父) / nonna(ノンナ:祖母) / zio(ジーオ:叔父) / zia(ジーア:叔母) / cugino(クジーノ:いとこ) / nipote(ニポーテ:孫、甥、姪)
コメント

コンサートの準備!!

2016-09-26 18:05:41 | 日記
今日は、コンサートの準備のために富山に行ってきました。
本当にいい準備ができました。
これからコンサートが楽しみです。
ちょっとしたひとり言でした。
それではciao ciao
コメント

ミニ音楽史12!!

2016-09-24 23:42:18 | 音楽
バロック音楽へ出発します。

バロック音楽の終焉は1685年という同時代に生まれたバッハとヘンデルが没した頃で、その時には次の古典派音楽が芽吹いていました。バッハは1750年に、ヘンデルは1759年に没しました。このヘンデルが没した1759年に古典派音楽の代表的な作曲家、ハイドンがモルツィン伯の宮廷楽長に就任しています。つまり古典派音楽はすでに始まっていたということです。
この2人の作曲家を比較してみると、本当に対照的です。バッハは生まれ故郷からあまり遠くに離れることなく、教会または宮廷音楽家として過ごし、ヘンデルはヨーロッパの主要国を飛び回っていました。それが音楽にも現れているように感じます。ヘンデルは、歌劇の作曲に身を投じたこともあり、聴衆の心をとらえる生き生きとし、気持ちに張りが生まれる大胆でスケールの大きい音楽を作曲し、バッハは当世風にはせず、より音楽の崇高さを極めた作品を作曲したと思われます。つまり端的に言えば、バッハはポリフォニー的な音楽であり、ヘンデルはホモフォニー的音楽であると言えます。ただ、2人の作品の共通点は、中世的なポリフォニー音楽が結実すると同時に、新しいホモフォニー音楽が到来を告げるものでありました。

※ポリフォニー音楽とは、複数の声部がそれぞれの独自性を保持しつつ動く多声音楽。ホモフォニー音楽とは、ある1声部が旋律を受け持ち、他の声部は旋律の声部を和音で伴奏する音楽。

それでは、また次回
コメント

ありさかピアノ教室のファミリーコンサート!!

2016-09-20 18:19:43 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
9月18日(日)にありさかピアノ教室の「ファミリーコンサート」がリージョンプラザ上越コンサートホールにて開催され、成功のうちに幕を閉じました。
生徒さん、みんなが本当に素晴らしい演奏をしてくれました。

ソロ部門です。それぞれクラシック部門とポップス部門に出演しました。




























連弾部門です。2人の連弾と3人の連弾をしました。


























合唱部門です。小さな生徒さんが歌ってくれました。




私も弾き語りと連弾で参加しました。連弾はもう1人の先生と組んで演奏をしました。




生徒さんから頂いたお花です。美しいですね。








みんな、真剣なまなざしでの演奏でした。
Tutti Bravi
コメント (2)

いよいよ明日、ファミリーコンサート!!

2016-09-17 16:23:14 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
明日、9月18日(日)13:00よりリージョンプラザ上越コンサートホールにて、ありさかピアノ教室の「ファミリーコンサート」が開演いたします。みんなが今まで熱心に練習した成果が発揮させると良いなと思っています。

練習風景












































「ファミリーコンサート」のプログラム


リージョンプラザ上越コンサートホール


In bocca al lupo

Crepi

みなさん、ぜひご来場ください。
コメント

明日のファミリーコンサートに向けて!!

2016-09-17 16:08:26 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
今日は、明日のありさかピアノ教室の「ファミリーコンサート」の出演してくれるために、私たちの教室から巣立っていった教え子がありさかピアノ教室にピアノのリハーサルに来てくれました。









彼は音楽的な才能があるので、彼のピアノ演奏を聴くのはとても楽しいですね。
「ファミリーコンサート」でもその才能をいかんなく発揮してくれると思います。

明日、9月18日(日)の13:00よりありさかピアノ教室の「ファミリーコンサート」がリージョンプラザ上越コンサートホールにて開演いたします。ぜひ皆さまご来場ください。

In bocca al lupo

Crepi
コメント

さあ、準備万端!!

2016-09-15 16:53:09 | アリサカスクール・ありさかピアノ教室
昨日、いつも練習熱心でピアノが大好きな生徒さんがお母さんと一緒にありさかピアノ教室にレッスンに来てくれました。


3人の息の合ったアンサンブルです。


お母さんと2人で旋律を鍛錬を重ねた腕前で演奏します。


お母さんがソロで真面目に演奏をします。しかっりとしたタッチですね。


最後は彼女がソロで演奏します。先生は彼女のカラフルな音色を1つ1つしっかりと聴いています。

リージョンプラザ上越コンサートホールにて9月18日(日)に、ありさかピアノ教室の「ファミリーコンサート」を13:00より開演致します。
生徒さんの、みんなの修練を重ねた演奏を、ぜひ聞きに会場までご来場くださいませ。
コメント

ミニ音楽史11!!

2016-09-15 15:19:55 | 音楽
バロック音楽の世界へ出発しましょう!!

バロック時代を代表するバッハ以外の音楽家といえば、もう1人はヘンデルです。

≪ヘンデル(1685-1759)≫
ヘンデルとバッハは同じ年に生まれました。ヘンデルは2月23日に、バッハは3月21日に誕生しました。つまりヘンデルのほうがお兄さんということになります。2人の生まれたところはハレとアイゼナハです。近い地域になりますが、2人が生涯会うことはありませんでした。
ヘンデルの家系はバッハとは違い、音楽の家系ではなく、音楽とは無縁の家庭でしたが、ヘンデルが7歳の時にオルガンを学び始めました。これが彼の音楽家のスタートでした。18歳の時にハンブルクに行き、ヴァイオリンとチェンバロ奏者になり、次第に歌劇作品を書き始めました。21歳の時にイタリアに渡り、イタリアで数年過ごした後、ハノーバーの宮廷に仕えました。そして、休暇をとってロンドンに渡り、一時帰国はしましたが、すぐにロンドンに戻り、その後30年間位ロンドンで歌劇作品に専念しました。
ヘンデルはバッハと違い、ドイツ、イタリア、イギリスとヨーロッパの主要な国を訪れて縦横無尽な活躍をしました。つまり、様々な国に赴いた国際派音楽家・国際派エンターティナーでした。

このようにバッハとヘンデルは同年に生まれた大作曲家なのですが、非常に対照的な人生を歩んだのだなと感じますね。
それではまた次回、ciao ciao
コメント