シャカの部屋

シャカとシャカナの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

味を占める

2019年05月02日 | 釣り
3/26(火)

昨日の感じだったら今日行っても釣れよう

と、いうことで川へ。

前の日は下げからのエントリーでしたが、上げの様子も知りたかったので少し早めにポイント到着。

ポイントに着くと岸際でシラスウナギ漁船がプカプカ…ピカピカ…

「こらえてつかあさいや」と思いつつもガサゴソ準備をしていると、漁船がどんどん私の方に近づいて来ます。何だ嫌がらせか?

すると、

漁師「 兄ちゃん釣りか!ごめんな今からどくわ!頑張ってな!

そう言って去っていきました。

Oh...神よ。

「シャカ」というハンドルネームで活動しておきながら非科学的な神の存在を信じていなかった私でしたが、ようやく神を信じるキッカケを得ることができたような気がしました。

神のご加護も得られたことだし今日は釣れるだろ。そう信じキャスト開始。

本日の先発は昨日好調だったフィール100SG。

昨日「小さいながらも釣れた」という信頼があるためノーチェンジで投げ続けます。

30分後…



…やるやん

じゃあ、お次はエリ10で



…いいぞ

立て続けにチーバス二本ゲッツ

やはり神は私に味方しているようです。

2匹目をリリースしたところで「見知らぬ変な学生」に話しかけられます。

変「釣れますか?」
俺「ここで魚釣ったことがありません」
変「そのリール何ですか?セオリーですか?」
俺「ツインパワーXDというリールです」
変「意外とガチなやつ使ってるんですね。ここシーバスまだ入って無いですよね。」
俺「…バシャ!バシャ!」


俺「ごめんなさい実は今日3匹目です」


彼は「型が悪いですね!」と言い残し去っていきました。

彼が去った直後にサクッとチーバスを1バラシしたところで満潮潮止まり。

しばらくアタリが消えます。

1時間後…急激に下げが効き始めてきたところで



ルアーが写ってないですがフィール100SGです。

エリ10に交換してサイズアップに成功



ここで捕食音の変化に気づきます。

何となくですが入ってきたシーバスの群れのサイズが上昇している気がします。

フィールのフックは#12ということで、若干の不信感を抱いていたのでエリ10でしばらく続投することを決意し、キャスト!キャスト!

程なくして重たいアタリが。

やはりサイズは上がっていたようでなかなか浮いてきません。

ファイトを楽しみつつも、突っ込もう突っ込もうとするので強引に浮かせると目測70cm前後のいいサイズ。

さ、タモ入れバッチリキメるで!

とタモに手をかけた直後ルアーがポロリ…

フック伸びたんか!?え!?

とチェックしてみると



リングwww

まさかそっちがイくとは…完全に盲点だったぜ。

この1匹をバラしたところで小さい捕食音すらもほとんど聞こえなくなり



運良く1匹追加したものの、これにて納竿。

8ヒット6キャッチ。

まだ下手なんで数も型もヘボいですが堪忍して下さいませ。

「メバリング中にこのサイズいっぱい釣れるで!」
「海のイワシ付きシーバスがアツいで!」
「川のシーバスなんて食べんだろ!」

なんてことを私に言うのはやめて下さい。

川シーバスに完全にハマりました

(完)
コメント   この記事についてブログを書く
« 初挑戦 | トップ | バチ抜けは起こるのか? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿