好きな映画だけ見ていたい

劇場映画やDVDの感傷的シネマ・レビュー

1408号室◆キング原作の良質ホラー

2008-11-26 12:03:20 | <数字>
  

  「1408号室」 (2007年・アメリカ)

原作はスティーブン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」所収の一編。過去に56人もの宿泊客が命を落としたいわくつきのホテルの一室で、オカルト作家が体験する怪異を描いたサスペンス・ホラー。物語の舞台はほとんどが室内で登場人物も少なく、全編がジョン・キューザックの一人芝居という映画なのだが、これが結構おもしろかった。仕掛けも結末もありきたりで、問題の客室に取りついているものの正体も、因果は明かされないものの、おおよその見当はつく。なのにいったん席に腰を下ろした瞬間から、スクリーンから目が離せなくなる。怪談話を聞くときの、あの期待と不安の入り混じった独特の緊張感が心地よい。考えてみれば、恐怖は立派な娯楽なのだ。

心霊スポットの体験レポートを生業とするオカルト作家、マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)のもとに、ある日ニューヨークの高級ホテルの絵はがきが届く。差出人は不明。裏面につづられていたのは「1408号室には入るな」という一文のみ。興味をかき立てられたマイクは、別居中の妻リリー(メアリー・マコーマック)が住むニューヨークのドルフィンホテルに宿泊を申し込む。しかし、なぜか支配人オリン(サミュエル・L・ジャクソン)は頑なに宿泊を拒み続ける。それでもあきらめないマイクに、オリンは件の客室で起きた数十件もの変死事件を語って聞かせ、宿泊をやめるよう警告する。とうとう事件の資料まで持ち出して説得する支配人に向って、マイクは自分は霊も神も信じないと言い残し、ついに1408号室のキーを鍵穴に差し込んでしまう・・・・・・。

マイクが霊も神も信じないと公言する裏には、一人娘ケーティ(ジャスミン・ジェシカ・アンソニー)を病死させてしまった深い悲しみと悔恨の念がある。それはマイクから、まともな小説を書き上げる活力を奪い、心霊ルポ専門の三文ライターに甘んじる口実にもなっている。心に痛手を負ったまま、神も霊魂も否定しながら生きている男は、1408号室に潜む悪しき存在の格好の標的にもなろうという筋書きだ。この呪われた客室で次々とマイクを襲う怪異現象は、彼の心が生み出す恐怖や疑念や悲しみや後悔を増幅させた幻にすぎない。けれども、マイクが感じるそれらの感覚は、彼にとってはリアルな体験であり、観客の目にもそう映る。視線を外した隙に、何もなかった枕の上に突然出現する小さなチョコレート、蛇口から噴き出す熱湯、過去に自殺を遂げた宿泊客の幻、終わらない苦しみを暗示するデジタル時計の数字・・・・・・。こうした定番の恐怖をていねいに積み上げながら、怪異の激しさをどんどんエスカレートさせ、やがて主人公の最大の痛点であるケーティの霊を出現させる。その演出の手順は鮮やかだ。不可思議な現象をホテルの仕掛けだと疑い、すべては心理的ストレスからくる一時的な錯乱だと自分に言い聞かせていたマイクは、ここで一気に冷静さを失うことになる。

壊れてしまったドアノブ、塞がれていく窓、遮断されるPC電話・・・・・・。救援の手も届かない客室に閉じ込められ、失った娘の幻にさいなまれるマイクがどうなったかは、ここでは触れずにおきたい。ただ結末はどうも二つあるようで、YouTubeで見つけたもう一つのエンディング(下にURL添付)は、劇場で見たラストシーンよりも個人的には気に入っている。


新設コーナー!
【トリビアル・メモランダム】
この映画は2007年の全米公開時に、3日間で興行成績2000万ドルを突破して
キングの原作映画化作品としては、あの「グリーンマイル」を超えたとか。
原作をリアルに再現していると、キング・ファンにも好評らしいです。
ハフストローム監督の作品は日本初公開だそうですが、
ツボを心得た、ていねいな演出には今後の活躍が期待できます。
ところで、問題の客室はなぜ「1408号室」なのか?
劇中でもマイクのセリフにありましたが、<1+4+0+8=13>となり
総計が13という西欧では縁起の悪い数字なのと
一般的にホテルには13階のフロアは存在しないことになっていますが
客室のある14階は実際には13階であることが
不吉なルームナンバーに選ばれた理由でしょう。
さてさて、“もう一つのエンディング”ですが
こちらもいかにも定番な終わり方なのですが、切なさ(そして怖さ)もあって
私はこっちのほうが好みです。興味のある方は鑑賞後に比べてみてください。

  ■YouTube 「1408 end scene」(5分程度・字幕なし)



満足度:★★★★★★★☆☆☆
 ついでに恐怖度は5段階評価で★★☆☆☆(心理的怖さなら3つ程度)



<作品情報>
   監督:ミカエル・ハフストローム
   製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
   製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ  
   原作:スティーブン・キング
   脚本:スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキー
   撮影:ブノワ・ドゥローム
   出演:ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック
       トニー・シャルーブ/ジャスミン・ジェシカ・アンソニー

         

<参考URL>
   ■映画公式サイト 「1408号室」
   ■原作 「一四〇八号室」(スティーブン・キング著「幸運の25セント硬貨」所収・新潮社刊)
  
   

お読みいただきありがとうございました。
クリックしていただけるとうれしいです。
  にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ  
  にほんブログ村

コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« ブラインドネス◆「盲目」を通... | トップ | レビューなき作品/4月~11月 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうもこすもさんこんばんは⌒ー⌒ノ (黒猫館)
2008-11-29 00:48:09
どうもこすもさんこんばんは⌒ー⌒ノ

「1408号室」レヴュー非常に興味深く読ませていただきました。

■過去に56人もの宿泊客が命を落としたいわくつきのホテルの一室■

こういう怪異物件が登場するホラー映画は大好きです!!思わず「稲川淳二の恐怖の現場」などの怪奇物件探検ビデオを連想させられてしまいました。

■恐怖は立派な娯楽なのだ。■

これはまさにそのとおりだと思います。
落語の怪談話なども「怖いけど楽しい」ものであり、怪談を聞く時のゾクゾクした感覚はわたしも大好きです。

■マイクは自分は霊も神も信じないと言い残し■

わたしも「神も霊も信じない」と普段は強がっていますが、深夜、自室で「ひょい」と後ろを振り向きたくなる時があります。ヤバイです。だんだん怖くなってきましたです。⌒ー⌒;

■壊れてしまったドアノブ、塞がれていく窓、遮断されるPC電話■

こういう小さな恐怖を積み上げていって最後にガーン!とやる手法は古典的ですが一番怖いと思います。

■こちらもいかにも定番な終わり方なのですが、切なさ(そして怖さ)もあって
私はこっちのほうが好みです。興味のある方は鑑賞後に比べてみてください。■

「恐怖の現場」ファンとしてはぜひ観たい映画です!!この映画も鑑賞したらこすもさんの映画の部屋に感想カキコしますね。

それではまた~♪
くろねこさん、こんばんは~ (masktopia)
2008-11-29 22:03:34
コメントをどうもありがとうございます♪

>怪異物件が登場するホラー映画は大好きです

なんだかぞくぞくしてきますよね
同じキング原作の「シャイニング」の客室バージョンという感じもします。
怖さが楽しい、というのはお化け屋敷に入るあの感覚でしょうか。。。

>わたしも「神も霊も信じない」と普段は強がっていますが、
>深夜、自室で「ひょい」と後ろを振り向きたくなる時があります。

同じく(苦笑)とくに浴室で顔や髪を洗う時がいちばん怖いです。
家族がいてよかったなと思うのは、ホラー映画があくまでも“娯楽”として楽しめることですね^^
でないと「呪怨」なんかとても鑑賞できませんでした

>「恐怖の現場」ファンとしてはぜひ観たい映画です

稲川さんのビデオは観たことがありませんが、たぶんこちらのほうが怖くないと思います。
ただ、客室の窓の外が壁で塞がれていたり、隣の客室がなくなっていて
1408号室だけが厚い壁の中に閉じ込められているというシーンには
ぞっとしました。ちょうど「CUBE」の絶望感に似ていました。

それでは、ご感想お待ちしていますね
威厳が・・・ (AI)
2008-11-30 00:54:05
お邪魔します^^
トラバありがとうございます。
もう一つのエンディングを見させていただきましたが、オリン支配人ちょっとびびっててあの威厳がなくなってあれれ?って感じでした
AIさん、こんにちは~ (masktopia)
2008-11-30 13:07:00
コメントをありがとうございます♪

あちらのエンディングでは確かに支配人の居丈高な感じがなくなってますよね^^
個人的には主人公があの部屋の永遠の虜囚になるほうがいいと思ったのですけどね。
DVDになれば特典になりそうなエンディングでした
こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2009-06-08 01:53:34
いつもありがとうございます。
へ~、エンディングに「バタフライ・エフェクト」のように別バージョンがあったのですね。
で、早速拝見させていただくと、テープレコーダーの件は本編のエンディングと、共通しているみたいですが、別バージョンの方が、おっしゃるように切なく、さらに全体的に気が利いていて、センスのあるシーンであるような印象を受けました。
デイヴィッド・ギルモアさん、こんにちは~ (masktopia)
2009-06-10 11:06:12
コメントありがとうございます。
(お名前、ピンクフロイドですねw?)
どちらのエンディングがお好みかは人によって違うと思いますが、
アメリカ人ならきっと本編どおりのラストを好む人が
多いような気がします。
いずれにしても、もう一つのエンディングを用意したのは
ファンサービスとしは気が利いているなと思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

<数字>」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

1408号室 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スティーヴン・キング原作、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ。ニューヨークのドルフィンホテル(Dolphin Hotel)は1910年代創業だが、1408号室は宿泊者は2度と出...
1408号室 (小部屋日記)
1408(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック/サミュエル・L・ジャクソン/メアリー・マコーマック/トニー・シャルーブ この部屋はあなたのココロを破壊する 1+4+0+8=13 原作はスティーヴン・キングの同名短編...
1408号室/1408 (我想一個人映画美的女人blog)
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開...
★「1408号室」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、 TOHOシネマズの「1ケ月フリーパスポート」は使い切ったけど、 まだまだ鑑賞ポイントが貯まってるので、 それを使ってタダ観をしました。 本作は、数多くの作品が映画化されてるスティーヴン・キングの原作。 全米では彼の作品の中でもトップクラ...
1408号室 (Akira's VOICE)
恐怖のお仕置き部屋。  
1408号室 (映画通の部屋)
「1408号室」 1408/製作:2007年、アメリカ 107分 監督:ミカエル
1408号室/1408 (我想一個人映画美的女人blog)
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開...
三ツ星ホテル (MESCALINE DRIVE)
スティーヴン・キングの原作小説は読んでいないが、公開終了が迫っていたので劇場に急いだ。 「1408号...
1408号室◆ジョン・キューザックがホラーに挑む! (銅版画制作の日々)
 この謎を知り、生きて帰れる者はいるのか? 京都での上映はないと半ば諦めていた「1408号室」が何と!京都みなみ会館での上映が実現されました。2月7日、早速鑑賞!原作はあのホラーの巨匠、スティーヴン・キングの短編小説「一四〇八号室」(新潮文庫刊)「幸運...
「1408号室」(1408) (シネマ・ワンダーランド)
米国人気モダン・ホラー作家、スティーヴン・キングの短編小説(「幸運の25セント硬貨」新潮文庫所収)を映画化したホラー・パニック・ムービー「1408号室」(2007年、米、ミカエル・ハフストローム監督作品、104分)。この映画は、幽霊や超常現象を一切信じ...
【映画】1408号室…関係ない蛇足が長め…の記事&エアコン故障とその後 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ホントこの夏、この国は天災に見舞われ続けてる様子で{/face_hekomu/}… 北部九州から中国地方にかけての集中豪雨{/kaeru_rain/}が過ぎたかと思えば、台風の影響でもっと東の方で大雨{/kaeru_rain/} その後は結構大きな地震{/face_hekomu/}ですか…来週、息子が某企業の職...