Fish On The Boat

書評中心のブログです。記事、それはまるで、釣り上げた魚たち ------Fish On The Boat。

「あなた自身のせい」と決めつけない。

2018-04-27 00:45:44 | 考えの切れ端
成功したときに
「みんなのおかげです!」
というとそうだそうだと喝さいを浴びるのに、
失敗したときに
「みんなのせいだ」
っていえば、何バカなこと言ってるんだって叩かれる。
成功も失敗も土壌は一緒で、
その土壌とは影響を周囲から受け取ったり周囲に与えたりを多大にやってる所。
人は「群」であり「個」である。

「群」であり「個」である状態で生きているのだから、
その人を形作る環境や影響は、
「群」だけだとか「個」だけだとかの要因に分けて考えるべきではない。
それを、あなたの成功はみんなのおかげ、
あなたの失敗は自身のせい、
だとかと限定して決めつけるのは極めて恣意的なんです。
「群」or「個」ではないんです、
「群」&「個」で考える。

他人を特に恣意的に断罪したりする行為は、
たぶんに被害者意識がその人の根本にあるからなんですよね。
人の冷たい部分だとか、
正義の神輿に乗って他人を言葉や力で痛ぶるところだとか、
全部その被害者意識由来だと思います。
虐げられている感、
恵まれない感、
これまで足を引っ張られた経験、
それらが被害者意識をつくる。

意識的にか無意識的にか、
そのどちらもあるでしょうけれど、
人を「群」だけの視点で評したり、
「個」だけの視点で批判したりするのは、
非常に操作的で狡猾な行為です。

社会の息苦しさはそういったところから生じます。
「そんなこといったって、
自分に対する不利益な影響が過去にあって、
それで恣意性が生じたんだ」
というような申し開きもあるでしょうが、
どこでそういう悪循環、連鎖を断ち切るかですからね。
気概を持って自分のところで断ち切りましょう。


僕自身もそういう視点にハマらないよう気をつけながら、
周囲のそういう考え方に気づけるようにしていきたいです。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 『雪のひとひら』 | TOP | 『ZERO to ONE』 »

post a comment

Recent Entries | 考えの切れ端