特定社会保険労務士 上岡由美子 ビジネスブログ

就業規則、評価制度、給与計算・社会保険 駐在員事務所サポート
※英語対応・スカイプ等で国内・海外対応します!

外資系出身、英語対応できる社会保険労務士をお探しなら、マーシャルにご相談ください

株式会社マーシャル・コンサルティング 代表 特定社会保険労務士、米国公認会計士の上岡由美子です。 英語を得意としており、就業規則や契約書の作成、給与計算・社会保険手続、各種セミナーなど全て英語対応いたします。もちろん日本企業様の人事労務のサポートも承っております。

「長時間労働削減」に関する動向と是正対策の効果

2017年01月25日 09時00分00秒 | 労働基準法関連
◆長時間労働の是正に取り組む企業が増加 大手広告会社の女性新入社員が長時間労働による過労が原因で自殺したという事件を受けて、長時間労働の問題点については各方面で議論されているところです。 上記事件では、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と自殺した社員の直属の上司であった幹部社員の1人が書類送検される事態となりました。 このような痛ましい事件がきっかけとなることは残念なことですが、国や . . . 本文を読む
コメント

厚労省から発表された『「過労死等ゼロ」緊急対策』の内容

2017年01月17日 12時49分35秒 | 労働基準法関連
◆労働時間管理、メンタル対策がより重要に! 昨年12月下旬、厚生労働省から『「過労死等ゼロ」緊急対策』が発表されました。大手広告会社の一連の過労死事案等を受け、以下のように取組みが強化されることになりました。 大きく分けると「平成29年から実施されるもの」と「平成29年度から実施されるもの」があり、これまで以上に労働時間管理やメンタルヘルス対策、パワハラ等についての対策が重要となりますので、注 . . . 本文を読む
コメント

「定年後再雇用者の賃金減額」をめぐる裁判で会社側が逆転勝訴

2017年01月04日 09時00分00秒 | 労働基準法関連
 ◆東京地裁から東京高裁へ  今年5月、東京地裁において、定年後に1年ごとの契約で嘱託社員として再雇用された複数の労働者(トラックドライバー)の職務内容が定年前と変わらないにもかかわらず、会社(長澤運輸)が賃金を約3割引き下げたこと(正社員との賃金格差)は労働契約法第20条の趣旨に反しており違法との判決がありました。  賃金格差について同条(期間の定めがあることによる不合理な労働条 . . . 本文を読む
コメント